読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル やっぱり売りでは・・・


今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル やっぱり売りでは・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、水曜日に安値を付ける展開でした。先週火曜日に若干上値追いの動きを見せましたがすぐに打ち消され、その後はあまり大きな動きを見せませんでした。1.02を中心に上下動を繰り返していると言ってしまえば実もフタもない話ですが、現実問題としてはそういった動きを繰り返しているという評価が妥当ではないでしょうか。
移動平均線は、短期が上昇する一方で中期・長期が下落しました。ただ、3本の移動平均線は1.02から1.04近辺に収束しつつあり、あまり大きな動きを見せていません。実体線も短期・中期の移動平均線に絡む動きを見せていて、方向感を明確に示しているわけではありません。
今週は、というよりも、今週も様子を見てみたい感じがします。ただし、実体線が先々週の安値を下回ってくるようだと、やはり下落トレンドへの回帰の可能性を彷彿とさせるのではないでしょうか。悠然と下落基調をたどる長期の移動平均線を見るにつけ、また、MACDがゼロラインの下側で推移していることを考えると、下値不安が再燃する可能性が高いのではないかという観点でチャートを読むのが得策なのではないかと思う次第です。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 戻すのかな・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初は実体線が長期の移動平均線を割り込む場面も見られましたが、火曜日の陽線で跳ね返し、それ以降は概ね長期の移動平均線の上側で推移しました。そして金曜日の陽線で先々週の下落局面を懸命に取り返す形となり、週末も高いレベルで越週となっています。とりあえず下値不安は払拭されたと考えてもよいかもしれませんね。
今週は、やや買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。もちろん、上側には先々週以前の取引価格帯が控えていますし、何よりも中期の移動平均線が強い抵抗帯としてワークすることが予想されます。一方、下側は下側で、先週後半の値動きを見る限り大きな値崩れは予想しにくいような気がするのです。上昇相場ではなく、戻り局面だと割り切った形であれば、買い先行スタンスを取れるのでは・・・という風に思います。

■ ユーロ/円 下値不安は小さいが・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ、週初は下落基調で始まりましたが、火曜日に長い下ヒゲを伴って陽線で切り返し、その後は順調に戻り歩調をたどっています。週を通じた上下の値幅は4円を超え、かなりダイナミックな動きとなっていますね。チャート的には、火曜日の下ヒゲの長さを見る限り、一応は下値不安を払拭した形と考えてよいのではないでしょうか。
今週は、難しいところですが、とりあえず買い先行スタンスで臨みたい感じがしています。もちろん、一本調子に上昇基調をたどるといったシナリオではなく、実体線が中期・長期の移動平均線にトライするような局面はあるのではないかというシナリオです。7月28日の陰線を一気に回復できるほどの反発力は伴っていないと考えるのが妥当でしょう。戻れば上値の重い展開が待ち受けているような気がします。

■ ポンド/円 跳ね返ってきたか・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。何と言っても目立つのは火曜日の長い下ヒゲですね。先々週の下落基調を受け継いだ形で出現した下ヒゲと考えてよいと思いますが、先週火曜日以降は161円割れを叩く向きは少なく、今後上昇基調に戻るとすれば、先週火曜日の長い下ヒゲがチャート上にアクセントして残りそうですね。また、先週木曜日の長い上ヒゲもかなり印象的ですが、こちらは金曜日の陽線の出現でかなり打ち消されていると考えるべきではないでしょうか。
今週は、やや買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。もちろん、中期の移動平均線水準に加えて164円から上方には、過去の取引価格帯がしっかり待ち構えていますので、先々週の高値を一気に越えていくようなシナリオは想定しにくいと思います。ただ、一方で先週火曜日の長い下ヒゲに敬意を払う必要は相当あると思いますので、下値不安の小ささに頼る形で上方向を見てもよいのではないか、そんな形で見ています。

■ オージー/円 中立スタンス・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。何と言っても目立つのは火曜日の長い長い下ヒゲということになりますでしょうか、それ以外は、水曜日以降に値を戻したこともあって、先々週の取引価帯に差し掛かるところまで値を戻す展開を見せていて、まるでナニゴトもなかったかのような展開になっています。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。もちろん、下は下で先週火曜日の下ヒゲが威力を発揮していますので下支えになるとは思いますが、上は上で先々週の取引価格帯が重くのしかかります。ボリンジャーバンドの幅に変化はなく、MACDも横ばい継続ということで、チャート上に上下のヒントを与えるものはあまりありません。 大きく動けば大きく動いたで、改めて相場観を組み立てればよいような気がしています。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。