野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

利上げ派 vs据え置き派  FRB

*ボスティック・アトランタ連銀総裁=米債のイールドカーブのフラット化は米経済への信認や「安全資産」への投資を反映している可能性があり、必ずしもリセッションが差し迫っていることを示唆しているわけではない。インフレは今年は「軟化」したものの、近く反転するとの確信は変わっていない。年内あと1回の利上げを予想している

*ブラード・セントルイス連銀総裁=インフレが上向くまでは金利を現在の水準に据え置くべき。2017年のインフレ統計は予想外に下振れしており、インフレが確実に目標に向かっているのか疑わしい

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン