野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「小皇帝時代、都道府県立高校が今後10年間で少なくとも130校減る見通し、塾の宣伝は多いが。いずれ為替・株にも影響しそうだ」

「小皇帝時代、都道府県立高校が今後10年間で少なくとも130校減る見通し、塾の宣伝は多いが。いずれ為替・株にも影響しそうだ」


都道府県立高校が今後10年間で少なくとも130校減る見通しであることが読売新聞の調査でわかった。高校の再編計画は35都道府県にあり、少子化の著しい地域を中心に進んだ統廃合が今後、神奈川県や埼玉県などの都市圏でも進行する。伝統校も対象になっており、再編を機に特色を打ち出そうと普通科から転換を図る高校もある。
2018年度に3165校だった全日制高校(本校)は28年度までに130校減り、1970年代半ばの水準となる。
 最も減るのは神奈川県で、2027年度までに県立高の約2割の20-30校を減らす。岩手県は25年度までに最大14校、埼玉県は28年度までに最大13校減らす。

(読売)

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン