読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(米ドル/円)「日銀とFRB巡る動きがドル安・円高を後押し」ハロンズ FX 2023/2/4

f:id:gaitamesk:20210907122100p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2023年2月3日 14時00分

日銀とFRB巡る動きがドル安・円高を後押し

1月30日週の米ドル/円は失速

前半こそ129円前半で底堅さを保っていたものの、米FOMC(米連邦公開市場委員会)通過後に128.081円まで失速しました。FOMC後の会見でパウエルFRB議長が「継続的な利上げは適切」としながらも、「ディスインフレプロセスが始まった」との認識を明らかにしたことが、FRBのタカ派姿勢の後退観測につながったもようです。また、イベント通過で日銀の正副総裁人選へ投資家の視線が移ったことも、米ドル/円の上値を重くした可能性があります。(各レート水準は執筆時点のもの)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

f:id:guh202109:20220728184343p:plain
外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が、平日21時より配信するFXライブ番組

FX ライブ配信、ドル円ナイアガラ待ち?、FOMCレビュー「ドル売り続くか」、BoE/ECB Live (2023年2月2日)- YouTube

米10年債利回り一段と低下でドル安加速か

2月1日の米FOMCでは、「継続的利上げ」の文言を声明文に残したり、あと2回の0.25%利上げを協議中としたほか、当局が年内の利下げ見通しを持っていない点など、タカ派な部分は多かったように感じました。しかし、パウエル議長の「ディスインフレプロセスが始まった」との発言で、当局が利上げの累積効果確認の時期へ舵を切ったと受け止められ、市場のセンチメントをハト派に向けました。労働市場の引き締まりが残っているため、今後の状況によっては市場へのけん制が盛り返す局面があると思いつつも、FRBが市場の見方へ少し歩み寄りを見せたことで、米ドルの上値がこれまでより重くなった心象です。また、米10年債利回りのレベルも気になります。米国の逆イールド進行の流れは変わっておらず、米リセッションが懸念される状況です。米10年債利回りが、1月18日の3.37%を割り込みつつあり、さらに一段と低下するようなら米ドル下落に勢いが付きそうです。

米10年債利回りチャート

出所:外為どっとコム総研

これに対し円はまだ底堅さが残ります。未だ観測の域を出ていませんが、日銀の正副総裁人事を巡り各方面から報道が相次いでいます。誰が就任しても先行きの政策展開が見通せるまで時間が必要で選択肢が絞り込めないからこそ、思惑に振り回され易い状況と言え、2月10日前後とされる日銀の次期体制の国会同意人事案提示までは少なくとも、円高バイアスが続くでしょう。来週の米ドル/円は、人事案の提出で短期的なところでの材料出尽くしから円が売り直される場面も想定されますが、将来的な日銀の政策修正期待がなおも燻るほか、外部環境を踏まえると上値は重いままでしょう。

米ドル/円、50%ラインは通過点?

米ドル/円は、週足一目の雲上限(130.894円)に上値を抑えられ、雲の中央レベルへ引き戻されるなど、102.593円(2021年安値)~151.942円(2022年高値)の50%押し(127.268円)を窺う展開になっています。今度もこのレベルでサポートされる可能性はありますが、ローソク足の形状を眺めると単なる通過点で終わる危険もあります。最悪のケースを辿れば、直近安値(127.225円)からの上昇幅の倍返しとなる122.874円が意識されてくるかもしれません。昨年5月後半の押し目(126.355円)や、週足一目雲の下限(124.251円)で踏み止まれるかどうかがポイントになりそうです。

【米ドル/円チャート 週足】

USDJPYチャート

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:
USD/JPY:125.500-130.500

2/6 週のイベント:

2/7(火) - 米国 バイデン大統領、一般教書演説
2/7(火) 8:30 日本 12月全世帯家計調査・消費支出
2/7(火) 14:00 日本 12月景気先行指数(CI)・速報値
2/7(火) 14:00 日本 12月景気一致指数(CI)・速報値
2/7(火) 22:30 米国 12月貿易収支
2/7(火) 26:00 米国 パウエルFRB議長、発言
2/7(火) 28:00 米国 バーFRB理事、発言
2/8(水) 8:50 日本 12月国際収支・貿易収支
2/8(水) 14:00 日本 1月景気ウオッチャー調査
2/8(水) 23:15 米国 ウィリアムズNY連銀総裁、発言
2/8(水) 23:30 米国 クックFRB理事、発言
2/8(水) 24:00 米国 バーFRB理事、発言
2/8(水) 24:00 米国 12月卸売売上高
2/8(水) 26:30 米国 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、発言
2/8(水) 27:45 米国 ウォラーFRB理事、発言 
2/9(木) 8:50 日本 対外対内証券売買契約等の状況
2/9(木) 22:30 米国 新規失業保険申請件数
2/10(金) 8:50 日本 1月国内企業物価指数
2/10(金) 24:00 米国 2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
2/10(金) 26:30 米国 ウォラーFRB理事、発言
2/11(土) 06:00 米国 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、発言

一言コメント

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っています。ご興味のある方は、一度、こちらにアクセスしてみてください。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。