FX/為替見通し「豪ドル/円は年初来高値96.879円の更新なるか?力強い消費動向が見られるかがカギ!」週刊為替レポート ハロンズ 豪ドル/円、NZドル/円 2022年08月27日

週刊為替レポートハロンズ 豪ドルNZドル

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

 

豪ドル/円は年初来高値96.879円の更新なるか?力強い消費動向が見られるかがカギ!

今週の振り返り

今週の豪ドル/円、NZドル/円はともに独自の材料が少なく米ドル中心の動きとなりました。その米ドルも、8月26日に米ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演を控えて、FRBの姿勢を確認したいとの思惑が徐々に強まり、方向感のない動きとなりました。豪ドルやNZドルはユーロやポンドといった欧州通貨と比べると景気がしっかりしていることもあり、対米ドルで底堅い動きとなりました。豪ドル/円は93.96円で週初を迎え、25日には一時95.44円まで上値を伸ばすなど、下値を切り上げる展開になりました。NZドル/円は豪ドルのように上値を伸ばすことは出来ませんでしたが、底堅く推移。84円台後半での動きが中心となりました。

来週の豪州の注目経済指標は?

来週は29日に豪7月小売売上高が発表されます。市場では前月比+0.3%と消費は2022年最少の伸び率となった前月(+0.2%)から若干の改善を予想をしています。消費低迷の原因はインフレによる物価上昇と高金利。豪準備銀行(RBA)が上昇の止まらないインフレを抑制するために短期間で大幅な利上げを実施(4カ月で1.75%)しているからです。2022年の上半期、豪経済はインフレの高進にも関わらず力強い成長を続けてきました。しかし、その成長もRBAが利上げを開始した5月以降は陰りが見え始めています。RBAは他の主要国中央銀行同様に、インフレを抑えることを最大の目標としており、インフレ抑制と景気減速に陥らないこと両方を実現することはかなり難しいことだと述べています。インフレに減速の兆しはまだ確認できていないため、RBAは9月も0.50%利上げを継続すると思います。小売売上高の結果が予想を上振れていれば、RBAの利上げに豪経済はまだ耐えられるとの思惑から豪ドルは買われやすく、予想を下回りさらにマイナスとなっていると豪経済の減速懸念が強まることで豪ドルには相応の売り圧力がかかってきそうです。

中国の回復に陰り?製造業PMIに注目!

8月15日に発表された中国の7月小売売上高や7月鉱工業生産が予想を下回ったことで、世界経済鈍化の懸念が強まりました。来週は中国国家統計局の集計する8月製造業購買担当者景気指数(PMI)と民間会社が集計する8月Caixin製造業PMIの発表があります。中国南部の四川省や重慶市では60年に1度ともいわれる熱波に襲われている影響で、河川が干上がり、電力不足に陥っています。この影響で計画停電が実施され、工場の操業に遅れが生じています。長江の水位が低下したことで物流にも影響が出てきています。来週発表される2つの製造業PMIで中国の景気悪化が確認されれば、中国と交易関係が強く、資源国通貨の代表格である豪ドルには売り圧力がかかってきそうです。

テクニカル的には

豪ドル/円の下値は93円前後が強いサポートとなりそうです。理由は
①日足一目均衡表雲の基準線が93.11円(週後半は93円前後※高値更新がなければ)前後に位置してる
週足を見ると転換線(93.14円前後)も同じ水準
③8月15日の週安値(93.06円前後)もこの水準
④来週後半には日足雲下限が92.94円前後まで切り上がってくる
からです。雲下限は2月16日に上抜けて以来、強いサポートとして機能してきました(8月2日に一旦下抜けましたが終値ではキープ)。終値で下抜けるまではサポートとして意識されそうです。
一方で上値は執筆時点では引き続き7月高値の95.76円前後が目先の目途となりそうです。この水準を上抜けると6月8日高値の96.879円(年初来高値)、2015年1月高値98.12円前後を目指す動きとなるのではないでしょうか。

【豪ドル/円 日足チャート・一目均衡表】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:
AUD/JPY:93.00-98.00、NZD/JPY:83.00-87.00

8/29 週のイベント:

08/29 (月) 10:30 豪 7月小売売上高
08/30 (火) 10:30 豪 7月住宅建設許可件数
08/31 (水) 07:45 NZ 7月住宅建設許可件数
08/31 (水) 10:00 NZ 8月ANZ企業信頼感
08/31 (水) 10:30 中国 8月製造業購買担当者景気指数(PMI)
09/01 (木) 10:30 豪 4-6月期四半期民間設備投資
09/01 (木) 10:45 中国 8月Caixin製造業PMI

一言コメント:

先日、指導している少年・少女サッカーチームのOB・OG会をやり卒団生の中学1年生~大学2年生と一緒にサッカーをしてきました。年齢が私の半分以下の子達なので、私は審判かキーパーをやり、最後の10分くらいだけフィールドでもプレーしました。やっぱり楽しいですね。それだけでも、翌日から筋肉痛となりました。週1ペースでも出来れば良いダイエットとなりそうです。

nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top