野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

久々にZEW改善、マイナス圏だが

独ZEW景気期待指数、2月は小幅改善 現況指数の悪化続く 

2月の独ZEW景気期待指数は小幅改善したものの、現況指数は引き続き悪化した。 2月の独ZEW景気期待指数はマイナス13.4で、1月のマイナス15.0から小幅改善した。予想(マイナス14.0)を上回った。 現況指数は15.0で、前月の27.6から低下し2014年12月以来の低水準。予想(23.0)以上に悪化した。


工業生産が依然低迷し、受注も弱いとし、外需が景気刺激剤になっていないと指摘。 「当センターの調査で金融市場の専門家は向こう半年、回復は予想していない」と述べた。 ドイツ政府は、今年は内需が唯一の成長けん引役になるとみており、国内総生産(GDP)は1.0%増加を予想している。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

秋

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン