読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 戻り切れないようなら売り参戦のチャンスあり?

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210712071233j:plain


■  オージー/円 戻り切れないようなら売り参戦のチャンスあり? 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。火曜日に上値追いの動きを見せた時、実体線が中期の移動平均線のみならず瞬間的に長期の移動平均線水準をも超えたことで、買いか? と思わせましたがそこから反落して陰線引け、そして木曜日にかけて大きな下落を演じるという、最近にしてはかなり大きな上下動となりました。しかも、金曜日は大陽線で戻し、買い方も売り方も大きく傷ついている状況が見て取れます。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線は水曜日の後半以降、3本の移動平均線の下側で推移、しかも3本の移動平均線が下向き基調ということで、下落トレンド入りの可能性を示唆する状況となっています。他の対円の通貨ペアのチャートと比較するとオージー円の戻りの鈍さが際立っており、売るならオージー円という構図が出来上がりつつあるように思います。
今週は、少し様子を見たい感じがしますが、先週火曜日・水曜日の長い上ヒゲの形成を見るにつけ、買いを選択する余地はほとんどないような気がします。とは言え、戻りを売ると持ち上げられる可能性が高いと思いますので、やはり、戻りきらないことを確認した上で下落途中を売り先行で臨むようなスタンスがよいと思います。上下決め打ちでポジションを持つのではなく、相場が動いている向きに素直な形でリスクテイクしたいところですね。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 先週金曜日の安値を切るのなら、売り参戦も・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日に陰線が出現して前日の陽線を包んだことで、やや上昇傾向に陰りを見せましたが、明確に買い方が投げたのは先週木曜日だったということがチャートからも見て取れます。久しぶりに実体線が中期の移動平均線を大きく割り込み、長期の移動平均線水準をも下回る瞬間がありました。金曜日には何とか値を戻していますが、買い方に与えた傷跡がやや大きくなっていますね。
今週は、少し様子を見るよりないような気がします。先週後半の下落でチャートが崩れてしまい、空中戦の様相を呈する可能性がある一方で、上値下値ともに堅い展開も予想され、「読みにくい」というのが正直なところです。ただし、実体線が先週の安値を窺うような展開になれば、再度下値懸念が湧き上がる可能性が高く、そういった局面があるようなら、売り先行スタンスで臨むべきと言えそうです。

■ ユーロ/円 上値の重さは明白だが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。火曜日に陰線が出現して実体線が中期の移動平均線を大きく割り込み、買い方の投げを誘う展開へ発展しました。木曜日は6月21日の下ヒゲ水準をも下回り、買い方がさらに投げ込んだものの、週末の金曜日には一転して陽線が出現し、水曜日の寄り付き近辺まで戻りを見せています。
今週は、強弱を論じる前に、スタンスを幅広に構える必要があると言えそうです。先週木曜日までの下落に対して金曜日の上昇をどのように解釈するかというのが非常に難しく、ひょっとすると上下に大きく振れる可能性を示唆していると思われるからです。ただ、急速に下落を続ける中期の移動平均線が上値を抑える役割を果たすことが予想されますので、戻りの限界を確認した後は売りスタンスで臨めるかもしれませんね。

■ ポンド/円 対円で買うのならポンド円だが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。火曜日の陰線で実体線が中期の移動平均線を終値ベースで下回るとともに6月下旬の安値を下回ったことで、やや下値不安が台頭、木曜日に陰線が出現して一気に6月21日の安値を下回ってきました。ただし、先週金曜日は陽線が出現し、終値ベースで実体線が中期の移動平均線水準を回復しています。下かと思えば下ではない、そんなに動きに翻弄された方も多かったかもしれませんね。
今週は、他の対円の通貨ペアと同様に、少し様子を見るよりないような気がします。先週金曜日の大陽線を見ると売りにくいのは売りにくいですが、かと言って実体線が中期の移動平均線をガンガン越えていくイメージも抱くことができないからです。上下とも広く構えるしかありませんが、上は先週火曜日の高値を超えてくれば買いといったイメージでしょうか。とにかく空中戦に巻き込まれないように、損切りは努めて早く執行すべき局面と考えます。

■ ユーロ/ドル 意外に下値は堅いのかも・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。対円の通貨ペアが上下に大きく動く一方で、ユーロドルは比較的落ち着いた動きを見せています。先週は、前半が下落、後半が上昇という形で、前半の動きを見る限り下落余地のやや大きな値動きかと思いましたが、後半の値動きを見る限り、下向きのパワーにも欠ける状況が見て取れます。MACDも上昇基調に舵取りを変えてきており、下を叩くのも無理がある状況なのかもしれません。
今週は、チャートの解釈が非常に難しいところですが、正直言って上も下も見通しが効きにくい状況ですので、短期のトレードをベースに考えた方がよいかもしれません。ただし、買いから入るには先週火曜日の高値を超えてから、売りから入るには先週金曜日の安値を下回ってから、といったような形で、ある程度のフィルターを設けておいた方がよいのではないでしょうか。ベースとなる相場観抜きに闇雲にトレードしても、良い結果に結びつかない可能性が高い相場のような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210712071251j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。