野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「伊豆じゅう感動。伊豆がにわかに動き出しています」

「伊豆じゅう感動。伊豆がにわかに動き出しています」
(毎年、5月ごろは暑い日があり伊豆白浜で泳げることもあります)

jukan2.JPG
 伊豆を縦貫する高速道路を建設中です。現在、沼津-下田間は2時間10分かかりますが開通すると60分に短縮でき観光客の増加が見込まれます。
伊豆縦貫道で「伊豆じゅう感動」するということです。

 2000年頃に伊豆に来てからは、老舗旅館や松崎プリンス、その他観光施設の閉鎖、稲取-大島連絡船の廃止、猪村の閉鎖、石廊崎ジャングルパークの廃止などがありました
カピパラの伊豆シャボテンパークも経営破たんしたことがありました。
 2010年以降は、中国人旅行者の増加、また稲取では観光振興のための観光課長の全国的募集、元FXディーラーで由布市の市会議員であった小林華弥子先生に講演や指導を仰ぐなどして
で持ち直し始めました。伊豆グランパル公園では夜のイルミネーションが有名になりました。

 最近ではユネスコのジオパークに伊豆半島が選ばれたこともありさらに盛り上がってきています。石廊崎にはオーシャンパーク開設、休憩施設の改築、稲取ー大島連絡船の復活
稲取では土日だけ開催されていた朝市に加え、全日営業の漁協直営の海産物販売店がオープンしました。

  高速道路とは関係がないですが横浜から下田への豪華列車が運行されるようになりました。伊豆半島はフィリピンプレートであり、火山が隆起したところで、なかなか交通網の整備が難しいです。天城越えだけでなく、どの縦断道路も厳しい環境です。伊豆半島は沖縄本島と同じくらいの広さですが沖縄は100万人の人口に対し、伊豆は40万人しか住んでいません。険しい地形が阻んでいます。縦貫する道路も少ないので、一気に横断する道路は殆どなく、山道をクネクネと上り下りして遅々と進んでいます。ただその地形の性質から温泉も多く、海も山も美しく古くから文豪が集う地となっていたのでしょう。
jukan3.JPG

 伊豆縦貫道は現在 、沼津-月ヶ瀬間が開通しています。湯ヶ島、河津あたりでは工事現場を見かけます。南伊豆と下田の間あたりに縦貫道の終点が出来るようです。いつ全線開通かと
書いてあるものは見つからないですが2,3年後でしょうか。ケチな私は伊豆銘柄でも物色しようかと思っています。東伊豆は東急、伊豆急、修善寺から西伊豆は西武でしょうか。その他考えてみます。徳造丸、加森観光、伊藤園ホテル、東海汽船、東海バスまだまだいろいろありそうです。

 伊豆じゅう感動するのはいつの日でしょう。
(P.S.海と富士山が見える伊豆下田カントリークラブも素晴らしいです)

jukan5.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン