野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

「株売り仲間 カルパース、ドイツ銀行」

私は11月9日に保有株をほぼ売ったが 同じ意見の人がいた。酒田五法では仲間がいると当たらないとしていたと思うが
売り買い二つの選択しかないので仲間はできてしまいます


*米国最大の年金基金、カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)=債券への投資配分を2倍以上に増やすことを検討している。株式の強気相場が9年に近づく中、リスクとボラティリティーを抑えることが狙い。 カルパースは債券の割合について、現在の19%から最大44%まで引き上げることを検討している。株式は現在の50%から最小で34%まで引き下げる可能性がある。2017年度には株式のリターンが20%に近く、資産クラスの中で最高だった。
  

*ドイツ銀行=ドイツ銀行がドイツ株の投資判断を「オーバーウエート」から「アンダーウエート」に引き下げ。
  ユーロの貿易加重指数は今後6カ月で上昇すると見込んでいることを踏まえ、DAX指数はアンダーパフォームすると予想。
*これに加え、景気循環株がディフェンシブ株をアンダーパフォームするとの同行の見解も踏まえ、ドイツ株は今後数カ月間に5%超アンダーパフォームすると予想。
*3カ月前と異なり、DAX指数は国別のバリュエーション評価でやや割高に見える」と指摘。


saka1.JPG

saka2.JPG

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン