読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(ポンド/円 ユーロ/円) 「チャート形状は逆だが、欧州通貨は似たもの同士」ハロンズ FX 2023/12/3

f:id:guh202109:20210908154742p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2023年12月1日 13時40分

チャート形状は逆だが、欧州通貨は似たもの同士!

11月27日週のユーロ/円、ポンド/円は円主導で振幅

米国の利上げ停止観測から、米ドル円が軟調に推移すると、ユーロ/円は160.594円、ポンド/円は186.239円まで下げました。その後、米ドル/円が148円台へ切り返したため下げの勢いが緩和し、ユーロ/円は161円半ば、ポンド/円は187.20円付近へ持ち直しました。(各レート水準は執筆時点のもの)

FX ライブ配信、まだまだ円安。3つの円安リスク (2023年11月30日)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

ユーロ/円、買い追随の局面か

足許のユーロは底堅い動きが続いています。背景には、これまで引き締めで先行してきた米国が利上げサイクルを停止させるとの思いや、ユーロ圏でもインフレ鈍化(消費者物価指数/前年比:10月2.9%→11月2.4%)が進展していることで、各中銀が景気拡大に配慮した金融政策に移行しやすくなるとの思いがあるようです。もっとも、ユーロ経済の低迷は今後もしばらく続きそうで、やや期待が先行し過ぎの感は否めません。また、インフレについても賃金の上昇圧力が強いため、ECBがそう簡単に景気抑制的な立場を放棄するとは考えにくく、金融政策に対しても期待が先行しています。今後、発表される経済指標がこれら期待感を後退させるようなら、ユーロ上昇の反動から調整色が強まる危険もあるでしょう。来週も株式市場の動向を受けた市場センチメントの方向性が、ユーロの振幅に影響しそうです。

ユーロ/円は徐々に上値を切り下げ、11月16日高値(164.306円)を起点に短期的な下降チャネルを形成中で、上値の重さが意識されやすいチャート形状です。しかし、日足一目基準線付近で下げ渋ったほか、チャネル下限に到達したことで、目先はチャネル上限が推移する163.07円付近を目指して買いで追随したいと考えます。ストップは160.50円付近に設定して、ここを抜けてくるようなら、今度はチャネルの下限付近の159.50円付近を目指して売りで仕掛けたいと考えます。

【ユーロ/円チャート 日足】

EUR/JPY日足チャート
出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:EUR/JPY:159.500-163.500

ポンド/円、短期反発狙い

ポンドもユーロと似た状況で、見通し改善期待で緩やかに下値を切り上げる展開が続いており、目先は底堅い推移が見込めそうです。ただし、インフレは英中銀が目指す2-3%にはまだ距離があり、今はインフレ指標の動向を確認する段階で、ベイリー英中銀総裁が言うように利下げの議論はまだ先になるでしょう。昨年後半と比べれば景況感は持ち直していますが、まだ、景気縮小圏といったところで、回復の足取りは鈍いままです。こうした状況下では、ポンドが上昇を続けるとの見方には確信が持てません。英中銀金融安定化報告などで成長やインフレ抑制に対して予想以上にネガティブな見解が示されれば、短期的には調整が入る可能性はありそうです。市場のセンチメントの行方を見極めながらの取引になるでしょう。

ポンド/円は、ユーロ/円とは逆に上昇チャネルに沿った値動きが続いています。11月24日高値(188.666円)が目先の節目になりますが、ここを突破すれば、N波動の190.446円付近が見えてきそうです。188.666円を突破できるかがポイントになりそうです。下方向は付近に期間21日のボリンジャーバンド-1σが推移する185.500円でサポートされるかどうかに着目したいと考えています。

【ポンド/円チャート 日足】

GBP/JPY日足チャート
出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:GBP/JPY:185.500-190.500

12/4 週のイベント

12/4(月) 16:00 ドイツ 10月貿易収支
12/5(火) 9:01 イギリス 11月英小売連合(BRC)小売売上高調査
12/5(火) 18:00 ユーロ ECB期待インフレ率調査
12/5(火) 18:00 ユーロ 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
12/5(火) 18:30 イギリス 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
12/5(火) 19:00 ユーロ 10月卸売物価指数(PPI)
12/6(水) 16:00 ドイツ 10月製造業新規受注
12/6(水) 18:30 イギリス 11月建設業購買担当者景気指数(PMI)
12/6(水) 19:00 ユーロ 10月小売売上高
12/6(水) 19:30 イギリス 英中銀金融安定報告
12/6(水) 20:00 イギリス ベイリー英中銀総裁、会見
12/7(木) 16:00 ドイツ 10月鉱工業生産
12/7(木) 19:00 ユーロ 7-9月期四半期域内総生産(GDP、確定値)
12/8(金) 16:00 ドイツ 11月消費者物価指数(CPI、改定値)

一言コメント

温かい食べ物が欲しくなる季節になりましたね。私の場合は、妙に立ち食い蕎麦が恋しくなり、ついつい出かけてしまいます。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。