チャート

FX週間テクニカル分析 2022/06/27〜07/01の見通し パウエルFRB議長の発言と日米物価指標発表に注目。インフレ加速が確認されればさらなる利上げが期待されドル高伸長か。豪ドルは上昇一服の兆し

▼USD/JPY 米国の物価指数に注目。インフレ加速が確認されればさらなる利上げ催促相場か。1ドル137円突破を予想。予想レンジは127.710〜142.680▼EUR/USD ウクライナ・ロシア問題の長期化懸念などにより、リスクオフ継続を予想。予想レンジは1.0213〜1.0895▼E…

FX週間テクニカル分析 2022/06/20〜06/24の見通し 利上げをすすめる米国、豪州、緩和継続の日本を背景に米ドル高、豪ドル高、円安基調が鮮明に

▼USD/JPY 金融引き締めスタンス明確化のFRB、金融緩和継続の日銀それれぞれの金融政策を背景に米ドル高円安継続を予想。予想レンジは127.740〜142.160▼EUR/USD ウクライナ・ロシア問題の長期化を背景にユーロは上昇しにくい状況。ユーロ安ドル高継続を予想。…

FX週間テクニカル分析 2022/06/13〜06/17の見通し 米ドル円はFOMCの利上げ予想を背景に上昇か。豪ドルも資源高を背景に上昇継続を予想

▼USD/JPY ドル円は日銀の金融緩和継続発言を背景に134円台に到達し+2σラインをゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは127.500〜141.230▼EUR/USD ECBの利上げ方針発表によってユーロ高へ。ウクライナ・ロシア問題のヘッドラインには注意。予想レン…

FX週間テクニカル分析 2022/06/06〜06/10の見通し 米ドル円は日米金利差拡大を背景に上昇を予想。豪ドルも中国のロックダウン解除や政策金利利上げなどを背景に上昇を予想

▼USD/JPY 米国雇用統計が力強い結果となり、米ドル円は+1σラインをゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは124.350〜137.280▼EUR/USD ECBの利上げを背景としたユーロ買いも予想されるが、ロシア・ウクライナ問題の長期化懸念があり買いにくい状況…

FX週間テクニカル分析 2022/05/30〜06/03の見通し 米ドル円は下落継続も雇用統計の結果が良ければ上昇再開か。豪ドル円は短期移動平均線をゴールデンクロスし反発の兆し

▼USD/JPY 3連続陰線で調整を警戒。米国雇用統計が市場予想を上回る結果となればドル上昇再開か。予想レンジは120.860〜133.360▼EUR/USD ドイツの良好な経済指標やECB総裁の利上げ示唆によってユーロは上昇。ただし今週は米国雇用統計もあってドル高を意識し…

FX週間テクニカル分析 2022/05/23〜05/27の見通し 米ドル円は+2σラインをデッドクロスし調整を警戒。豪ドル円は短期移動平均線をゴールデンクロスし反発の兆し

▼USD/JPY 2週連続陰線で調整を警戒。ただし、ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況が継続。予想レンジは121.770〜134.100▼EUR/USD −2σラインをゴールデンクロス。ただし、ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユ…

FX週間テクニカル分析 2022/05/16〜05/20の見通し 米ドル円は反発し130円台回復を予想。豪ドル円も反発の兆し。今週はFRB議長発言に注目

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況が継続。予想レンジは123.300〜135.230▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロ安トレンドは継続。予想レンジは1.0111〜1.0704▼EUR/JPY ロシア・ウクラ…

FX週間テクニカル分析 2022/05/09〜05/13の見通し 米ドル円は130円台突入も、FRBによる金融引締と日銀の金融緩和継続を背景にまだまだドル高円安トレンド継続を予想

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況が継続。予想レンジは124.950〜136.160▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロ安トレンドは継続。予想レンジは1.0277〜1.0811▼EUR/JPY ロシア・ウクラ…

FX週間テクニカル分析 2022/05/02〜05/06の見通し 米ドル円は130円台突入。雇用統計が市場予想を上回ればさらなる上昇を予想

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況が継続。雇用統計が良ければさらなる上昇を期待。予想レンジは124.830〜134.920▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロ安トレンドは継続。予想レンジ…

FX週間テクニカル分析 2022/04/25〜04/29の見通し 米ドル円は130円突破を予想。豪ドル円は一旦調整か。ロシア・ウクライナ情勢、資源価格高騰がドル高継続を後押し

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況か。予想レンジは124.170〜132.910▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロ安トレンドは継続。予想レンジは1.0577〜1.1026▼EUR/JPY ロシア・ウクライナ…

FX週間テクニカル分析 2022/04/18〜04/22の見通し ロシア・ウクライナ情勢長期化懸念、資源価格の高騰により米ドル、豪ドルの上昇トレンド継続を予想

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢の長期化懸念、資源価格高騰を背景に米ドルは買われやすい状況か。予想レンジは122.660〜130.020▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念、ECB総裁の金融緩和継続表明によってユーロは続落。予想レンジは1.0592〜1.1037▼EUR…

FX週間テクニカル分析 2022/04/11〜04/15の見通し FOMC議事要旨でFRBが金融引締めに積極的であることがわかり、今後もドル高トレンド継続を予想。今週は米国消費者物価指数とECB総裁定例記者会見に注目

▼USD/JPY FOMC議事録要旨で金融引締め継続が明らかになり+2σを超えた水準でバンドウォーク。ドル高継続を予想。予想レンジは121.240〜127.320▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロは下落。ECB総裁の定例記者会見に注目。予想レンジは1.0663〜1.…

FX週間テクニカル分析 2022/04/04〜04/08の見通し 米国雇用統計に見える堅調な米国経済、ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念、世界的なインフレを背景にドル高トレンド継続を予想。FOMC議事要旨でFRBが金融緩和縮小に積極的であることがわかればドル円は125円台到達か

▼USD/JPY 先週の雇用統計に見える堅調な米国経済、ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念、世界的なインフレ抑止などドル高を後押しする材料が多く、今週も125円台を試す展開か。予想レンジは120.030〜125.110▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロはド…

FX週間テクニカル分析 2022/03/28〜04/01の見通し 米国雇用統計が良ければさらなるドル高か?ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念、世界的なインフレ、FRBによる金融緩和縮小を背景にドルが買われやすい状況に

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念に対する有事のドル買い、世界的なインフレに対する利上げ期待の高まりでドル高へ。予想レンジは119.920〜124.260▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念でユーロは買われにくい状況。予想レンジは1.0783〜1.1188▼…

FX週間テクニカル分析 2022/03/21〜03/25の見通し ロシア・ウクライナ情勢悪化懸念に対する有事のドル買いやインフレ対策のための利上げ期待もあり、ドル円は心理的節目120円突破を予想

▼USD/JPY 先週のFOMCで年内7回の利上げが示唆されて大きく上昇。ロシア・ウクライナ情勢の悪化懸念に対する有事のドル買い、エネルギー高によるインフレ対策の利上げもありドル高継続を予想。予想レンジは117.430〜120.870▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢の…

FX週間テクニカル分析 2022/03/14〜03/18の見通し 米FOMCと日銀金融政策決定会合に注目。ロシア・ウクライナ情勢に端を発するエネルギー価格高騰に対応するためのサプライズ利上げに注意

▼USD/JPY FOMCでは25bpの利上げが予想されるもエネルギー価格高騰に対応して50bpの利上げも可能性あり。ドル高続伸を予想。予想レンジは115.690〜118.920▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢の長期化でユーロ安、米国利上げでドル高継続を予想。。予想レンジは1…

FX週間テクニカル分析 2022/03/07〜03/11の見通し ロシア・ウクライナ情勢に注目。長期化すればユーロ安、ドル高がメインシナリオか

▼USD/JPY ロシア・ウクライナ情勢悪化も3本の移動平均線は強気を維持。ドル高継続がメインシナリオ。予想レンジは113.220〜116.510▼EUR/USD ロシア・ウクライナ情勢悪化でユーロ安。下落継続を予想。予想レンジは1.0733〜1.1128▼EUR/JPY ロシア・ウクライナ…

FX週間テクニカル分析 2022/02/28〜03/04の見通し ウクライナ情勢悪化で「有事のドル高」、資源高、金利高。米国雇用統計が強めならば大幅な米国利上げ期待でドル高加速か

▼USD/JPY ウクライナ情勢緊迫化で「有事のドル買い」。雇用統計が良好な場合はドル高加速を予想。予想レンジは113.740〜117.330▼EUR/USD ウクライナ情勢緊迫化で地理的に近いユーロは下落。3本の移動平均線は下落相場を示す弱気のパーフェクトオーダー。予想…

FX週間テクニカル分析 2022/02/21〜02/25の見通し インフレドル高、ユーロ高がメインシナリオ。ウクライナ情勢の緊迫化に注意

▼USD/JPY 個人消費支出が予想以上になる場合はドル高再燃か。3本の移動平均線は上昇相場を示す強気のパーフェクトオーダー。予想レンジは113.170〜116.920▼EUR/USD 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.1126〜1.1521▼EUR/JPY 短期…

FX週間テクニカル分析 2022/02/14〜02/18の見通し FOMC議事録要旨に注目。大幅利上げが意識されれば高値圏更新を予想。ウクライナ情勢はリスク要因

▼USD/JPY FOMC議事録要旨、米国小売売上高に注目。大幅利上げを意識させるような結果であればドル高加速を予想。ただしウクライナ情勢悪化によるリスクオフの円高に警戒。予想レンジは113.480〜117.380▼EUR/USD 米消費者物価指数の大きな伸びを受けてドル高…

FX週間テクニカル分析 2022/02/07〜02/11の見通し アメリカに続いて金融緩和縮小に踏み切るイギリス、EU。円安トレンド継続がメインシナリオ

▼USD/JPY 良好な雇用統計を受けて長期金利が上昇し、ドル高トレンド継続を予想。予想レンジは113.210〜117.200▼EUR/USD ECB総裁の定例記者会見にて金融緩和縮小の姿勢が示され、ユーロ急伸。短期移動平均線をゴールデンクロス。予想レンジは1.1246〜1.1657▼E…

FX週間テクニカル分析 2022/01/31〜02/04の見通し 米国ISM製造業、非製造業景況指数、1月雇用統計に注目。良好な結果であれば116.347の戻り高値更新か

▼USD/JPY FOMCでの早期利上げ、緩和縮小の発言を受けてドル急伸。今週のISM製造業指数や雇用統計の結果が良好であればさらなるドル高を予想。予想レンジは113.250〜117.240▼EUR/USD ウクライナをめぐる地政学リスクの高まりを背景に下落し、短期移動平均線、…

FX週間テクニカル分析 2022/01/24〜01/28の見通し FOMCでは利上げ時期を名言するかが注目。タカ派的であればドル買い再開か

▼USD/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯するもFOMCの結果次第でドル高再燃か。予想レンジは111.700〜115.690▼EUR/USD 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.1135〜1.1550▼EUR/JPY 3本の移動平均線をデッドクロス。…

FX週間テクニカル分析 2022/01/17〜01/21の見通し 日銀金融政策決定会合に注目。黒田総裁記者会見で緩和継続が示唆されれば円安再燃か。

▼USD/JPY 短期移動平均線を一時下抜けするもその後ゴールデンクロス。日銀金融政策決定会合で緩和継続が示唆されればドル高円安再燃か。予想レンジは112.190〜116.210▼EUR/USD ECB総裁の物価高に対する懸念表明を受けてユーロ上昇。短期移動平均線をゴールデ…

FX週間テクニカル分析 2022/01/10〜01/14の見通し 消費者物価指数が市場予想を上回れば長期金利の上昇圧力が高まるか。メインシナリオはドル高トレンド継続

▼USD/JPY 長期金利の上昇でドル円は116円台へ。先週の雇用統計の冴えない結果を受けて今週は調整の可能性もあり。予想レンジは113.550〜117.580▼EUR/USD ユーロ圏の経済指標の結果が良好でユーロ高へ。−1σラインをゴールデンクロスして買いサイン点灯。予想…

FX週間テクニカル分析 2022/01/03〜01/07の見通し 年始のフラッシュ・クラッシュに注意。メインシナリオはテーパリングに動き出したドル高トレンド継続

▼USD/JPY 年末年始の閑散相場で、米国と日本の金融政策の違いを背景にドル高円安継続へ。新興国通貨のフラッシュ・クラッシュに注意。予想レンジは113.170〜117.010▼EUR/USD ECBメンバーの利上げに関するコメントを受けてユーロ高へ。3本の移動平均線は弱気…

FX週間テクニカル分析 2021/12/27〜12/31の見通し 年末年始の流動性の乏しい相場でドルの高値更新を予想

▼USD/JPY クリスマス前の閑散な相場でドル円は+1σラインをゴールデンクロス。上昇継続を予想。予想レンジは112.500〜116.120▼EUR/USD テーパリングが始まる米国と金融緩和長期化が懸念される欧州圏の経済情勢を背景にユーロドル続落を予想。予想レンジは1.1…

FX週間テクニカル分析 2021/12/20〜12/24の見通し FRBテーパリング加速。2022年に3回の利上げでドル高再燃か

▼USD/JPY FOMCにてテーパリングペースの加速を表明。ドル高トレンド再開を予想。予想レンジは111.970〜115.460▼EUR/USD 欧州圏内の新型コロナウイルス再拡大の影響で経済に先行き不透明感。安値圏でのレンジ相場継続を予想。予想レンジは1.1024〜1.1448▼EUR/…

FX週間テクニカル分析 2021/12/13〜12/17の見通し 米FOMCに注目。テーパリングペース加速、利上げ前倒しが示唆されればドル高再開か

▼USD/JPY 新型コロナ変異株脅威論が後退しドル高再燃。米FOMCにてテーパリングペース加速、利上げ前倒しが示唆されれば115円台を目指す展開も。予想レンジは111.680〜115.090▼EUR/USD 欧州圏では金融緩和長期化が予想されておりユーロは上がりにくい状況。ユ…

FX週間テクニカル分析 2021/12/06〜12/10の見通し 新型コロナウイルス変異株感染拡大懸念によるリスクオフ相場継続か。米ドル反発に要注意

▼USD/JPY 新型コロナウイルス感染拡大懸念を背景にドル円の上値は重い展開か。ただ、米長期金利上昇に伴う米ドル反発に要注意。予想レンジは111.140〜114.540▼EUR/USD 欧州圏の新型コロナウイルス再拡大懸念によるユーロ安継続か。予想レンジは1.1106〜1.151…

FX週間テクニカル分析レポ―ト 2021/11/29〜12/03の見通し 新型コロナウイルス変異株感染拡大懸念による世界的なリスクオフ相場の中、米11月雇用統計に注目。市場予想を上回る結果ならドル円再浮上か

▼USD/JPY 週中に115円台突破も新型コロナウイルス変異株感染拡大懸念により113円台に急落。ただ以前として上昇トレンドは継続しており、今週の米国雇用統計の結果が良ければ即座に115円台を目指すと予想。予想レンジは111.600〜115.000▼EUR/USD 欧州圏の新型…

FX週間テクニカル分析 2021/11/22〜11/26の見通し 良好な米国経済指標を背景にドル高継続を予想。欧州は新型コロナウイルス再拡大の懸念が高まり下落基調か

▼USD/JPY +2σラインをゴールデンクロスし買いサイン点灯。良好な米経済指標を背景にドル高基調。予想レンジは112.350〜115.680▼EUR/USD 新型コロナウイルス再拡大懸念や欧州経済指標の冴えない結果などによってユーロは下落基調。予想レンジは1.1074〜1.149…

FX週間テクニカル分析 2021/11/15〜11/19の見通し 米FRBのテーパリング開始決定を背景にドル高相場。今週の米経済指標が市場予想を上回ればドルは一段高か

▼USD/JPY テーパリング開始決定、良好な米経済指標を背景にドル高再燃。予想レンジは112.320〜115.520▼EUR/USD 2020年3月安値を起点とするサポートラインをデッドクロス。売りサイン点灯。メインシナリオはドル高継続。予想レンジは1.1245〜1.1643▼EUR/JPY …

週刊テクニカル分析レポート 2021/11/08〜11/12 米FRBは11月からのテーパリング決定。雇用統計も良好な結果であり、ドル高トレンド継続を予想

▼USD/JPY テーパリングの開始、良好な雇用統計などイベント通過による一時的な調整か。メインシナリオは米景気回復を背景にドル高再燃。予想レンジは111.900〜114.900▼EUR/USD 2020年3月安値を起点とするサポートラインを一時デッドクロス。売りサイン点灯。…

週間テクニカル分析レポート 2021/11/01〜11/05 FOMCと米雇用統計に要注目。メインシナリオはドル高継続。反落の場合は押し目買いのチャンスの可能性も

▼USD/JPY FOMCと米国雇用統計に要注目。FRB議長から米利上げの時期が早まるような発言があればドル高再燃を予想。予想レンジは112.700〜115.230▼EUR/USD 欧州は金融緩和の長期化が示唆され、ユーロ安継続を予想。予想レンジは1.1363〜1.1762▼EUR/JPY +1σラ…

週間テクニカル分析レポート 2021/10/25〜10/29 日銀金融政策決定会合に要注目。ドル円は調整により下落を予想するも短期的には上昇トレンド継続か

▼USD/JPY 短期的には115円突破を目指す上昇トレンド継続を予想するも今週も調整か。予想レンジは112.220〜114.780▼EUR/USD ECB総裁の定例記者会見に注目。金融緩和継続であれば短期的な下落トレンド継続を予想。テクニカル的には調整の上昇か。予想レンジは1…

週間テクニカル分析レポート 2021/10/18〜10/22 テーパリングの早期開始を意識したドル高基調継続。ドル円は調整に注意しながら115円台を意識

▼USD/JPY 早期テーパリングを示唆するFOMC議事録要旨や良好な米経済指標を背景に長期金利が上昇し114円台。予想レンジは113.060〜115.450 ▼EUR/USD 欧州消費者物価指数に注目。冴えない場合はユーロドルの下落基調継続か。予想レンジは1.1407〜1.1792▼EUR/JP…

週間テクニカル分析レポート 2021/10/11〜10/15 米国消費者物価指数(CPI)に注目。物価高が進めば利上げ前倒し期待を誘いさらなるドル高を予想

▼USD/JPY 米国雇用統計は良くなかったにも関わらずドルは上昇。今週もドル高継続を予想。予想レンジは111.350〜113.110▼EUR/USD ドル高が進み−2σラインまで下落。弱気のパーフェクトオーダーとなっており下落継続を予想。予想レンジは1.1391〜1.1759▼EUR/JPY…

週間テクニカル分析分析レポート 2021/10/04〜10/08 米国雇用統計で景気回復を裏付ける値が出ればドル高加速か。悪い結果だとしてもドル円の安値は限定的と予想

▼USD/JPY 米早期利上げ観測を背景としたドル高再燃。年初来高値を突破し今週も上昇を予想。予想レンジは110.340〜111.820▼EUR/USD −1σラインをデッドクロスし弱気のパーフェクトオーダー形成。売りサイン点灯。予想レンジは1.1421〜1.1765▼EUR/JPY 短期移動…

週間テクニカル分析レポート 2021/09/27〜10/01 米FRBのテーパリング示唆。今後のメインシナリオはドル高新興国安か。

▼USD/JPY FRB議長、次回FOMCでテーパリング開始を示唆。ドル高再開を予想。予想レンジは110.030〜111.450▼EUR/USD 2020年3月安値を起点とする上昇トレンドラインをデッドクロス。売り継続を予想。予想レンジは1.1559〜1.1884▼EUR/JPY 短期移動平均線で押し…

週間テクニカル分析レポート 2021/09/20〜09/24 今週はFOMCとドットチャートの結果に注目。早期利上げ観測が高まればドル高が進むと予想

▼USD/JPY 中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは109.300〜110.670▼EUR/USD 長期>中期>短期>終値の弱気のパーフェクトオーダー形成。売り継続を予想。予想レンジは1.1565〜1.1885▼EUR/JPY −1σラインをデッドクロス。売りサイン…

週間テクニカル分析レポート 2021/09/13〜09/17 9/14 米消費者物価指数、9/16 米小売売上高に注目。結果が良ければ年内テーパリング開始への後押しとなるか

▼USD/JPY 米消費者物価指数、小売売上高に注目。良い結果であればドル高を予想。予想レンジは109.210〜110.620▼EUR/USD 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.1656〜1.1965▼EUR/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。…

週間テクニカル分析レポート 2021/09/06〜09/10 米雇用統計のネガティブサプライズで早期テーパリングの見通しが不透明に。ドル円は横ばいか。欧州はインフレ対策としてテーパリングを意識。ユーロ高へ

▼USD/JPY 米雇用統計のネガティブサプライズで早期テーパリングの見通しが不透明に。横ばいを予想。予想レンジは108.990〜110.420▼EUR/USD 欧州圏の物価指数の上昇を受けてテーパリングを意識したユーロ高へ。予想レンジは1.1725〜1.2031▼EUR/JPY 短期移動平…

週間テクニカル分析レポート 2021/08/23〜08/27 アメリカは量的緩和縮小へ。今週の米国雇用統計が良ければ米国金利上昇、将来的なドル高新興国通貨安を意識

▼USD/JPY ジャクソンホール会合でパウエル議長が年内の量的緩和縮小を表明。雇用統計の結果が良ければドル円急伸か。予想レンジは109.090〜110.610 ▼EUR/USD 移動平均線は長期>中期>短期の弱気のパーフェクトオーダーを形成。下降トレンド継続を予想。予想…

週間テクニカル分析レポート 2021/08/23〜08/27 ジャクソンホールでパウエルFRB議長がテーパリングの必要性に言及した場合はドル買いか

▼USD/JPY ジャクソンホールでのパウエルFRB議長講演に注目。テーパリングの必要性に言及した場合はドル買いか。予想レンジは108.820〜110.750 ▼EUR/USD 中期移動平均線が長期線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.1548〜1.1851 ▼EUR/JPY 2021年5…

週間テクニカル分析レポート 2021/08/16〜08/20 FOMC関係者による早期テーパリングを意識させる発言の増加。ドル高再開を予想

▼USD/JPY 短期移動平均線をデッドクロスするも、テーパリング観測の高まりを受けて上昇を予想。予想レンジは108.350〜110.850 ▼EUR/USD 短期移動平均線が中期と長期線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは1.1650〜1.1943 ▼EUR/JPY ユーロ圏の新型コ…

週間テクニカル分析レポート 2021/08/09〜08/13 米雇用統計の良好な結果を受けて早期テーパリング観測が再燃。ドル高再開か

▼USD/JPY 先週はISM非製造業指数や雇用統計の好結果を受けてドル円は上昇し短期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは108.710〜111.750 ▼EUR/USD 米雇用統計の好結果を受けてユーロドルは下落。短期移動平均線が中期線をデッドクロス…

週間テクニカル分析レポート 2021/08/02〜08/06 米雇用統計に注目。市場予想を上回れば米国早期テーパリング期待が高まって長期金利の上昇とともにドル高再開か

▼USD/JPY 米雇用統計が重要指標。非農業部門雇用者数は前回を上回る伸びが期待されており、予想通りの雇用増が確認できればドル高再開か。予想レンジは107.990〜111.330 ▼EUR/USD 短期移動平均線が中期移動平均線をデッドクロス。下落トレンドへの転換を示唆…

週間テクニカル分析レポート 2021/07/26〜07/30 FOMC、米国個人消費支出の指標発表に注目。米国早期テーパリングについて進展があれば大きく動く可能性あり

▼USD/JPY 米国株高を背景にドルも上昇。FOMCで米国早期テーパリングについて進展があれば大きく動く可能性あり。予想レンジは108.700〜112.410 ▼EUR/USD ECBの会見で金融緩和継続が改めて示されたことによりユーロ続落。引き続きユーロ安ドル高か。予想レン…

週間テクニカル分析レポート 2021/07/19〜07/23 米6月住宅着工件数、米新規失業保険申請件数、米6月中古住宅販売件数などに注目。早期テーパリングが意識されればドル円反発

▼USD/JPY 短期移動平均線をサポートに反発の機会をうかがう展開か。米国経済指標で良好な結果が示されれば早期テーパリング観測が再燃して上昇再開を予想。予想レンジは108.030〜112.150 ▼EUR/USD 年内テーパリングを意識する米国と緩和継続を示唆する欧州を…

top