野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

MSCI中国株指数のリターンが11%になるとの見通し

 ロイター

ゴールドマン・サックスは19日、2019年のMSCI中国株指数のリターンが11%になるとの見通しを明らかにした。ただ中国のマクロ経済状況は課題に直面し不透明感が高まるとしている。

「輸出と消費が鈍化する中で主に投資がけん引する」と説明した。 人民元相場は2019年はじめに1ドル=7.1元となる可能性があるとの見方を示した。 株式に対する需要が安定するほか、資産配分の見直しで不動産から株式に資金が流入する可能性があるとして、来年第1・四半期終盤に株価が押し上げられる展開もあり得ると予想した。 元建てA株は世界の新興市場指数に徐々に組み入れられるとしてA株の見通しに楽観的な見方を示した。またゴールドマンがA株とMSCI中国株をオーバーウエートにしていると明らかにした。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン