野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

発言おさらい エルサレム、米税制改革

「発言おさらい エルサレム、米税制改革」

*トルコのエルドアン大統領=世界各国に対しエルサレムをパレスチナの首都と認めるよう呼び掛けた。エルサレムをイスラエルの首都と認めた米国に対しては、決定を覆すべき

*トランプ米大統領=法人税率を21%に設定することに異論はないとし、この水準での税率を明記した法案に署名する

*米民主党のシューマー上院院内総務=共和党側に対し、アラバマ州の補選で当選した同党のダグ・ジョーンズ候補が初登院するまで、税制改革法案の採決を遅らせるよう呼び掛けた。

* 米議会上下両院の共和党指導者=税制改革法案で原則合意。個人への最高税率を37%に引き下げ、法人税率を21%とすることで合意したと報道した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



総額100万円!全員集合キャンペーン

お客さま超感謝祭キャンペーン

業界最狭水準スプレッド

口座開設キャッシュバックキャンペーン