読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ポンド/円 ユーロ/円 来週の為替予想「ECB後は下値警戒、ユーロは対円で上値抵抗線に接近」ハロンズ2022/12/11

f:id:guh202109:20210908154742p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2022年12月9日 14時50分

ECB後は下値警戒、ユーロは対円で上値抵抗線に接近

12月5日週の欧州通貨は主体性のない値動き

欧米英の金融政策会合を控えて調整的な動きが主体だったようで、ユーロ/円やポンド/円は米ドル/円の動向に引っ張られる格好になりました。ユーロ/円は144.584円、ポンド/円は167.493円までそれぞれ上伸しましたが、その後は米ドル/円の頭打ちもあり、高値圏でもみ合う格好になりました。(各レート水準は執筆時点のもの)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

f:id:guh202109:20220728184343p:plain
外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が、平日21時より配信するFXライブ番組

FX、ドル円 戻り売りが正解なのか(2022年12月7日)- YouTube

ECB、QTの議論の行方に着目

12/15(木)に欧州中央銀行(ECB)の政策金利の発表があります。市場では0.5%の利上げが見込まれています。金利先物市場では、今会合で0.5%利上げを100%織り込んでいますが、一部では0.75%利上げ期待が織り込まれている状態で、マーケットは追加利上げを意識しています。ただ、グローバルなインフレ・ピークアウト観測が広がる中で、ECBが追加利上げに対し消極的となる可能性はあり、今後の利上げの道筋は定まっていないのが実情です。ラガルド総裁の会見を通じて追加利げ上期待が後退、ないしは次回以降の利上げ幅縮小観測が強まれば、市場が織り込んでいない分、ユーロの下げ幅がきつくなる危険はあります。また、量的縮小(QT)に関する議論の行方にも注目が集まります。TLTRO(条件付き長期リファイナンスオペ)を通じて提供した資金(2.1兆ユーロ)の早期返済や、今会合で示される資産購入プログラム(APP)縮小の方法次第では、債券市場の混乱からユーロへの不透明感を高め、ユーロを圧迫する危険もあります。短期的には、下値警戒でしょうか。

独自材料での値動き限定的か

英国も12/15(木)に英中銀金融政策委員会が政策金利を発表します。こちらも0.5%利上げが織り込まれています。スナク首相が掲げる財政再建への期待感により国債市場が安定しているため、引き締めが金融市場の混乱を招くことはなさそうな点はポンドの支援材料です。しかし、追加引き締めが景気減速幅を今よりも深めるとの危機感もあり、積極的にポンド買いを進めていける状況にはありません。住宅市場の鈍化などインフレピーク・アウトを期待させる指標は散見されますが、消費者物価指数は伸びが加速しており、英中銀は今後も追加引き締めの必要に迫られそうです。シカゴ通貨先物のポンドのポジショニングは、ネットで41週連続ショートポジションになっており、基本的にはポンド買いに前向きになる環境にないようです。ただ、市場の関心が米ドルへ集まり、ポンドは副次的な値動きが続いているため、米ドル安が進行した場合のポンド高には注意が必要です。

ユーロ円、まずは戻り売り

ユーロ/円は直近の下降チャネル下限の140.764円を底値に今度は、チャネル上限レベルとなる144.900円付近を目指す格好になっています。まだ、下降チャネルの中での推移が続いていると考えますので、144円半ばからは戻り売り目線でまずは対応したいです。ただ、ここを上抜けた場合は、視線を変えて、8月からの上昇チャネル上限の147.100円を目指して買い回転を狙いたいと考えています。

【ユーロ/円チャート 日足】

EUR/JPY日足チャート
出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:EUR/JPY:142.000-147.100

ポンド/円、雲の上側定着なら170円回復へ

ポンド/円は、10月31日高値(172.125円)からの下降トレンドライン近辺で伸び悩む格好になっています。このラインを上抜けて、日足一目均衡表の雲の上側で定着できれば、170円回復が見えてきそうです。ただ、21日移動平均線が166.515円(執筆時点)付近で横ばいで、上向きの勢いが限定されているため上昇幅を広げるには時間がかかるかもしれません。また、このレベルでこのまま頭を抑えられるようなら、163.000円を目指して上値を切り下げていきそうです。

    【ポンド/円チャート 日足】

    GBP/JPY日足チャート
    出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
    予想レンジ:GBP/JPY:164.000-170.000

    12/12 週のイベント

    12/12(月) 16:00 イギリス 10月月次国内総生産(GDP)
    12/12(月) 16:00 イギリス 10月鉱工業生産
    12/13(火) 16:00 イギリス 11月失業率
    12/13(火) 19:00 ドイツ 12月ZEW景況感調査
    12/14(水) 16:00 イギリス 11月消費者物価指数(CPI)
    12/14(水) 19:00 ユーロ 10月鉱工業生産
    12/15(木) 21:00 イギリス イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
    12/15(木) 21:00 イギリス 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
    12/15(木) 22:15 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)政策金利
    12/15(木) 22:45 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
    12/16(金) 9:01 イギリス 12月GFK消費者信頼感調査
    12/16(金) 16:00 イギリス 11月小売売上高
    12/16(金) 18:00 ユーロ 12月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
    12/16(金) 18:00 ユーロ 12月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
    12/16(金) 18:30 イギリス 12月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
    12/16(金) 18:30 イギリス 12月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
    12/16(金) 19:00 ユーロ 10月貿易収支
    12/16(金) 19:00 ユーロ 11月消費者物価指数(HICP、改定値)

    一言コメント

    外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っています。ご興味のある方は、一度、こちらにアクセスしてみてください。

     
    ●免責事項
    本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。