読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ポンド/円 対円の中で最も期待できそう・・・ 

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ポンド/円 対円の中で最も期待できそう・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初は堅調な動き、 火曜日の高値を境に下落基調に入った点もドル円・ユーロ円と同様です。ただ、金曜日の陽線の戻りが意外に大きいのがポンドの特徴ということで、ポンドという通貨に対する選好の度合いがやや強いことを物語っているのではないでしょうか。実体線の調整も中期の移動平均線には全く届かず、この点においてもポンドの強さが際立っていると言えそうですね。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は先週の週央の下落で短期の移動平均線水準を下回りましたが、金曜日の陽線で早くも短期の移動平均線水準を回復、上昇トレンドへの回帰の可能性を示唆しています。中期・長期の移動平均線の上昇ペースは未だ衰えを知らず、若干の過熱感を覚えさせる点は否定できませんが、今のところは上昇トレンドが崩れた感は見られません。
今週は、やはり買い選好スタンスで臨みたいところです。対円の通貨ペアの中で最も強いのがポンド円という状況、そしてチャート的にも売りを選択する余地がないことから、「買うのならポンド円」 という状況に変化はないものと考えます。ただ、ボリンジャーバンドの幅がやや広がり気味である点は注意が必要です。上手くポジショニングに成功し、評価益を持てたポジションを少し長く持ってみるという感じで対応するのがよいかもしれません。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 難しいとしか言いようが・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の引け味が良かったことから週初は買い先行で始まり、月曜日は高く引けました。ところが火曜日に月曜日の高値を更新したところから売られ始め、何と木曜日には134円台を割り込む始末、金曜日は陽線で戻して135円手前まで戻しましたが、何とも上下動の読みにくい動きになっているような気がします。上下の値幅はそこそこありますので、惜しいと言うか・・・
今週は、気持ち買い先行スタンスで臨みたいところです。ただし、先週火曜日以降の下落の勢いを見る限り、いきなり大きな戻りを期待するのは難しいのではないでしょうか。一方で、先週木曜日以降、上値・下値ともに切り上げていることを考えると、下落局面では買い戻しが入り、下げ渋りの様相を呈することが期待されます。近めに逆指値注文を入れながらコツコツ買いスタンスで上値追いを期待するようなイメージでしょうか。

■ ユーロ/円 下値の確認ができれば・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。ドル円と同様、先々週末の引け味が良かったことから週初は堅調な動き、月曜日は陽線で引けましたが 火曜日に月曜の高値を超えたところから陰線が出現、木曜日にかけて急落となりました。金曜日は陽線で戻していますが、さすがに一気に戻すエネルギーは持ち合わせていなかったようで、やや中途半端な形での越週となっています。
今週は、売り買いどちらという観点で言うと、やはり買いスタンスで臨みたいところではあります。ただ、先週火曜日以降の急落を目の当たりにすると安易に買い進みにくいという印象は否めません。実体線が中期の移動平均線水準で支えられるという前提で言えば、また、チャートが陰転しないという仮定を貫けるのであれば買えなくはないと思いますが、一方でMACDのデッドクロスが警戒感を煽っている状況も忘れてはいけないような気がします。

■ オージー/円 上下によく動くなぁ・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。何と言っても先週火曜日の長い上ヒゲ、そして水曜日の長い陰線、木曜日の長い下ヒゲ、金曜日の大きな陽線とチャート的にはツッコミどころ満載の動きとなっています。オージー円にしては珍しく週間の上下の値幅が3円を超え、上下動の動きが激しい週となりましたが、ボリンジャーバンドの幅はほとんど広がっておらず、買い方も売り方も頭を悩ませられた1週間と言えるのではないでしょうか。
今週は、とりあえず見送りが賢明かと思いますが、チャートの形状を見る限りにおいては売りを選択する余地は大きくなく、どちらかというと買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。やはり先週末に大きく戻して91円台で引けたということ、そして3本の移動平均線が上昇傾向を保つ中にあって実体線が3本の移動平均線の上側に位置していることは 買い方有利と評価せざるを得ないような気がします。

■ ユーロ/ドル 全然動かない・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。週間の上下の値幅も全く広がりを見せず、先週金曜日の四本値を見ても分かるように先々週末の四本値とほとんど差異がなく、値動きの小さな動きであったことが見て取れます。先週水曜日は終値ベースで戻り高値を越えて高く引けましたので、これは上値余地が大きいかと思いましたが、全く追随が見られなかった点は買い方にとって大きな失望を呼ぶ形となりました。
今週は、売り買いどちらという観点で言えば買い先行スタンスで臨みたい気がします。ただ、それはあくまで消極的な選択肢であって、実体線が比較的高い位置を維持していることのみがその相場観を裏付ける材料と言えそうです。一方で、MACDがじわじわと下落基調を描いている点は買い方にとって脅威以外のナニモノでもなく、直近の狭いレンジ取引を考慮に入れると、少しでも安く引けるとチャートの悪化を招きかねないという点は注意が必要と言えそうです。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。