野村雅道のID為替 (レポート)|FXブログ|外為どっとコム

マイナス金利は日本経済に打撃、原油安、原発再開とともに円高要因、株安にもつながる

「マイナス金利は日本経済に打撃、原油安、原発再開とともに円高要因、株安にもつながる」

***個別で見ずに全体象を、日本の全体の為替ポジション、預貸率を把握したい***

①「為替」

円高は日本経済にとってデメリットである。何故なら日本は約3兆ドルの対外純資産がある。1円の相場変動で3兆円の資産の増減がある。
円安なら資産増加、円高なら資産減少。個別に円高がいい、円安がいいと言っても収拾がつかない。日本のポジションはドル(外貨)ロング。

②「マイナス金利」

マイナス金利は日本経済にデメリット。何故なら日本は預金の方が貸付より多い国。銀行の預貸率は約70%。預金733兆円に、貸付が497兆円
 預貸ギャップは236兆円。預金者の受けるデメリットが、お金を借りる人のメリットを上回る。

 日本全体の可処分所得が減少すれば消費の減退、輸入の減少となり貿易黒字の拡大で円高となりやすい。円高ならば株安にもなり、さらに消費の 減退となる。

③「原油」

原油安、原発再稼働も日本経済にとってはデメリットとも言える。ガソリンの消費者、エネルギー消費者に限って言えばメリットだが
 それが貿易赤字縮小要因となり円高となれば、対外純資産にマイナスの要因となる。アベノミクスの円安株高のきっかけは民主党政権の原発停止 によって引き起こされた貿易赤字拡大と円安である。 

*為替の円高・円安、マイナス金利の是非さらに原油価格の影響は個別に語らずに全体像を掴んでから、取引につなげたい。対外資産・負債の割合、預貸率などが参考となる。マイナス金利で不確かなリスク投資に向かう金額よりマイナス金利(金利低下)で預金(資産)が減少する金額が大きい。

*多くの人にとっても、私個人にとっても円安・株高のほうがいいが、そうはならない時も多いので、それなりに対処すべきであろう

*2014年後半から申し上げている通り、円売りの処分やヘッジの円買いである。

「マイナス金利、円高、貿易赤字縮小は日本崩壊への三本の矢である」

*「頼みの綱、円売り介入は」

 もう円売り介入はできない。G20では原則介入はしないこととなっている。
 2014年、15年は介入の代わりにGPIFが円売りを肩代わりした形となったが、その資産配分の調整が終わりに近づきつつあることで
 16年では期待できない。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧

  • レポート
  • レポート(PDF形式)


業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン