野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

トルコまたまた外患

米国とEU、トルコのキプロス沖合での掘削計画に「深刻な懸念」 ロイター


キプロスが自国の排他的経済水域(EEZ)とする海域でトルコが海洋掘削を実施する計画を明らかにしたことについて米国と欧州連合(EU)は深刻な懸念を表明し、トルコと西側諸国の間の緊張が高まっている。 トルコとギリシャ系のキプロス共和国はともに、天然ガスの埋蔵量が豊富とされる地中海東部の石油・ガス開発が自国の管轄下にあると主張してきた。 米国務省のオルタガス報道官は5日、トルコが、キプロスがEEZと主張する海域で掘削活動を開始する計画を発表したことを「深く懸念」しているとし、この行為は「極めて挑発的で、地域の緊張を激化させる可能性がある。このような活動を停止するようトルコ当局に強く求めるとともに、全当事者に自制を促す」と表明した。


これより先、EUのモゲリーニ外交安全保障上級代表は4日、トルコの掘削計画に「深刻な懸念」を表すとともに、同国に対して「自制を示し、キプロスのEEZに置ける主権を尊重し、このような違法行為を控えるよう」求めた。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン