読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル ジリ高基調をたどるか・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル ジリ高基調をたどるか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。先々週の週末に実体線が高く引けたことを考えると、上値追いの動きが当然に予想されましたが、週初に上ヒゲを伴って陰線が出現し、やや調整色の強い形となりました。ただ、水曜日以降は連続陽線で跳ね返し、週末も小陰線ながら実体線が高い位置を保っての越週となっていて、引き続き上伸への期待を感じさせるチャート形成となっています。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は相変わらず短期の移動平均線の上側で推移する時間帯が長く、引き続き売り方の買い戻し意向の強まりを感じさせるものとなっています。ボリンジャーバンドの幅が狭まりボラティリティが若干低下していることも買い方を支援する材料として作用する可能性が高いかもしれません。MACDは高いレベルで横這い推移を継続していますが、これも特に売り方有利の材料とは言えません。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。チャート的に売りを示唆するものはありませんし、高値警戒感があるからと言って過度に弱気になる必要はないような気がします。長期の移動平均線もしっかりと上向き基調に舵取りを変えてきていて、長らく続いてきた下落トレンドに終止符が打たれたことがチャートからも見て取れます。ボラティリティの低下と相まって、ジリジリと上値追いの動きを実現するような気がします。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 対円で売るとしたらドル円なのだが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。先々週の終わりの流れを引き継ぎ、週初は下落の可能性が高いのではないかと思っていましたが、予想に反して陽線が出現、火曜日以降もそれなりに値を保った動きが続きました。ただ、大きく戻すにはほど遠い展開だったことを考えると、まだまだ下値不安が払拭されたとは言い難い状況が続くと考えてよいのではないでしょうか。
今週は、大きく戻さない限りは売りスタンスを先行させたいところです。5日の陽線がサポートになる可能性もありますが、その前に1日の陰線が頭を抑える可能性も高く、実体線が先週の高値を超えてくるようであれば話は別ですが、一方で先週金曜日の安値を下回ってくるような場面があれば、すかさず売りポジションを取りたい感じがしています。「戻らないのであれば売り」といった形で臨みたいところですね。

■ ユーロ/円 先週の高値を越えてくれば・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。ドル円と同様、先々週の週末の雰囲気を考えると週初から下値模索の動きが予想されましたが、月曜日の陽線で一気に下値不安を跳ね返し、火曜日以降もじわじわと値を上げる展開、上値志向を感じるところまではいきませんが、一方で、いったん下値不安を払拭する形での越週となっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。ドル円ほどの下値不安は感じませんが、かと言って上を追いかけるほどの勢いを今のところは感じない以上、様子を見るのが賢明ではないでしょうか。ただ、実体線が先週の高値を超えてくるようであれば雰囲気は一変します。そうなると、実体線も3本の移動平均線の上側に顔を出す形になりますし、MACDも上伸が見込まれることを考えると、上値志向の強い形が望めるかもしれません。

■ ポンド/円 意外に底堅い動き・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の週末に安く引けたことから下値不安の大きな週と思われましたが、月曜日の陽線を契機に意外に底堅い展開をたどりました。特に、水曜日以降は終値が3本の移動平均線水準を上回り、また、終値自体も上値追いの動きを演じ、週末も実体線が高いレベルを維持していますので、先々週末の下値不安はいったい何だったんだと言う形になっています。
今週は、少し買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。先々週から先週の動きを見ていると、実体線がレンジを大きく逸脱するような形の動きを予想するのは無理があるかもしれませんが、それにしても先週後半の実体線の底堅い動きを見ていると、大きな下落リスクはそれほど大きくないような気がします。逆に大きな陽線が出現した場合は、ひょっとすると買いポジションを利食うのではなく、買い乗せのチャンスかもしれませんね。

■ オージー/円 下値不安は払拭された・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の週末の雰囲気を考えると下値不安の要素ばかりが目につく週でしたが、週初から陽線の出現が続きました。水曜日までは上ヒゲを伴い上値抵抗も感じられましたが、木曜日の陽線で一気に火曜日の上ヒゲを上抜けし、金曜日も長い下ヒゲを伴って陽線で高く引けたということを考えると、下値不安はいったん払拭されたと考えてよいのではないでしょうか。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週の動きを見るにつけ、下値不安は払拭されたと考えてよいと思いますが、上は上で 先々週の取引価格帯が待ち受けていますし、下落傾向を継続する中期・長期の移動平均線もレジスタンスとしてしっかり機能することが予想されるからです。下側のリスクはあまり大きくないと思いますので、下落局面があっても見送り、戻せばボラティリティが落ちる展開が予想されますので、こちらもトレードアイディアという観点で言うと難しい展開になるような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。