読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 下値不安の大きな形状。売り先行スタンスを取りたい!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  オージー/円 下値不安の大きな形状。売り先行スタンスを取りたい! 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日の陽線で大きく戻しましたので、先週はやや上値追いの動きも期待されましたが、やはり話はそう簡単にいかず、先週火曜日以降は上値の重い展開が続きました。さらに、木曜日の陰線で先々週の金曜日の陽線のゲインをほとんど失う状況に陥ってしまい、金曜日も長い上ヒゲを伴って小陰線、結局、先々週の安値を終値ベースで下回っての越週となっています。
移動平均線は、3本とも下落しました、実体線の居場所は、先週の木曜日の陰線で完全に3本の移動平均線を下回ってしまい、しかも先々週の安値を終値ベースで下回ったことから、下側のリスクがかなり大きくなっている状況と言えそうです。MACDもゼロラインの下側をさらに下落する動きが継続していて、買い方にとっての支援材料はほとんど見当たりません。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。思い返せば7月6日の長い上ヒゲが今回の下落の起点となっており、まだ「相場は若い」という判断ができるかもしれません。結局、8日の陰線を先週は戻し切れずに安く引けているという点も、買い方にとって大きな重荷となっています。実体線が長期の移動平均線から乖離しつつあり、この点で自律反発の可能性はありますが、それに期待して買い先行スタンスを取ると痛い目に遭うような気がします。

f:id:okinawa-support:20210719072439j:plain




その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 宙ぶらりんの状態が続きそう・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。日足のチャートを見ると、週初は買われ週央は売られ週末に戻し、上下に右往左往している様子が見て取れますが、実は週間の値幅は1円にも満たない状況という点を忘れてはいけません。あまり動いていないにも関わらず動いていると勘違いしてマーケットに臨むと、「近視眼的」になってしまう可能性が高まりますね。
今週は、様子を見るよりないような気がします。上は中期の移動平均線、下は長期の移動平均線と、レジスタンス・サポートがしっかりチャート上に見えていますので、終値ベースで上下どちらか抜けた方に付いていくという方針でしっかりチャートを見ることが重要ではないでしょうか。実体線が短期の移動平均線を下回っているうちは下側のリスクが大きいような気がしますが、決め打ちは厳禁、柔軟に対応できるように構えておく必要があると思います。

■ ユーロ/円 やや上値の重い展開が続きそう・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた値幅は1円47銭ということでドル円よりは動きましたが、それでも大きく動いた印象はありません。また、週央の下落で先々週の安値を下回ってしまったことで、やや下側のリスクが大きくなっているように思います。先週金曜日は陽線で戻していますが、今後、やや上値の重い展開を想定しておく必要があるような気がします。
今週は、やや売り先行で臨みたい感じがしています。やはり、先週の火曜日以降、実体線が短期の移動平均線水準を上回ることができない時間帯が長く続いた点は、買い方に大きなプレッシャーを与えると考えるのが妥当ではないでしょうか。先週金曜日の陽線で戻してはいますが、まだコツンと来た感は全く感じられず、このままスルスルと戻すのは不自然だと考える方がよいと思います。

■ ポンド/円 このチャートでは、買うわけにはいかない・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日の陽線で実体線が中期・長期の移動平均線の狭間へ一気に戻したことから、上側のリスクも想定しておく必要があるかと思っていたのですが、意に反して先週火曜日以降、連続陰線が出現し、水曜日以降は実体線が短期の移動平均線水準を下回ってしまいました。
今週は、売り先行で臨みたい感じがしています。先週水曜日以降の陰線に上ヒゲが伴っている点は、買い方の上値志向を封じ込めるに十分な威力を有していると思います。先週は、週間を通じた上下の値幅が2円強ということでポンド円にしてはオトナシイ動きとなっていましたが、チャートは見た目以上に良くないと考えた方がよいと思います。安易な押し目買いは投げさせられる可能性が高いと考えた方がよいでしょう。

■ ユーロ/ドル 下げそうで下げないのかも・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。火曜日の陰線で先々週の安値を明確に下回ったことから下値不安の大きな形状と考えましたが、水曜日の陽線で何とか持ち直し、難を逃れています。ただし、週末にかけて再度下値追いの動きを見せ始めており、買い方にとってやや厳しい動きという評価ができそうです。
今週は、やや売り先行スタンスで臨んでみたい感じがします。やはり、実体線と移動平均線の位置関係を考えると、買い先行スタンスを取り得る状況とは言い難いと思いますし、先週水曜日の陽線もその後の動きで半分程度打ち消されている事実を鑑みると、下値リスクの大きさを感じないわけにはいきません。また、先週の安値割れは買い方が投げに転じるポイントだと思いますので、そこは追撃の売りポイントとなりそうです。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210719072502j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。