読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな下落トレンドが継続中・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 緩やかな下落トレンドが継続中・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初は安定した値動きが続いていましたが、やはり実体線の居場所が過去の取引価格帯の下限に近かったこともあり、木曜日の陰線で一気に4月下旬の安値を下回り、緩やかな下落トレンドにあることを再確認した動きとなりました。金曜日は陽線でやや戻しましたが、その戻りの程度は鈍いと言わざるを得ず、引き続き上値の重い状況が続いています。
移動平均線は、3本とも下落しました。先週の値動きを見て分かるように、実体線は終値ベースでほとんど3本の移動平均線の下側に推移していて、買い方のポジションは相当悪い状況が続いています。MACDも先週木曜日の陰線でデッドクロスを形成しています。これほどゼロラインの下側でMACDがデッドクロスすることは珍しく、下値リスクの高まりを感じさせる状況と評価できそうです。
今週は、というよりも、今週も売り先行で臨みたい感じがしています。チャート的に買いを示すものは見られず、戻れば戻っただけ買い方の戻り売りに押される形になるのではないでしょうか。一方で、先週の安値割れは買い方の投げを誘発する可能性が高く、下落する局面はしっかり売りスタンスで付いていきたい状況と言えそうです。長い下ヒゲが出現すれば話は別ですが、だらだらとした動きが続くうちは緩やかな下落トレンドが継続するように思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 やや上値の重さが目立つ展開へ・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。月曜日に4月28日の高値をわずかに超えましたが押し戻され、その後、週央までは落ち着いた動きを見せていました。ところが、一転して木曜日に陰線で一気に下押しの動きに発展、金曜日は何とか陽線で戻しましたが、買い一辺倒の動きに一片の変化を与えるかのような動きを見せました。買いに慣れたトレーダーには意外感以外の感想はなかったのではないでしょうか。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。よほど大きな陽線が出現して先週の高値に一気にチャレンジするような形になれば話は別ですが、そういった可能性はあまり高くないような気がします。ボリンジャーバンドの幅も一気に狭まり、上は上で重く、下は下で固い、そんな動きになるのではないでしょうか。逆張りでトレードする必要はありませんので、中途半端な動きを継続しているウチは思い切って見送りでもよいかもしれませんね。

■ ユーロ/円 ドル円以上に上値の重さが目立つ展開へ・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。ドル円と同様、週初は落ち着いた動きを見せていましたが、上値を買っても4月下旬の高値を超えるところまでの戻りには到底至らず、やや上値の重さが意識されました。木曜日の陰線で4月27日の安値を一気に下回ってしまったのは、その伏線だったような気もしなくはありません。金曜日の陽線で少し戻しましたが、木曜日の陰線を埋めるところまでは全く届いていないのが現状です。
今週は、やや上値の重い動きを想定します。先週の安値を下回ってくるようであれば思い切って売りから入るのも一考だと思いますが、戻して上値を試すようであれば、もじもじした動きが見られると思いますので、積極的なトレードは見送りが賢明かもしれませんね。戻りを買うわけにもいかず、戻りを売るのも逆張りになりますので、戻り局面では真剣に相手をしない方がよいかもしれないな、という感じでしょうか。いずれにしても、ドル円からはやや遅れるようなイメージで見てみたいと思います。

■ ポンド/円 ボラティリティ高く、乱高下に巻き込まれないように注意・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。チャートの形状はユーロ円とよく似ていますが、そもそものスタート時点がユーロ円よりも4月下旬の安値に近かったこともあり、水曜日の陰線で早くも4月下旬の安値を下回ってきています。木曜日の陰線で実体線は長期の移動平均線を一気に割り込み、金曜日の陽線で戻したものの、3本の移動平均線の下側で週の取引を終えるのは3月中旬以来のことです。
今週は、ボリンジャーバンドの幅が一気に広がったこともあり、ややボラティリティの高い展開を予想します。先週木曜日の陰線と金曜日の陽線の組み合わせを見ても分かるように、上下とも一気に値を飛ばしやすい状況が続くのではないでしょうか。ただし、先週水曜日以降の取引価格帯が4月の安値を下回ってしまったことは買い方にとってショッキングな事実で、やや上値の重さが目立つ状況となるような気がします。

■ オージー/円 レベル感での安易な買いは報われないような気が・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線で一気に実体線が短期の移動平均線から下側に乖離する動きを見せ、水曜日の上ヒゲで明確に上値の重さを確認した後、木曜日の陰線で買い方が一気に投げる展開となりました。一方、金曜日は陽線で木曜日の下落の大半を取り返していて、急激にボラティリティの高まりを感じさせる展開となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週水曜日の上ヒゲの形成を見る限り、一気に上昇トレンドに回帰する可能性は高くないように思いますが、戻りを売ってしまうと持ち上げられるリスクも高そうですね。ボリンジャーバンドの幅がかなり拡大してきていますので、上下ともボラティリティの高まりには要注意と言えるのではないでしょうか。MACD線がゼロラインを割り込んでいることもあり、安易な買いは報われないような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。