FX/為替見通し「豪ドル/円の上値は重い?欧米の景気後退懸念が重しとなる」週刊為替レポート ハロンズ 豪ドル/円、NZドル/円 2022年09月24日

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

 

豪ドル/円の上値は重い?欧米の景気後退懸念が重しとなる

今週の振り返り

今週の豪ドル/円、NZドル/円はともに下落。豪ドル/円は95.91円前後で週初を迎え、中国四川省の成都市がロックダウンを解除したことも後押しとなり20日には一時96.50円台まで上値を伸ばしました。しかし、9月6日開催の豪準備銀行(RBA)理事会の議事要旨で、RBAが従来よりもタカ派色が後退している内容だったことや、世界的な経済減速懸念が重しとなりじりじりと上値を切り下げる展開となりました。他方でNZドル/円は85.50円前後で週初を迎えるも、目立った買い材料はなし。世界的な経済減速懸念を受けて、83円台後半まで下落しました。(共に9月22日執筆時)

豪州の消費意欲が悪化していると…

来週のオーストラリアの経済指標は9月28日(水)に豪8月小売売上高の発表が予定されているのみです。9月5日にメルボルンインスティテュートが発表した8月のインフレ指数は前月比-0.5%と豪州のインフレが鈍化していることを示唆しています(単月かもしれませんが…)。8月に歴史的な低下を記録したウエストパック消費者信頼感指数は9月に若干ですが回復しています。また、雇用も7月に大幅に減少(-4.09万人)した分の大半を8月には回復(+3.35万人)しています。これらの指標を見る限りでは豪8月小売売上高はポジティブな結果になると予想しています(市場予想は前月比+0.3%)。弱い結果となった場合は、豪経済の減速懸念が高まってきそうです。既に世界経済の減速懸念によるコモディティ価格の下落により、5月6月と記録的な額となっていた貿易黒字が7月には大きく黒字幅を縮めています。このほかにも、RBAによる大幅な利上げ、インフレの高止まりなど豪経済を減速させる要因は多くあります。豪小売売上高の結果には注目したいところです。

その他、29日には豪統計局が8月の有効求人を発表します。3カ月毎に発表される指標で、結果が即豪ドル相場に影響を与えることは考え辛いですが、7月の豪雇用統計で大幅に失業者数が増えた際に、「失業者より(5月の)求人が多い」との解釈から豪ドル売りに繋がりませんでした。今後の豪雇用統計を見る際に、この有効求人の大体の数字は覚えておいて損はないと思います(忘れても私が引っ張り出すので大丈夫です)。

欧米の景気減速懸念が強いと…

来週は豪州発の取引材料が少ないことから、今週に続いて米国、そして欧州経済の減速警戒感の増減が豪ドル相場を主導することとなりそうです。
米国においては、9月21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備制度理事会(FRB)がこれまでよりもタカ派的な姿勢を示しました。これにより米国の大幅な利上げペースが継続するとの思惑が強まっています。米国のインフレが高止まりしており、さらにFRBによる大幅な金利上昇が続くとの見通しから米経済が後退するとの懸念が強まっています。
欧州でもインフレは鈍化の兆しを見せておらず欧州中央銀行(ECB)もFRBと同じく大幅な利上げ(0.50%?0.75%?)を続けるとの思惑が根強いです。さらに、ウクライナ情勢の悪化からロシア産天然ガスの輸入には頼ることが出来ず、寒い冬を前にエネルギー価格が高騰してさらに景気を悪化させるとの懸念もあります。
来週は欧米の注目経済指標が数多く予定されています(特に米国が多い)。欧米経済が後退していると想起させるような結果となると、景気減速懸念が強まることで、資源需要の減退への思惑が強まり、資源価格は下落することとなります。そういったことから、資源国通貨でもある豪ドルは上値の重い状況が続きそうです。

テクニカル的には

豪ドル/円は9月14日に日足一目均衡表・転換線、21日には同・基準線を下抜けてしまいました。当面はこれらの線がレジスタンスとして意識されることとなりそうです。一方で下値は、8月3日安値と9月13日高値を繋いだフィボナッチリトレースメントの半値戻しが94.655円付近となります。この水準には週足の転換線も位置していますので、目先の下値目途となりそうです。その下の水準ではフィボナッチリトレースメントの61.8%戻しが93.68円前後にあり、93.60円台には日足雲も位置していることから意識される水準となりそうです。

【豪ドル/円 日足チャート・一目均衡表とフィボナッチリトレースメント(8/2~9/13)】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:
AUD/JPY:93.00-97.00、NZD/JPY:82.00-86.00

9/26 週のイベント:

09/26 (月) NZ 英女王メモリアルデーで祝日休場
09/28 (水) 10:30 豪 8月小売売上高(前月比)
09/29 (木) 09:00 NZ 9月ANZ企業信頼感
09/29 (木) 10:30 豪 8月有効求人
09/30 (金) 06:45 NZ 8月住宅建設許可件数(前月比)
09/30 (金) 10:30 中国 9月製造業購買担当者景気指数(PMI)
09/30 (金) 10:45 中国 9月Caixin製造業PMI

一言コメント:

先週は遅めの夏休みで1週間のお休みをいただきました!今回は車で三重県と静岡県に行ってきました。松阪牛や鰻など美味しいものをたくさん食べてきましたが、個人的には静岡で食べた茹で落花生が良かったです(お財布的にも)。帰り道に寄ったサービスエリアで生落花生買って家でも早速作っています!次はどこに行こう??

nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top