読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(豪ドル/円 NZドル/円 )「RBAは据え置き?市場の注目点は?」ハロンズ FX 2023/12/3

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gaitamesk/20220325/20220325130808.png

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
X(Twitter):@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

RBAは据え置き?市場の注目点は?

今週の振り返り

今週の豪ドル/円は98.27円前後、NZドル/円は90.83円前後で週初を迎えました。豪ドル/円は11月29日に発表された豪10月月次消費者物価指数(CPI)が前年比+4.9%と市場予想(+5.2%)よりも大きく前月(+5.6%)から低下を示したことで、豪準備銀行(RBA)による追加利上げ期待が後退し、一時97円台前半まで下落しました。NZドル/円は29日にニュージーランド準備銀行(RBNZ)が金融政策会合を開催。政策金利は5.50%で市場予想通り据え置きとしたものの、声明では「インフレが予想より強ければ、利上げが必要になる可能性」、「予測では2025年半ばまで利下げはなし」などとし、市場にタカ派的な印象を与えました。これを受けて、NZドル/円は91円台前半まで上値を伸ばしました(執筆時)。

注目のRBA理事会!市場の注目は次回以降?

来週は5日(火)にRBA理事会が開催されます。RBAは先月の理事会で0.25%の利上げを実施しました。声明を見ると、「金融政策のさらなる引き締めが必要かどうかは、データとリスクの評価次第」として、前回までの「いくらかのさらなる引き締め」から『いくらかの(some)』という文言が削除されていました。そのため、市場はRBAの利上げはほぼ終わったとの見方が優勢となりました。その後、公表された11月会合の議事要旨では「RBAのインフレ予測は今後数四半期でさらに1~2回の利上げを前提としている」と示してあったことで、データ次第では追加利上げがあり得るとの見方が台頭しました。ただし、前述した通り豪10月月次CPIは+4.9%(※表1参照)と前月から大きく鈍化を示しました。RBAの2023年末時点でのインフレ予測は4.5%(11月金融政策報告書より、8月からは若干上方修正)となっています。先月RBAが利上げに踏み切ったため、今回の理事会では金利据え置きを市場はほぼ織り込んでいました。そういった中で、インフレ率がRBAの予測値に接近してきています。市場の注目は「次回以降の利上げの可能性についてRBAがどのような見通しを示すか?」に移っています。声明内のフォワードガイダンスに注目しましょう。

【表1豪CPIの推移】

中国貿易収支の注目点は?

来週は7日(木)に中国11月貿易収支が発表されます。10月の中国貿易収支は前年比-2.5%となる565.3億ドルの黒字でした。輸出が-6.4%落ち込んだ一方で輸入は+3.0%と予想外のプラスとなったことが、貿易黒字縮小の要因でした。国別で見るとオーストラリアは中国との外交関係が改善している影響もあり、(中国側から見て)輸出は+5.9%、輸入は+12%となりました。中国のオーストラリアからの主な輸入品は石炭や鉄鉱石などの一次産品です。今週発表された中国製造業の景況感を示す経済指標を見ると、国家統計局が調査する中国11月製造業PMIは悪化、民間企業のS&Pグローバルが調査する中国11月財新製造業PMIは改善を示し、マチマチな結果となりました。ただどちらの製造業PMIも生産は好況(好不況の分岐点となる50.0以上)を示しました。外交関係の改善や生産の増加を背景に豪州からの輸入も増加が続けば、豪ドルにとって支援材料となりそうです。

【表2 中国の対豪州 輸出入推移】

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル/円の上値は引き続き年初来高値の98.58円前後が目先の目途となりそうです。この水準を上抜けると100円を目指すことになりそうです。一方で下値は、日足一目均衡表の基準線が目先の下値目途となりそうです。その下では週足一目均衡表の転換線が現時点での計算では96.32円前後まで上昇してきます。また、日足一目均衡表の雲がサポートとして意識されそうです。

【豪ドル/円 日足・一目均衡表】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:AUD/JPY:95.00-100.00、NZD/JPY:89.00-93.00

12/4 週のイベント:

12/05 (火) 09:30 豪 7-9月期経常収支
12/05 (火) 10:45 中国 11月財新サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
12/05 (火) 12:30 豪 豪準備銀行(RBA)、政策金利発表
12/06 (水) 09:30 豪 7-9月期四半期国内総生産(GDP)
12/07 (木) 未定 中国 11月貿易収支
12/07 (木) 09:30 豪 10月貿易収支
12/08 (金) 06:45 NZ 7-9月期四半期製造業売上高

一言コメント:

先日、健康診断でバリウムを飲んできました。バリウム自体は毎年飲んでいるので慣れているのですが、今年は普段以上に検査台を傾けられ(という印象)、頭から真っ逆さまに落ちないように必死にしがみついていました。もう少し楽に検査を受けられないものでしょうか…?

nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー(株)へ入社。 8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。 2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。 優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、X(Twitter)を通してFX個人投資家向けの情報発信を担当している。
経済番組専門放送局ストックボイスTV『東京マーケットワイド』、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。