読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

今週の為替予想(豪ドル/円 NZドル/円 )「豪雇用統計が強過ぎる!RBA、利上げどうする?」ハロンズ FX 2023/4/16

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gaitamesk/20220325/20220325130808.png

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

 

豪雇用統計が強過ぎる!RBA、利上げどうする?

先週の振り返り

先週の豪ドル/円は87.94円前後、NZドル/円は82.49円前後で週初を迎えました。10日には植田日銀新総裁が就任会見を行い、これを受けて市場にくすぶっていた早期の緩和修正観測が後退し、全般的に円売りとなりました。12日に発表された米3月消費者物価指数(CPI)と13日の米3月生産者物価指数(PPI)が市場予想や前月を下回ったことで、米国のインフレピークアウトへの期待が高まりました。これが米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利上げ停止期待に繋がり、米景気後退(リセッション)への過度の懸念が薄れ、豪ドル/円は90.17円前後、NZドル/円は83.77円前後まで値を伸ばしました。(執筆時)

強すぎる豪雇用統計。RBAの政策決定に影響は?

13日に発表された豪3月雇用統計は市場予想を上回る強い結果となりました。

【豪3月雇用統計結果】


雇用者数変化は市場予想の2.0万人増を大幅に上回る5.3万人増、失業率と労働参加率はそれぞれ3.5%、66.7%で前月と変わらず(労働参加率の前月は上方修正)となりました。また、雇用者数変化の内容を見ると、正規雇用者数が7.22万人の増加で、非常勤雇用者数の1.92万人減少を補って余りある結果となりました。また、前月の正規雇用者数は上方修正(7.49万人増⇒7.92万人)、非常勤雇用者数は下方修正(1.03万人減⇒1.56万人減)となっています。豪州の雇用者数が2カ月連続で5万人を超えるのはコロナ禍のロックダウン明けといった特殊要因を除外すると、1978年に豪統計局(ABS)が月次統計を開始して以来、過去3回しか起こっていません。それくらい過去2カ月の豪州の労働市場は強い状態にあったということになります。

12日に、豪準備銀行(RBA)のブロック総裁補が「雇用悪化の懸念が4月のRBA理事会での利上げ休止の一因」と説明しました。これは、12月と1月の豪雇用統計において、雇用者数が2カ月連続で減少していたことが要因のようです。そうなると、2月、3月と雇用が非常に強い勢いで回復したことは、利上げ再開を意識させる結果とも捉えられます。
他方で、ブロック氏は「RBAの目標は強い雇用を維持しつつ、インフレを下げることだ」とも示しました。言い換えると、「インフレが下がっていれば、雇用が強くても良い」とも言えます。そのため、今月26日に発表される豪1-3月期CPIへの注目度が一段と上昇したように思えます。現時点で、市場は5月の利上げ再開の可能性はほぼないとみています。来週18日には4月のRBA理事会での議事要旨が公表されますので、内容からRBAの今後のスタンスを確認することになりそうです。その他には26日の豪1-3月期CPIまで豪主要経済指標の発表はありません。現在の市場のメイントピックはFRBの利上げ停止や利下げ開始の時期についてになっています。米経済指標の良し悪しに資源国通貨である豪ドルも振り回されることになりそうです。

RBNZの利上げ幅を決める?NZ四半期CPI

20日にはニュージーランド(NZ)の1-3月期CPIが発表されます。NZの四半期CPIは昨年の4-6月期に7.3%でピークを付けたあと、2期連続で7.2%となっています。この高止まりするインフレを抑えるために、NZ準備銀行(RBNZ)は4月5日のRBNZ理事会で市場予想を上回る0.50%利上げを実施。インフレと徹底的に戦う姿勢を示しています。市場は1-3月期にNZのインフレは7.0%に低下していると予想しています。予想以上の結果となれば大幅利上げの継続、予想以下となれば利上げ幅縮小の可能性が高まり、NZドル相場に大きな影響を与えることになりそうです。

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル/円は前回日足一目均衡表に雲の捻じれが発生した3月9日以降、雲に上値を抑えられています。奇しくも、17日に雲が再び捻じれています。17日の終値で雲の上抜けに成功すれば、①ローソク足が雲の上、②転換線が基準線の上、③遅行線がローソク足の上と『三役好転』となり買いシグナルが点灯します。この場合は200日移動平均線が次の上値目途となりそうです。一方で、雲の上抜けに失敗した場合、来週は雲が徐々に切り下がっていますので、これに連れる可能性もあります。目先の下値目途は一目均衡表の転換線や基準線となりそうです。

【豪ドル/円 日足・一目均衡表、200日移動平均線】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:AUD/JPY:87.00-92.50、NZD/JPY:81.50-85.50

4/17 週のイベント:

04/18 (火) 10:30 豪 豪準備銀行(RBA)、金融政策会合議事要旨公表
04/18 (火) 11:00 中国 1-3月期四半期国内総生産(GDP)
04/18 (火) 11:00 中国 3月小売売上高
04/18 (火) 11:00 中国 3月鉱工業生産
04/20 (木) 07:45 NZ 1-3月期四半期消費者物価(CPI)

一言コメント:

先日、子供たちを両親に預けて、妻と久々にカラオケに行きました。最後にカラオケに行ったのはいつか覚えていません。そんな状況なので、二人とも何を歌えばよいのか思いつかず、最初の10分くらいデンモクと睨めっこでした。ちなみに、自分の中では結構新しいと思っていた曲が7年も前の物だったりしてビックリしました。

 
nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー(株)へ入社。 8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。 2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。 優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、X(Twitter)を通してFX個人投資家向けの情報発信を担当している。
経済番組専門放送局ストックボイスTV『東京マーケットワイド』、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。