野村雅道のID為替研究所 (Day)|FXブログ|外為どっとコム

オーストラリアと日本 バンガ事件、カウラ事件

*カウラ事件は知っていたが、バンガ事件は知らなかった BBCに特集記事がある
(カウラ事件=第二次世界大戦時の1944年8月5日に、オーストラリア連邦ニューサウスウェールズ州カウラで起こった日本兵捕虜脱走事件。捕虜収容所の脱走事件としては、史上最多の人数(日本人収容者数1,104名の内、545名以上)と見られる。死者数235名(オーストラリア人4名、日本人231名)、日本人負傷者数108名。


*バンガ事件=第2次世界大戦中の1942年、オーストラリアの女性看護師の一団が、日本軍兵士たちによって殺害された「バンカ島虐殺事件」。いま、一人の歴史研究者が入手した証拠から、ある事象が浮かび上がりつつある。看護師たちは殺害前、日本兵たちに性的暴行を受け、オーストラリア当局がそれをひた隠しにしてきたというのだ。

*BBC

Bangka Island: The WW2 massacre and a 'truth too awful to speak'
By Gary Nunn
Sydney

In 1942, a group of Australian nurses were murdered by Japanese soldiers in what came to be known as the Bangka Island massacre. Now, a historian has collated evidence indicating they were sexually assaulted beforehand - and that Australian authorities allegedly hushed it up.

"It took a group of women to uncover this truth - and to finally speak it."

Military historian Lynette Silver is discussing what happened to 22 Australian nurses who were marched into the sea at Bangka Island, Indonesia, and shot with machine guns in February 1942. All except one were killed.

"That was a jolt to the senses enough. But to have been raped beforehand was just too awful a truth to speak," Ms Silver says, speaking of claims she details in a new book.

"Senior Australian army officers wanted to protect grieving families from the stigma of rape. It was seen as shameful. Rape was known as a fate worse than death, and was still a hangable offence [for perpetrators] in New South Wales until 1955."

The sole survivor
Nurse Vivian Bullwinkel was shot in the massacre but survived by playing dead. She hid in the jungle and was taken as a prisoner of war, before eventually returning to Australia.



ホルムズ海峡封鎖か

共同

トランプ米政権がイランの原油輸出に例外なく制裁を科す方針を表明したことを受け、イラン政府高官は22日、共同通信の取材に、対抗措置として「あらゆる選択肢を検討している」と警告、原油輸送の大動脈ホルムズ海峡の交通を制限する可能性に言及した。ロイター通信によると、米政権高官は、ホルムズ海峡封鎖は受け入れられないとけん制、イラン原油密輸を防ぐため監視を強化する考えを示した。

 イランはこれまでもホルムズ海峡封鎖をたびたびちらつかせてきた。イラン高官は「米国の決定は海峡での安全な物資輸送を危険にさらしている」と非難した。

地銀はいずれ政府による資金注入迫られる可能性も-山本元日銀理事

地銀はいずれ政府による資金注入迫られる可能性も-山本元日銀理事
日高正裕、藤岡徹 ブルームバーグ


地銀のリスクテイクは金融政策と無関係に起こっているわけではない
日銀の超低金利政策で低収益にあえぐ地銀を責めることができるのか
日本銀行元理事の山本謙三氏は、地方銀行の将来的なリスクについて「今のような超低金利政策が続けば、地銀の自己資本は着実に低下していくので、どこかで資本注入を迫られる可能性がある」との見方を示した。

  

 

ボーイングまた下げた

ボーイングのドリームライナー工場、「手抜き生産」が横行-NYT紙
Jim Silver、Maria Jose Valero

米ボーイングの787ドリームライナーを生産する2工場のうちの一つ、サウスカロライナ州ノースチャールストンの工場は生産や監督を巡る問題を抱えており、安全性の面で脅威が生じている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が報じた。

  同紙は社内電子メールや文書、連邦政府の記録に関する検証、および現役・元社員10人余りへの取材を基に伝えた。

  一部の航空機には不良部品が取り付けられ、金属の削りくずが機体の内部に残されることもあった。同工場の技術者、ジョセフ・クレイトン氏はコックピット下の配線に危険なほど近いところで、破片を頻繁に見つけていたと述べた。

  ボーイングのサウスカロライナの現場責任者ブラッド・ザバック氏は、自身のチーム宛て電子メールでNYTの報道に反論。「ゆがめられた不正確な表現だ」とし、生産業務は健全だと主張。NYTに現場を訪れるよう要請したが拒否されたとも説明した。

FX湘南投資グループ代表
野村 雅道(のむら・まさみち)氏

1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行、82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。

詳しくはこちら

ブログカレンダー

 

カテゴリー一覧



業界最狭水準スプレッド

お友達ご紹介キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン