2023年予想は「円高」と「少しドル高」、5-10年で訪れる何とかショックは続かない 1月4日(水)野村雅道

様々な価格がロシア侵攻前の水準に戻る【外為マーケットビュー】

動画配信期間:2023/1/4~2023/1/18

目次

00:00 1/2から為替市場スタート、様々な価格がロシア侵攻前の水準に戻る
01:23 本邦貿易収支:少しづつ赤字縮小
02:50 米雇用統計や日銀会合を消化しながら、ドル/円は上下しつつ円高方向か
03:27 本日(1/4)のドルは午前は底堅い展開を予想、勝負は午後
04:46 中国はロシアの様にはならないと予想
05:36 ドル買い介入はあり得ない、円買い介入より難しい
07:42 本日の注目指標:スイスKOF、米ISM製造業、FOMC議事録
08:56 本邦・円の動向 原油安は円に追い風、ニアショアリングが下支えなるか 
10:24 流れが変わりつつある、〇〇ショックは長くは続かない
11:46 経済は強くなるためには良好な国際関係が必要
12:12 米国・ドルの動向 FOMC議事録と米雇用統計に注目
13:11 欧州・ユーロの動向 日本同様『持たざる国』、資源価格低下はプラス
13:58 英国・ポンドの動向 『持たざる国』だがEU離脱の後遺症が重し
13:38 中国・人民元の動向 景気減速の元となったゼロコロナ政策の解除が波紋
17:39 豪州・豪ドルの動向 あまり景気が良くない、対中関係改善なるか
18:49 NZ・NZドルの動向 ジリ貧、11月時点での利上げ期待は2月まで持たないのでは
19:56 メキシコペソ 22年は後半に円高要因で失速、中長期的には力強い材料あり
21:34 南アランド 22年は悪材料多数だが、資源国+中国との良関係がサポート
23:19 トルコリラ 資本面は改善するも貿易赤字が重し、8年連続陰線
24:42 22年の資源高・高インフレ・高金利は徐々に縮小、ロシア無視の世界を予想
25:19 景気は今年は減速した後、来年にかけて立ち直りの兆しが出るか

月曜から金曜までの毎営業日、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。

 
nomura.jpg 野村雅道
FX湘南投資グループ代表 1979年東京大学教養学部を卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)入行。82年ニューヨーク支店にて国際投資業務(主に中南米融資)、外貨資金業務に従事。85年プラザ合意時には本店為替資金部でチーフディーラーを務める。 87年米系銀行へ転出。外資系銀行を経て欧州系銀行外国為替部市場部長。外国為替トレーディング業務ヴァイスプレジデントチーフディーラーとして活躍。 財務省、日銀および日銀政策委員会などの金融当局との関係が深く、テレビ・ラジオ・新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。現在、FX湘南投資グループ代表。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top