読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル/円 急伸で読みにくいが、売りを選択する余地はないか・・・

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210927072219j:plain


■  ドル/円 急伸で読みにくいが、売りを選択する余地はないか・・・ 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線は揉み合い相場への回帰と解釈ができますし、木曜日の陽線も水曜日の陽線の勢いを継続したと考えれば納得が行きますが、何と言っても金曜日の陽線だけは理解するのがなかなか難しいと思います。納得がいかない人が大勢売りから入って、全員で買い上げた結果がこの陽線なのかもしれませんね。いずれにしても、8月・9月の戻り高値を一気に奪還した点については、目を見張ると言うよりありません。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線の勢いがあまりにも強く、移動平均線の反応は全く追いついていませんが、短期・中期の移動平均線はゴールデンクロス寸前となっています。また、MACDはゴールデンクロスから上伸を続け、MACD線がゼロラインを突破してきています。ボリンジャーバンドの幅もさすがに広がり始め、やや動意を見せ始めていますね。
今週は、あまりにも難しいところですが、売り買いで言うと買いから入るのが賢明かと思います。超逆張りで売りから入った場合には、極力早めに買い戻す必要があるのではないでしょうか。永らく続いた揉み合いのレンジを上抜けてきていますので相場観が対立しやすい状況、空中戦の様相を呈する可能性も低くはないと思います。相場の動きに誘われて感情的にトレードすることのないよう、自制することが大事になってくるような気がします。


その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 買うならドル円が優先? 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。水曜日の陽線はともかく、木曜日の大陽線で売り方を粉砕、金曜日もショートカバーが残り連続陽線で続伸、実体線は一気に中期の移動平均線を越えてきました。上方には長期の移動平均線が控えているとは言え、底入れ気配は濃厚、下落リスクは相当小さなものとなっていると言わざるを得ません。
今週は、難しいところですが、先週後半の実体線の急伸に敬意を表して、やはり買い先行スタンスで臨まざるを得ないどころでしょうか。ただ、対円で買いで入るのであれば、チャートの改善が目覚ましいドル円の方が望ましいかもしれませんね。ユーロという通貨を独自に買う要因があれば話は別だと思いますが、ユーロ円は上方に長期の移動平均線が控えていることもあり、戻れば戻っただけ上値の重さを感じさせられる可能性がありそうです。

■ ポンド/円 買いは買いながら短期勝負が賢明か・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。チャートの形状はユーロ円とほぼ同様、木曜日の大陽線で売り方が完全に買い戻しを余儀なくさせられてしまった様子がチャートからも見て取れます。金曜日も小陽線で続伸、実体線は中期の移動平均線水準を超えてきました。上昇トレンド入りしたという判断までは至りませんが、ひとまず下落リスクの懸念は大きく去ったと言ってよいと思います。
今週は、ユーロ円と同様、難しい・・・としか言いようがないのですが、リスクテイクの方針としては買いを選択するよりない状況だと思います。MACDもゼロラインの下側でくすぶっていますが、やはり先週木曜日の大陽線の出現を見せつけられてしまうと、売りを選択する道理はないと思います。一方で、上側には長期の移動平均線が控えていて、ここを突っ切るようなパワーはないようにも思います。買いも短期勝負といったところでしょうか。

■ オージー/円 他の対円の通貨ペアから遅れる展開? 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。他の対円の通貨ペアと同様に木曜日に大陽線が出現して大きく戻す展開となっています。ただし、オージー円は他の対円の通貨ペアとは異なり、金曜日は続伸というわけにはいかず、やや上値の重い状況が見て取れます。実体線の居場所は中期の移動平均線水準をわずかに回復することができず、この点でも上値の重さがやや顕著なものとなっています。
今週は、様子を見るのが賢明ではないでしょうか。先週戻したとは言え、他の対円の通貨ペアと比較すると上値の重さが目立つ状況は明らかですし、このチャートの形状で下向きの動きを期待するのも、かなり無理があると思うのですよね。オージーという通貨に対する独自の選好が働けば話は別ですが、先週の状況を見る限りそういう雰囲気はありません。ゆったりとチャートを観察して、特徴的な動きを見つけるのが先決のような気がします。

■ ユーロ/ドル 売られるのなら追いかけたいが・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はわずか73pipsということで、小動きの状態が続いていると言えそうです。実体線は3本の移動平均線の下側で推移する時間帯が長く、下押しを予想する向きが多い状況だと思うのですが、そのことが影響しているのかどうなのか、先週の木曜日のように不意に巻き返しが起きる状況を見ると、方向感という点では明確に感じ取ることはできないと判断するべきなのかもしれません。
今週は、先週木曜日に出現した陽線を脅かすような局面があれば売りから入るべきではないでしょうか。実体線が中期・長期の移動平均線の下側で恒常的に推移している点は買い方にとって重石になっている可能性が高く、下向きのプレッシャーに対してはやや弱さを見せる可能性があると思うのです。逆に、先週のトレードレンジを上抜けしてくるようであれば、上値・下値ともに堅く、ボラティリティがいっそう落ちるような動きになるような気がします。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210927072306j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。