野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「投資家は円やスイス・フラン選好 リスクリバーサル」 *貿易摩擦激化の中で安全通貨を信頼

「投資家は円やスイス・フラン選好 リスクリバーサル」

*貿易摩擦激化の中で安全通貨を信頼

risk reversal.JPG

投資家は対ドルで円とフランのコール選好-G10通貨で2通貨のみ

  世界の貿易摩擦が激しさを増し、政治リスクが読みにくくなる中、トレーダーは安全通貨とされる円とスイス・フランのコール(買う権利)オプションをプット(売る権利)よりも好んで購入している。投資家がドルに対するコールを選好しているのは、G10通貨の中でこの2通貨のみだ。

  
Cautious Tone
Options show havens such as yen and Swiss franc sought


Source: Bloomberg as of July 17, 2018

* Premium of calls over puts

             
  1年物25デルタのリスクリバーサル・オプションでは、ドルに対して円コールのプットに対するプレミアムが138ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、同様にスイス・フランでは88bpと両通貨に対する強気なセンチメントが見られる。一方、同じ期間で英ポンドとオーストラリア・ドルに対するセンチメントは最も弱いことをオプションは示している。
          
原題:Investors Show Faith in Haven Currencies as Trade Tensions Mount(抜粋)

ブルームバーグ

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

おいしく!ザクザク!夏祭りキャンペーン

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン