読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX個人投資家動向「ドル円荒い値動き、ラガルド砲で反発‼ドル円プレーヤーは買いポジ利食い成功?買いポジ大幅減少‼」2024年1月26日

前日欧州時間から本日アジア時間のマーケット動向と個人資家動向をまとめました。市場参加者の動向を確認し、FX取引をする上での情報としてお役立てください。

FX投資家フローと市況

前日オープンから本日15時までのUSDJPYの値動き(ローソク足)と個人投資家動向です。(画面下のグラフは各時間帯ごとの個人投資家の売買を表しており、青いバーが売数量、赤いバーが買数量です。)

25日、10-12月期米GDP速報値が前期比年率3.3%増と市場予想を上回り、ドル円は147.946円まで上昇するも同時に発表された個人消費支出(PCE)コア価格指数が市場予想通りの結果となったほか、新規失業保険申請件数が悪化し、米10年債利回りが低下し、ドル円は147.075円まで下落した。

売り一巡後は、市場予想通り政策金利を4.50%で据え置くことを決定したECB理事会後のラガルド総裁の記者会見で「成長に対するリスクは引き続き下振れ方向」「短期的なインフレ期待の指標は著しく低下した」「インフレはさらに緩和すると予想」とユーロ圏経済に対する弱気な見方を示したほか、「前に自分が言ったことに変わりはない」と利下げ開始時期について夏の「可能性が高い」としたダボスでの発言に言及したことで、ユーロが主要通貨に対して下落したため、ドル円はNY時間中盤に147.898円まで戻した。

本日アジア時間は、1月東京都区部CPIのコア指数が2022年3月以来の低い水準まで鈍化し、日銀の早期政策修正期待が後退した場面で、ドル円は147.60円台から147.853円まで上昇したものの、その後は方向感を失い147円半ばで振幅している。

取引金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」の取引を円換算した取引金額です。

市場シェア上位

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」取り扱い通貨30通貨ペアの内、取引量が多かった上位10位です。

ポジション金額

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」ポジションの円換算金額です。(青いバーが売建玉、赤いバーが買建玉です。)

ポジション増減

外為どっとコムのFX取引サービス「外貨ネクストネオ」主要通貨ペアのポジション増減(前日比)です。

外為どっとコムの取引サービス「外貨ネクストネオ」での取引データを元に作成しています。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。