野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

OECD、やはりドイツだけはウハウハ

ロイターOECDは、ドイツに関するリポートを発表し、保護主義的な米通商政策からの脅威にもかかわらず、ドイツ経済の回復基調は引き続き力強いとの見解を示した。また政府は多額の経常黒字の削減に向け、財政黒字を活用して投資を拡大すべきだと指摘した。

OECDは、ドイツの国内総生産(GDP)伸び率が2018年と19年に2.1%になると予想している。

ドイツの輸出については18年と19年に4.5%増加すると予想した。

OECDはドイツで最近合意に至った比較的高水準の賃金協定を評価。「賃金は緩やかに上昇している」との認識を示した。

一方、「原油価格の上昇を主な背景としたインフレの高まりで、実質賃金の伸びがある程度損なわれている」と指摘した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン