読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

週間テクニカル分析レポート 2020/02/10~2020/02/14

▼USD/JPY ゴールデンクロスを形成したものの、新型コロナウイルス関連のニュースに注意。横ばいか下落を予想。予想レンジは108.580~110.970
▼AUD/JPY 中国経済の影響を受けやすい豪ドル。新型コロナウイルス関連のニュースに注意。下落を予想。予想レンジは71.950~74.630
▼GBP/JPY 短期移動平均線に沿って横ばいを予想するも、新型コロナウイルスやEUとの通商交渉のニュースに注意。予想レンジは136.350~146.520
▼ZAR/JPY 新型コロナウイルスの影響で、対中依存度の高い南アのランドはさらなる下落を予想。予想レンジは7.050~7.510
▼TRY/JPY 新型コロナウイルスの感染拡大リスクとともに、依然としてトルコ経済の先行き不透明感や中東情勢悪化懸念などもあり、今週も下落を予想。予想レンジは17.890~18.510
▼MXN/JPY 短期移動平均線を上抜けるゴールデンクロス形成するも、新型コロナウイルスの拡大懸念もあり、横ばいか下落を予想。予想レンジは5.680~6.010

USD/JPY

USD/JPY 週足分析:新型コロナウイルス関連のニュースに注意。今週は下降トレンドラインにおされ、横ばいもしくは下落を予想。予想レンジは108.580~110.970

f:id:navimedia:20200210155138j:plain

・トランプ政権が発足してから長期的に下落基調
・2016年12月の高値から引ける下降トレンドラインがレジスタンスライン
・先週のドル円相場は、春節明けの中国株や人民元相場の下落が想定内だったこと、中国当局の金融政策を好感して上昇。米国の経済指標が良好だったこともあり、一転してリスクオン相場
・レジスタンスとなっている長期下降トレンドラインで、いったん押し戻されることを予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は108.58~110.97


USD/JPY 日足分析:今週は長期下降トレンドラインで上値を抑えられる展開か。新型コロナウイルス関連のニュースに注意

f:id:navimedia:20200210155147j:plain

・先週のドル円相場は上昇し、中期と短期移動平均線をゴールデンクロス。長期下降トレンドラインで押し戻される
・今週は横ばいもしくは下落を予想するも新型コロナウイルス関連のニュースに注意


USD/JPYサマリー

・ゴールデンクロスを形成したものの、新型コロナウイルス関連のニュースに注意。横ばいか下落を予想。予想レンジは108.580~110.970


AUD/JPY

AUD/JPY 週足分析:中国の景気に影響を受けやすい豪ドルは、新型コロナウイルス関連のニュースに要注意。下落を予想。予想レンジは71.950~74.630

f:id:navimedia:20200210155155j:plain

・中期移動平均線を一旦上抜けるが、その後デッドクロス。再度売りサイン点灯
・中国経済の影響を受けやすい豪ドルは新型コロナウイルス関連のニュースに要注意。下落を予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は71.95~74.63


AUD/JPY 日足分析:短期移動平均線が長期移動平均線に対してデッドクロス。今週は下落を予想

f:id:navimedia:20200210155205j:plain

・中国当局の金融政策や米国の好調な経済指標の影響を受けて週初は上昇
・ただ、新型コロナウイルスの中国経済への影響は今後も続くと予想され、今週の豪ドルは下落を予想


AUD/JPYサマリー

・中国経済の影響を受けやすい豪ドル。新型コロナウイルス関連のニュースに注意。下落を予想。予想レンジは71.950~74.630


GBP/JPY

GBP/JPY 週足分析:新型コロナウイルスやEUとの通商交渉のニュースに注意。横ばいを予想。予想レンジは136.350~146.520

f:id:navimedia:20200210172332j:plain

・中国当局の金融政策などによって上昇した他通貨とは異なり、EUとの通商交渉が難航すると思われるイギリスのポンドは下落
・EUとの通商交渉は今後も続くと思われ、上値は重い展開か。横ばいを予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は136.35~146.52


GBP/JPY 日足分析:中期移動平均線をサポートに横ばいを予想

f:id:navimedia:20200210172359j:plain

・先週のポンド円相場は短期移動平均線と、−2σラインで作るレンジ内を大きく上下しながら推移
・EUとの通商交渉が難航するとの見方もあり、上値が重い展開か


GBP/JPYサマリー

・短期移動平均線に沿って横ばいを予想するも、新型コロナウイルスやEUとの通商交渉のニュースに注意。予想レンジは136.350~146.520


ZAR/JPY

ZAR/JPY 週足分析:新型コロナウイルスの影響で、対中依存度の高い南アのランドはさらなる下落を予想。予想レンジは7.050~7.510

f:id:navimedia:20200210155256j:plain

・中期移動平均線をいったん上抜けるが、その後デッドクロス。再度売りサイン点灯
・中国経済の影響を受けやすい南アランドは、新型コロナウイルス関連のニュースに要注意。下落を予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は7.05~7.51


ZAR/JPY 日足分析:長期移動平均線を下抜けるデッドクロス形成。売りサイン点灯

f:id:navimedia:20200210155304j:plain

・中国当局の金融政策や米国の好調な経済指標の影響を受けて週初は上昇
・ただ、新型コロナウイルスの中国経済への影響は今後も続くと予想され、今週の南アランドは下落を予想


ZAR/JPYサマリー

・新型コロナウイルスの影響で、対中依存度の高い南アのランドはさらなる下落を予想。予想レンジは7.050~7.510


TRY/JPY

TRY/JPY 週足分析:新型コロナウイルスの感染拡大リスクとともに、依然としてトルコ経済の先行き不透明感や中東情勢悪化懸念などもあり、今週も下落を予想。予想レンジは17.890~18.510

f:id:navimedia:20200210155313j:plain

・春節明けの中国当局の金融政策によって、世界的にリスクオンムードの相場になり、トルコリラ円も上昇
・新型コロナウイルスの感染拡大リスクとともに、依然としてトルコ経済の先行き不透明感や中東情勢悪化懸念などもあり、今週も下落を予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は17.89~18.51


TRY/JPY 日足分析:中期移動平均線が長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

f:id:navimedia:20200210155322j:plain

・春節明けの中国当局の金融政策によって、世界的にリスクオンムードの相場になり、トルコリラ円も上昇
・今週は新型コロナウイルス拡大懸念もあり、横ばいもしくは下落を予想


TRY/JPYサマリー

・新型コロナウイルスの感染拡大リスクとともに、依然としてトルコ経済の先行き不透明感や中東情勢悪化懸念などもあり、今週も下落を予想。予想レンジは17.890~18.510


MXN/JPY

MXN/JPY 週足分析:短期移動平均線を上抜けるゴールデンクロス形成するも、新型コロナウイルスの拡大懸念もあり、横ばいか下落を予想。予想レンジは5.680~6.010

f:id:navimedia:20200210155330j:plain

・春節明けの中国株や人民元相場の下落が想定内だったこと、中国当局の金融政策を好感して上昇。米国の経済指標も良好だったこともあり一転してリスクオン相場
・短期移動平均線を上抜けるゴールデンクロス形成するも、新型コロナウイルスの拡大懸念もあり、横ばいか下落を予想
・予想レンジ(終値±週足のσ(26))は5.68~6.01


MXN/JPY 日足分析:新型コロナウイルスの感染拡大懸念もあり、今週は横ばいか下落を予想

f:id:navimedia:20200210155412j:plain

・春節明けの中国当局の金融政策によって、世界的にリスクオンムードの相場になり、メキシコペソ円も上昇
・今週は新型コロナウイルス拡大懸念もあり横ばいもしくは下落を予想


MXN/JPYサマリー

・短期移動平均線を上抜けるゴールデンクロス形成するも、新型コロナウイルスの拡大懸念もあり、横ばいか下落を予想。予想レンジは5.680~6.010