読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな下落を演じる可能性が高いか・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20220418070816j:plain


■  ユーロ/ドル 緩やかな下落を演じる可能性が高いか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週までの流れを受け継ぎ、先週も概ね下落基調での推移が続きました。水曜日に陽線で戻したものの木曜日に再度下押しし、金曜日も陰線で終値ベースの安値を更新していますので、トレンドとしては下を向いているという判断に変わりはありません。
移動平均線は、3本とも下落しました。実体線が短期の移動平均線の下側で推移する時間帯が長い状況に変わりはなく、MACDも下落基調が続いていますので、売りスタンス継続ということでよいかとは思います。ただ、MACDが若干ダイバージェンシーを形成している点は注意が必要で、売るにしてもロットを抑える、あるいは下がったところはしっかりと買い戻すと言ったオペレーションが望まれそうですね。
今週は、と言うよりも、今週も、引き続き売りスタンスを継続させたい感じがしています。先週木曜日に先週水曜日の高値を超える水準までいったん戻しましたが、結局陰線の出現で下値を試す展開に戻されており、まだ底打ちから一気に反転攻勢に転じるような気配をチャートから感じ取ることはできません。先週木曜日の下値を割り込むか、あるいは高値を取りに来るか、ここがポイントになるような気がします。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 上伸基調にカゲリなし、か・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の金曜日に終値ベースで3月28日の高値を超えてきていましたので先週は上伸が予想されるところでしたが、月曜日の陽線の出現で3月28日の高値を完全には上抜けしてしまい、先週についても終始売り方の買い戻しが優勢なまま越週となっています。とにかく陰線の出現が見られないのが今回の上昇トレンドの大きな特徴となっています。
今週は、というよりも、今週も買い先行で臨まざるを得ませんが、押し目買いと称して下がったところを買うのはあまりオススメができません。もちろん、売り方の買い戻しが入って下げ止まり、そこからさらに上昇トレンドに回帰するというシナリオは描けなくはないわけですが、これだけ実体線と長期の移動平均線との乖離が広がってしまい、買い安心感が蔓延している中にあって値段が下がったところを買うのは、実は相当なリスクを抱えているという点を忘れてはいけないと思います。

■ ユーロ/円 ドル円から大きく遅れて上伸・・・ 
先週は、月曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。順調に上昇トレンドを消化しつつあるドル円と比較すると、ユーロ円の値動きにはどうしても不満が残るところではありますが、何とか円安方向へ向かおうとする「気力」のようなものを感じさせるチャート形成になっています。また、始値・高値・安値・終値がいずれも先々週の終値よりも上昇していて、この点は買い方にとってプラス材料と言えるでしょう。
今週は、チャートの形状からすると買いを選択せざるを得ないところではありますが、やはり対円で買いを選択すべき局面においては、ユーロ円の買いよりもドル円の買いを選択した方がパフォーマンスが高いという予想に変化はありません。直近の相場でユーロのパフォーマンスが継続的に、また圧倒的に低いという点を考えると、どちらかと言うと将来的に対円で下落局面に転じた際にユーロ売りを選択するのがベストという形になるかもしれませんね。

■ ポンド/円 ドル円と同じような動きが続くか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の陽線で終値ベースの高値を更新、水曜日の陽線で3月28日の上ヒゲを完全に捉え、金曜日の陽線で終値ベースの戻り高値を更新しました。先週末も高い位置での越週となっていて、上昇トレンドの継続を強く示唆するチャート形成となっています。
今週は、と言うよりも、今週も買い先行で臨まざるを得ないところだと思います。先週は月曜・水曜・金曜日に高値を更新しており、ある程度の時間軸を持って高値を更新し続ける以上、売りスタンスをとるのは論外と言った地合いが続くのではないでしょうか。特に、先週月曜・水曜の陽線の胴体部分の大きさを見ると、将来的にここを下回ってこない限りは売りスタンスに転じるわけにはいかないなぁという印象を強く持ちました。

■ オージー/円 徐々に上値の重さが目に付き始めたか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。堅調は堅調なのですが、やはり同じ対円の通貨ペアでもドル円と比較すると、その上伸の勢いの無さは明確で、どちらかと言うと上値の重ささえ感じさせるチャート形成になっています。特に先週金曜日、上値追いの動きを見せたものの先週水曜日の高値を超えることができず、可愛らしい上ヒゲを残して越週となっている点は、買い方に対して若干気味悪い印象も与えています。
今週は、買いは買いながらも、やや警戒感をもって臨みたい感じがしています。先週の動きを見るにつけ、上下の値幅が1円34銭ということで、上伸の勢いに陰りが見えつつあることに加え、先々週の高値にトライすることができなかった点もややマイナス要因と考えてよいのではないでしょうか。大きな下落に発展する可能性は低いかもしれませんが、中期の移動平均線も迫りつつあり、もみ合い相場へ転じる可能性も出てきているような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20220418070926j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。