ポンド

FX/為替「ドル/円、3円近い急反発でひとまず底入れ」 外為トゥデイ 2022年8月3日号

昨日のドル/円は2カ月ぶりの130円台前半まで下落したのち133円台前半へと急反発。台湾情勢を巡る米中対立への懸念からアジア株が軟調に推移する中、一時130.38円前後まで下落したが、NY市場では133.16円前後まで急激に上昇した。サンフランシスコ連銀総裁や…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】ペロシ砲炸裂か!リスクオフに全集中、円高・早すぎる調整速度の理由は?ドル/円、豪ドル/円 エントリー・利食い・損切りポイント徹底解説(2022年08月02日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は底堅い値動きか、米中緊張高まれば有事のドル買いも

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米中緊張高まれば有事のドル買いも」2日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米下院議長の訪台で米中間の緊張が高まれば、リスク回避の円買いが先行。ただ、「有事のドル買い…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。131円75銭まで買われた後、一時130円41銭まで値を下げる展開。 ユーロ・円は135円23銭から133円91銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0294ドルから1.0235ドルまで値を下げた。 本日の予定 23:00 米・6月JOLT求人件数…

FX/為替 月間見通し「クロス円のカギは世界リセッション懸念」外為総研 House View ポンド/円・豪ドル/円 2022年8月

【外為総研House View】先月の推移と今後の展望

ドル・円は主に131円台で推移か、米長期金利低下でリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に131円台で推移か、米長期金利低下でリスク選好的なドル買い抑制も」 1日のドル・円は、東京市場では133円56銭から132円07銭まで下落。欧米市場では132円66銭まで戻した後、131円60銭まで反落し、131円62銭で取…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米7月ISM製造業景況指数を受け、大幅利上げ観測は後退し、132円66銭から131円60銭まで円高・ドル安推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米7月ISM製造業景況指数を受け、大幅利上げ観測は後退し、132円66銭から131円60銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:1.0225ドルから1.0275ドルまでドル安・ユーロ高推移。 ユーロ・円:ペロシ下院議長の台湾訪問…

FX/為替「台湾めぐる米中対立でリスク回避の円買いを警戒」 外為トゥデイ 2022年8月2日号

昨日のドル/円は131円台へと続落。景気後退(リセッション)を巡る懸念から米10年債利回りが約4カ月ぶりの2.5%台に低下する中、一時131.59円前後まで下落した。米7月ISM製造業景況指数は市場予想こそ上回ったものの2年ぶりの水準に低下。構成指数の新規受注…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】ドル円3役逆転カウントダウン開始、その先は沼?ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円 エントリー・利食い・損切りポイント徹底解説(2022年8月1日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は弱含みか、米利上げペース鈍化と景気減速懸念で

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は弱含みか、米利上げペース鈍化と景気減速懸念で」 1日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想したい。今晩発表の米ISM製造業景況指数が低調な内容なら、利上げペース鈍化の見方が強まる。また、減速懸念…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に133円56銭をつけた後、ドル売りが優勢となり132円07銭まで値を下げた。その後は132円台前半での推移となった。 ユーロ・円は136円34銭から135円15銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0206ドルから1.0241ドルま…

FX/為替「円ネットショート小幅に増加」【今週のIMMポジション】2022/8/1

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

FX/為替予想「ポンド/円は欧米リセッション懸念が根強く上値が重い。BOEの大幅利上げ期待は視界の外」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2022/8/1

本日は英国7月製造業購買担当景気指数(PMI)の発表が予定されている。改定値であるため、速報値の52.2から大きくブレていない限りは材料視されないだろう。現在の為替相場は、米国・欧州の景気後退(リセッション)懸念が根強いことから、リスクオフの円買…

FX週間テクニカル分析 2022/08/01〜08/05の見通し 米国長期金利低下でドル円は下落。今週は調整相場を予想。豪ドル円のMACDも反落を示唆

▼USD/JPY FRB議長による利上げペースの鈍化示唆によって金利が低下し、ドル円は下落し、MACDはトレンド転換を示唆。予想レンジは125.400〜141.070▼EUR/USD 米国長期金利低下によってユーロドルは上昇するも、下降トレンド継続か。予想レンジは0.9848〜1.0605…

ドル・円は主に133円台で推移か、米国経済の減速予想でリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に133円台で推移か、米国経済の減速予想でリスク選好的なドル買い抑制も」 7月29日のドル・円は、東京市場では134円68銭から132円51銭まで下落。欧米市場では132円75銭から134円59銭まで買われた後、133円21銭ま…

前日の海外市況ほか|ドル・円:ボスティック米アトランタ連銀総裁が利上げ継続の計画を再確認し、132円75銭から134円59銭まで円安・ドル高推移後、133円台前半まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:ボスティック米アトランタ連銀総裁が利上げ継続の計画を再確認し、132円75銭から134円59銭まで円安・ドル高推移後、133円台前半まで反落。 ユーロ・ドル:1.0246ドルから1.0146ドルまでドル高・ユーロ安推移。 ユーロ…

FX/為替「ドル/円、米ISM製造業景況指数の結果次第で荒い値動き続く見通し」 外為トゥデイ 2022年8月1日号

29日のドル/円は終値ベースで約0.7%下落した。米国の景気減速懸念や利上げペース鈍化観測を背景にドル売りが継続。一時は前日比1.3%安の132.50円前後まで下値を拡大した。その後、米6月個人消費支出物価指数(PCEデフレーター)が約40年ぶりの高い伸びとな…

ドル/円 押し目買いが入りやすく、上値は重いのでは・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ ドル/円 押し目買いが入りやすく、上値は重いのでは・・・ 先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。木曜日に22日の安値を下回ったところから買い方の投げが持ち込まれ始め、週末にかけても下値模索の…

FX「夏の円高は進行中、ポイントはOPEC総会」

総括 FX「夏の円高は進行中、ポイントはOPEC総会」 ドル円=130-135、ユーロ円=133-138、ユーロドル=1.00-1.05 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨11位(11位)、株価4位(3位)、夏の円高はあった」 「7月下旬からお盆への円高」は進行中。注目は8月3日の…

FX/為替見通し「欧州エネルギー問題が引き続きユーロを圧迫、ドイツは消費者に分担金を計画」週刊為替レポート ハロンズ ユーロ/円 ポンド/円 2022年7月31日

日足一目均衡表では三役逆転の状態で、完全に流れがこれまでと逆になっており、上値の重い展開が見込まれます。ただ、6月28日高値144.273円を起点とする下降チャネルの下限(134.95円レベル:執筆時点)に接近していることから、いったんは下落スピードを緩…

FX/為替「24年ぶりの円安が追い風に!?FX個人投資家の半数以上が3月以降『損益プラス』と回答!」外為短観 第158回

外為どっとコムがお客様を対象に実施したアンケートをもとに、外為どっとコム総研がまとめたレポートです。日本の個人投資家の取引量はいまや外国為替市場において大きな割合を占め、その動向が注目されています。 相場の見通しや投資スタイル、景況感調査な…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】ボラタイルな相場到来、LIVE Trading インフレ指標上振れ相場攻略!?ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円 徹底解説(2022年07月29日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は下げ渋りか、米減速懸念でドル売りも欧州通貨売りが下支え

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は下げ渋りか、米減速懸念でドル売りも欧州通貨売りが下支え」 29日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想する。前日の米4-6月期国内総生産(GDP)が2四半期連続のマイナスとなり、減速懸念のドル売りに…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に134円68銭まで買われたが、米長期金利の低下を嫌気したドル売りが強まり132円51銭まで値を下げた。 ユーロ・円は、137円33銭から135円65銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは、1.0189ドルから1.0254ドルまで値を…

FX/為替「注目のFX週間イベント 来週の為替はどう動く?」 FX週間イベント 8/1~8/7

米国の景気後退(リセッション)を巡る懸念が高まる中、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今後の利上げペースについて「データ次第」だと強調しています。1日の米7月ISM製造業景況指数と5日の米7月雇用統計に注目が集まるでしょう。

FX/為替予想「ポンド/円は欧米のリセッション懸念に引っ張られて上値が重い」短期トレード 即効チャージ!ポンド 2022/7/29

本日は英国で主要経済指標の発表は予定されていない。そのため、米国の経済指標の結果を受けた米ドルの動きがポンド/円の動きに影響を与えることとなりそうだ。 米国では昨日(7月28日)に発表された4-6月期の国内総生産(GDP)が前期比-0.9%となり、1-3月期…

ドル・円は主に134円台で推移か、米長期金利低下でリスク選好的なドル買い抑制も

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に134円台で推移か、米長期金利低下でリスク選好的なドル買い抑制も」 28日のドル・円は、東京市場では136円58銭から135円11銭まで下落。欧米市場では135円75銭まで買われた後、134円20銭まで反落し、134円24銭…

前日の海外市況ほか|ドル・円:米4-6月期GDP速報値がマイナス成長に落ち込んだため、135円75銭から134円20銭まで円高・ドル安推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米4-6月期GDP速報値がマイナス成長に落ち込んだため、135円75銭から134円20銭まで円高・ドル安推移。 ユーロ・ドル:ユーロ圏7月景況感指数の悪化で1.0219ドルから1.0114ドルまでドル高・ユーロ安推移後、1.0200ドル…

FX/為替「ドル/円、反発余地も月末で不安定な値動き継続」 外為トゥデイ 2022年7月29日号

昨日のドル/円は終値ベースで約1.8%の大幅下落。東京市場で136円台を割り込むと、NY市場では心理的節目の135.00円も下抜けた。米4-6月期国内総生産(GDP)が予想外のマイナスとなったことで景気後退(リセッション)への懸念が増大。米債利回りの大幅低下と…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】FOMCレビュー ドル円反発条件、米GDP Live Trading テクニカル・リセッション相場攻略ドル円予想、徹底解説、注目材料(2022年07月28日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は底堅い値動きか、米引き締めペース鈍化もGDPに期待

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米引き締めペース鈍化もGDPに期待」 28日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きか。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペース鈍化の思惑から、ドル売りに振れやすい。ただ、今晩発表の4-6…

東京市況ほか|ドル・円は下落。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下落。朝方に136円58銭まで買われたが、米国金利の先高観は後退し、一時135円11銭まで値を下げた。 ユーロ・円は139円41銭から137円92銭まで値を下げた。 ユーロ・ドルは1.0180ドルから1.0234ドルの範囲でもみ合う展開とな…

FX/為替予想「ドル円はFOMC通過、月末の特殊需給に注意。米FRBは0.75%利上げ、米景気のソフトランディングを目指す」7月28日(木)YEN蔵

目次 0:00 昨日(7/27)の相場振り返り 米貿易収支や米耐久財受注の中身を点検 2:45 FOMCを振り返る 全会一致で0.75%利上げ 3:45 パウエルFRB議長会見 ソフトランディングを目指す 7:29 利上げペース鈍化や景気減速を織り込む形で米長期金利が低下 9:18 ドル/…

ドル・円は主に136円台で推移か、米国株高を意識してドルは下げ渋る可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に136円台で推移か、米国株高を意識してドルは下げ渋る可能性」 27日のドル・円は、東京市場では136円80銭から137円14銭まで反発。欧米市場では137円46銭まで買われた後、136円33銭まで反落し、136円60銭で取引…

前日の海外市況ほか|ドル・円:第2四半期国内総生産(GDP)のプラス成長改善期待が強まり、米追加利上げ継続観測で137円46銭まで円安・ドル高推移後、パウエルFRB議長が大幅利上げに慎重な姿勢を見せたため136円33銭まで反落。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:第2四半期国内総生産(GDP)のプラス成長改善期待が強まり、米追加利上げ継続観測で137円46銭まで円安・ドル高推移後、パウエルFRB議長が大幅利上げに慎重な姿勢を見せたため136円33銭まで反落。 ユーロ・ドル:1.009…

FX/為替「ドル/円、ミニ・デッドクロスで調整ムードも下値限定の公算」 外為トゥデイ 2022年7月28日号

米連邦公開市場委員会(FOMC)は昨日、大方の予想通りに75bp(0.75%ポイント)の追加利上げを決定。この時点では市場の反応は比較的小さかったが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見では米債利回りが低下するとともにドル売りが強まった。議長…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】FOMCプレビュー 景色変わるか、豪ドル円見通し「ファンダメンタルズ最強?」ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円 注目材料(2022年07月27日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は伸び悩みか、米FOMCで追加利上げも引き締め姿勢を見極めへ

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は伸び悩みか、米FOMCで追加利上げも引き締め姿勢を見極めへ」27日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.75%利上げがメーンシナリオ。その後の連邦準備制度理…

東京市況ほか|ドル・円は上げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は上げ渋り。米10年債利回りの失速を受けたドル売りで、136円80銭まで下落。その後は米株式先物の堅調地合いでリスク回避の円買いは後退し、午前中に137円14銭まで反発。ただ、材料難で買いは続かず、137円付近でもみ合った。…

FX/為替予想「FOMC後のユーロ売りを警戒!ドル/円はニュートラルか」2022/7/27

目次 0:00 ドル/円はニュートラルっぽい動きだがユーロは比較的動いている 1:27 ユーロ/ドル日足 下落トレンド継続→FOMC後も売られるか 1:50 ユーロだけ売られている状況 対円通貨の動きはまちまち 3:06 FOMC後の為替動向をしっかり観察 3:40 米2・10年債が…

FX/為替予想「ドル/円はお盆まで『夏の円高』、その後は原油相場がカギ、ユーロは弱いが円よりは強い」7月27日(水)野村雅道

目次 00:00 「夏の円高」だが貿易赤字のドル買い・円売りが大きい 01:42 夏の円高要因は「6月所得黒字の大幅減少から増加」と「リーズ&ラグズ」 02:32 8月終わると原油相場がドル/円のカギ 03:50 欧州や英国からは自国通貨安けん制発言が相次ぐ 04:32 需給…

ドル・円は主に137円を挟んだ水準で推移か、米FOMC会合の結果判明を待つ状況

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に137円を挟んだ水準で推移か、米FOMC会合の結果判明を待つ状況」 26日のドル・円は、東京市場では136円28銭から136円74銭まで反発。欧米市場では136円29銭から136円97銭まで反発し、136円95銭で取引終了。本日2…

前日の海外市況ほか|ドル・円:136円29銭まで反落後、FOMCでの追加利上げを織り込むドル買いによって136円97銭まで上昇。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:136円29銭まで反落後、FOMCでの追加利上げを織り込むドル買いによって136円97銭まで上昇。 ユーロ・ドル:燃料危機で欧州経済の成長は損なわれるとの懸念で、1.0222ドルから1.0108ドルまでドル高・ユーロ安で推移。 …

FX/為替「FOMCタカ派姿勢継続へ ドル高も継続の公算」 外為トゥデイ 2022年7月27日号

昨日のドル/円は136円台で強含みの展開。米長期金利の低下を受けて136.20円台へ下落する場面もあったが、NY市場終盤には136.96円前後まで反発した。対ユーロを中心にドル買いが強まったほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策発表を前にドル売り・円買い…

FXライブ/為替予想【実践リアルトレード】月末リバランス、日銀vs海外勢、ドル円予想ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円エントリー・利食い・損切りポイント徹底解説(2022年07月26日)

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(https://twitter.com/TeamHallons)が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っていま…

ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCで根強い大幅利上げ期待

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米FOMCで根強い大幅利上げ期待」 26日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利上げへの期待は根強く、ドルは売りづらい。一方、世界的…

東京市況ほか|ドル・円は下げ渋り。

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。午前中に136円28銭まで下げたが、午後の取引で136円74銭まで値を上げた。 ユーロ・円は強含み。139円34銭から139円83銭まで値を上げた。 ユーロ・ドルは弱含み。1.0250ドルから1.0208ドルまで値を下げた。 本日の…

ドル・円は主に136円台で推移か、米長期金利反発でドル売り縮小の可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に136円台で推移か、米長期金利反発でドル売り縮小の可能性」 25日のドル・円は、東京市場では136円61銭から135円89銭まで反落。欧米市場では136円22銭から136円79銭まで反発し、136円67銭で取引終了。本日26日…

前日の海外市況ほか|ドル・円:FOMCの追加利上げ織り込む金利の上昇に伴うドル買いに136円22銭から136円79銭まで円安・ドル高推移。

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:FOMCの追加利上げ織り込む金利の上昇に伴うドル買いに136円22銭から136円79銭まで円安・ドル高推移。 ユーロ・ドル:ECB追加利上げの思惑で1.0179ドルから1.0258ドルへドル安・ユーロ高推移後、ロシアが欧州向け天然…

FX/為替「ドル/円、FOMC控え方向感模索」 外為トゥデイ 2022年7月26日号

昨日のドル/円は136円台後半へと反発。前週末に一時135円台へ下落した反動から買いが先行すると、NY市場では前日比0.5%高の136.79円前後まで強含んだ。75bp(0.75%)の追加利上げが見込まれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に米長期金利が上昇したこと…

top