野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

明日は日本のGDPでマイナス成長から回復のようですが、他の指標は弱い

12月の第3次産業活動指数(季節調整済み、総合)は106.2(2010年平均=100.0)で、前月比0.3%の低下となった。 11業種中、6業種が低下方向に影響した。「生活娯楽関連サービス」は 飲食店,飲食サービス業、食堂、レストラン、専門店が減少したことから1.2%低下した。「卸売業」は電気機械器具卸売業、産業機械器具卸売業、食料・飲料卸売業が減少し0.9%の低下となった。「事業者向け関連サービス」は1.6%、「不動産業」は1.0%、「運輸業、郵便業」は0.5%、「物品賃貸業(自動車賃貸業を含む)」は0.3%、それぞれ低下した。 一方、上昇方向に影響したのは4業種。「電気・ガス・熱供給・水道業」は電気業が1.5%の上昇。「小売業」は飲食料品小売業や織物・衣服・身の回り品小売業が0.9%の上昇となった。「金融業、保険業」は0.3%、「医療、福祉」は0.2%、それぞれ上昇した。 「情報通信業」は横ばいだった。


+++++++++++++++++++++++++++

他の指標は弱い。製造業PMI、消費者態度指数、家計調査、景気ウォッチャー調査などだ

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン