読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(豪ドル/円 NZドル/円 )「豪月次CPI次第ではRBAが追加利上げも?」ハロンズ FX 2023/12/10

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gaitamesk/20220325/20220325130808.png

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
X(Twitter):@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

豪月次CPI次第ではRBAが追加利上げも?

今週の振り返り

今週の豪ドル/円は97.72円前後、NZドル/円は90.70円前後で週初を迎えました。豪ドルは5日の豪準備銀行(RBA)理事会での声明内容が予想ほどタカ派ではないと判断されて売り圧力が高まりました。7日には日銀のマイナス金利早期解除の可能性が意識され円が全面高になったことで、豪ドル/円は一時93.70円前後まで、NZドル/円は87.68円前後まで急低下しました(執筆時)。

豪雇用統計に異変が起きていた!

来週は14日(木)に豪11月雇用統計が発表されます。12月8日時点での市場予想は、雇用者数変化が+0.33万人、失業率が3.8%、労働参加率が67.0%となっています(前回、+5.5万人、3.7%、67.0%)。市場予想に関しては、発表までにまだ時間があるため修正される可能性は十分にあると思いますので、現時点の予想値は気にしなくて良いでしょう。今回の注目点は前月から引き続き『雇用の質』となります。表1を見ると、豪州の雇用の内容は今年の7月を境に一転しています。6月までは、正規雇用者数の増加が豪州の労働市場を支えていました。それが7月以降は4カ月連続で非常勤雇用者数の増加が正規雇用者数の増加を上回りました。これまでは高い賃金や正規雇用といった好条件を提示しなければ期待した労働力が確保できなかったのが変化してきているとも受け止めることが出来ます。ちなみに、4カ月連続で非常勤雇用者数の増加が正規雇用者数の増加を上回ったのは2020年6~9月以来です。この時期は新型コロナのパンデミックのなかでロックダウンが行われたりと不安定な時期でした。この時期を除外すると2009年5~10月(5カ月連続)まで遡らないといけません。それだけ珍しい状況が現在の豪州の労働市場で起こっています。『非常勤雇用者数の増加』>『正規雇用者数の増加』が続くなど、弱い内容が出るようだとRBAの追加利上げ観測に影響を与えることになりそうです。

【表1 豪州 正規雇用者数と非常勤雇用者数変化の推移】

中国の経済指標の強い結果は見せかけ?

来週は15日に中国にて11月小売売上高と11月鉱工業生産が発表されます。11月小売売上高の市場予想は前年比+12.5%、11月鉱工業生産は+5.6%となっています。中国は昨年の11月末までゼロコロナ政策を採っていたため、昨年は経済がかなり弱っていました。そして、7日に発表された中国の貿易収支でドル建ての輸入は前年比-0.6%で内需の弱さを示す結果となりました。そのため、今回発表される数字が予想を上回ったとしても、現在の中国経済の実勢は数字ほど好況とは言えなそうです。結果の数字に惑わされないようにしましょう。

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル/円は8日の終値が95.18円前後を下抜けていれば、①転換線が基準線の下、②ローソク足が雲の下、③遅行線がローソク足の下、と三役逆転「売りのシグナル」が点灯します。ただし、7日に起きた急激な円買いの影響からシグナルが発生していますので、あまり確度は高くないとみています。目先の下値は200日移動平均線の位置する93円台後半となりそうです。その下の水準では週足の雲が92.42円前後(上限)と92.32円前後(下限)に位置しています。一方で上値は、一目均衡表の転換線や基準線、雲上限(日足)が意識されそうですが、これだけ円高が進んだ直後ですので週末前の調整などで、戻していたらごめんなさい。

【豪ドル/円 日足・一目均衡表と200MA】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:AUD/JPY:92.50-97.50、NZD/JPY:86.00-90.00

12/11 週のイベント:

12/12 (火) 08:30 豪 12月ウエストパック消費者信頼感指数
12/12 (火) 09:30 豪 11月NAB企業景況感指数
12/13 (水) 06:45 NZ 7-9月期四半期経常収支
12/14 (木) 06:45 NZ 7-9月期四半期国内総生産(GDP)
12/14 (木) 09:30 豪 11月雇用統計
12/15 (金) 11:00 中国 11月小売売上高
12/15 (金) 11:00 中国 11月鉱工業生産

一言コメント:

12月に入りました。週末に子供のお友達家族とみんなで夜ご飯に行こうと思ったのですが、どこのお店も忘年会などで予約でいっぱいでした。仕方ないので、ファストフード店でテイクアウトをして公園でピクニックになりました。子供はそっちの方が良かったようです。

nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー(株)へ入社。 8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。 2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。 優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、X(Twitter)を通してFX個人投資家向けの情報発信を担当している。
経済番組専門放送局ストックボイスTV『東京マーケットワイド』、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』などレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。