読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX/為替予想「ドル/円クロス円の調整はゴールデンウイーク中までか?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

129.40円付近と20年ぶりの高値をつけたドル/円ですが、その後、高値圏で横ばい推移が続いております。
日本の財務省からは円安牽制と円安歓迎のコメントが発信されており、クイックなファンダメンタルズ情報に相場が右往左往させられている日々です。
明日は日銀金融政策決定会合ですが、黒田総裁の会見に注目が集まります。
いつも通り、継続的な量的緩和を持続といった内容であれば、市場は安堵感を持って、ドル/円やクロス円のロングになるかもしれません。
ただし、月末でもあり、日本は大型連休ですので、金曜日のロンドンフィキシングは大きくドル/円の売りが出る可能性があります。
そこで一旦天井が付き、ゴールデンウイーク中は大きな調整が入る可能性もあると考えます。
上下に大きく振らされて、大きく調整下落というパターンもあり得ますので、そろそろポジション管理には気をつけておきたいところです。

目次

▼ドル/円4時間足の押し目の目安
▼ユーロ/ドルはコロナショック以降の安値圏に挑戦中
▼ユーロ/ドル戻りの目安

ドル/円4時間足の押し目の目安

USD/JPY 4時間足

ドル/円4時間足分析から始めます。
こちらのフィボナッチは先週のコラム更新日に記載したままの状態です。
想定していた通り、高値圏は超えず、調整?局面に入りつつあるイメージです。
前回の上昇と下落にはフィボナッチ38.2%押しとなりましたが、今回もそのレベルでの調整幅は見ておく必要があると個人的には考えます。
トレンドが成熟して参りますと、相場というものは、ウェーブが荒くなってきますので、まだまだこれから乱高下が激しくなっていくでしょう。
今回は、直近の上昇に対して50%押しまではあるかもしれません。
先週と見通しは変わらず、126.30円付近を第一ターゲットに、125.35円付近までの押し目を想定しております。
125円まで我慢できたら前回の高値が引けるレジスタンス・サポートラインですので、その水準まで想定しておくと良いでしょう。
この調整がゴールデンウイーク中に到来しますと、ひろぴー的シナリオとして、再度強めに買いで仕込んでいく予定です。
もしも124円まで割り込む展開がある場合は、明らかに市場に別の大きな材料が投下されることになるので、損切りを予定しておりますが、125円までは上昇目線堅持でいきたいと思います。

ユーロ/ドルはコロナショック以降の安値圏に挑戦中

EUR/USD 週足

変わって、ユーロ/ドルの週足です。
この1週間は本当にドル独歩高です。ユーロ/ドルもあっという間に1.06台まで入ってきており、間も無くコロナショック時の最安値、1.0635付近を割り込もうという水準です。
ここを割り込みますと、2016年末につけた1.03台が視野に入ってきます。そしてパリティ(1.00)が意識されるでしょう。
ここ1週間、上海のロックダウンや北京のロックダウン報道に嫌気が指して株式市場も弱気相場入りをしている傾向もあり、個人的には特段悲観することもない一時的なリスクオフだと考えております。高インフレ経済に世界が突入してきていることもあり、マーケットは敏感なのでしょう。またリスクオフにも備えたドル買いの動きも出てきているように感じます。
つまり、どれをとってもドル買い相場になりやすいマーケット環境ではないでしょうか。

ユーロ/ドル戻りの目安

EUR/USD 4時間足

前述の想定から、ユーロ/ドル4時間足で戻り売りを狙っていきたいと考えております。
目安としては戻ったところのレジスタンスラインが一つのポイントとなるでしょう。
1.0750をバックに売り戦略を考えるトレーダーは多いと考えます。
アクティブにいくなら1.0700手前からでしょうか?
1.07を割り込んでから間も無く24時間が経過しようとしておりますが、反発も乏しく、買いをいれるプレイヤーが極めて少ない印象です。
戻ることすらしておりませんので、断続的な売りが入ってきているのでしょう。
ここから1.03まで、ドル/円と同じくマーケットが薄くなっていくと想定されます。さらに1.03を割り込みますと、2002年12月以来の安値圏となり、ドル円同様に20年ぶりの安値圏に突入します。
想定外の急落は起こりやすいかもしれませんので、くれぐれも注意が必要でしょう。
ゴールデンウイークは調整狙いを想定しておりますが、中期的にはまだドル買い相場が続きそうな印象です。


【ひろぴー氏出演動画】


【インタビュー】

f:id:gaitamesk:20191224173146p:plain
「初心者から上級者まで相場観が一致したときが一番危険」(前編)

<もくじ>
・幼稚園児 投資に目覚める
・どこか引っかかる感じを大切に
・個人投資家におすすめ書籍と読む時期

 

f:id:gaitamesk:20191224173226p:plain

「低勝率型こそ1憶円への近道」(中編)
<もくじ>
・勝率は低いほうがいい
・その失敗が糧となる!?
・他の金融商品も考え方は一緒
・日銀緩和のときに活きた投資の勉強
・決済はむずかしい
・低レバレッジでリスクを抑える

 

f:id:gaitamesk:20191224173242p:plain

「はじめて話す 外為注文情報 活用法」(後編)
<もくじ>
・損切り注文の功罪
・シグナル、逆シグナル
・検証の果てに
・ローソク足は基本どおり見る
・外為注文情報の活用
・レポートの勧め


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。