野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

ロシア疑惑" 新たな起訴の可能性も

ロシア疑惑" 新たな起訴の可能性も 米大陪審の任期延長

アメリカのメディアは、2016年の大統領選挙中のいわゆる「ロシア疑惑」めぐって、特別検察官が設置した連邦大陪審の任期が延長されたと伝えました。疑惑をめぐる捜査が大詰めを迎えているとされる中、今後トランプ陣営の関係者などが新たに起訴される可能性もあります。

2016年の大統領選挙にロシアが干渉したとされる「ロシア疑惑」をめぐっては、トランプ陣営とロシアとの共謀がなかったかなどについてモラー特別検察官が捜査を進めています。

アメリカのメディアは4日、モラー特別検察官がロシア疑惑の捜査開始を受けておととし7月に設置した首都ワシントンの連邦大陪審の任期が、最長でことし7月まで延長されたと伝えました。

連邦大陪審は一般市民から構成され、重大な事案の証拠を検討して起訴するかどうか判断する機関で、今週末に任期が終了する予定でした。

ロシア疑惑をめぐる一連の捜査では、これまでにトランプ陣営の元幹部やロシアの情報機関の関係者など30以上の個人や団体が起訴されるなど、捜査が大詰めを迎えているとの見方も出ています。

今回、連邦大陪審の任期が延長されたことで、今後、トランプ陣営の関係者などが新たに起訴される可能性もあります NHK

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

50万口座突破スプレッド縮小キャンペーン

ホットなFX!冬のほこほこキャンペーン

歳末!外為大感謝祭キャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン