野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

「横浜馬車道為替物⑩」相場展開予想のポイントと準備

「横浜馬車道為替物⑩」2016年7月14日(木)
(相場展開予想のポイントと準備)
 これも需給を中心に考えなければならない。ファンダメンタルズでは限界があろう。ファンダメンタルズの良し悪しと為替相場は連動しないというより相反しているとも言える。
いろいろな材料が出る時にがそれが実際の需給に結びつくかを考えたい。例えば日本の財政赤字はもちろん通貨の悲観材料だが、今のところ赤字でもそれを埋め合わせるキャッシュフロー(個人の1700兆円の金融資産などで埋める)は上手く機能している。資金の海外流出は多くはない(2%から3%)ので円安にはならない。日本の財政赤字は一般の理論的には円安材料だが実際の実需では円の売り玉は出ないのである。相場を決めているのは経常収支だ。短期的にも長期的にも予想するときには需給を理解しないと机上の空論となる。詳しくは次回以降で今後の相場を予想したい。
(為替相場の実践、準備)
相場は需給といえどもやはり基本的な知識は身につけたいし、取引を行うためには海外市場の動きや最近のトピックス、今日の予定などは把握してから取引に入りたいものだ。株などと較べてファンダメンタルズと為替相場に相関性は低いが、超短期的には相場を左右するし、何かのニュースが出てもそれを即座に消化し売買の判断が出来る知識は身につけたいものだ。 次の表のようなものは取引前には準備して頭に入れておきたい。すし屋で言えば河岸でネタをそろえるというような作業だ。マージャンで言えば洗牌の段階だ。スポーツならウオーミングアップ
*

junbi0714.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン