読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX「中国恒大集団の懸念後退での円売り、ポンドは英中銀の早期利上げ観測でポンドが高い」

 

f:id:gaitamesk:20210907121925p:plain

おはようございます。ランニングコースの中に霊園がありますが、お彼岸の中日だけにお墓参りの方も多かったです。都市部ではビルの中、最近ではインターネット上での墓参りというのもあるようですので時代も変わりましたね。私は樹木葬を希望しているので、墓は不要と考えています。

f:id:guh202109:20210924084057p:plain

 

■主要通貨ペアの前日の動き

主要通貨の変動幅
出典:上田ハーローFXの提示レート(Bid)をもとに作成

■三極通貨(ドル、ユーロ、円)

ドル円が109.75円、ユーロ円が128.26円、ユーロドルが1.1683ドルでオープン。本邦が春分の日で休場となる中、海外市場からの円売りの流れを引き継いだこと、休場明けの香港株式市場が堅調推移となったことなどから、ロンドン時間序盤にはドル円が109.98円、ユーロ円が129.04円、ユーロドルが1.1732ドルまで上昇しました。ドイツやユーロ圏などのPMIが市場予想より下振れしていたことはあまり材料視されませんでした。ロンドン時間は「中国当局は中国恒大集団の破綻に備えるよう地方政府に指示した」との一部報道を受けてのリスク回避にドル円が109.75円、ユーロ円が128.56円、ユーロドルが1.1711ドルまで下落しましたが、NY時間には米FOMCの想定内の通過や中国恒大集団への懸念の後退からリスク志向の円売り、ドル売りにドル円は110.34円、ユーロ円は129.52円まで上げ幅を拡大、ユーロドルは1.1750ドル手前まで上昇したものの、この付近では上が重くなりました。
クローズ:ドル円 110.30円 /ユーロ円 129.47円 /ユーロドル 1.1736ドル。

■他通貨

ポンド円が149.48円、ポンドドルが1.3616ドルでオープン。市場のリスク志向心理が先行、ポンドもロンドン時間序盤までは堅調地合いとなり、150.39円、1.3683ドルまで上昇、「中国当局は中国恒大集団の破綻に備えるよう地方政府に指示した」との一部報道に小幅売られる場面がありましたが、英中銀(BoE)金融政策委員会で資産購入縮小への投票が1票増えて7対2となったことで、英の利上げ前倒し観測からポンド買いが優勢となり、NY時間午後には151.46円、1.3749ドルまで上昇しましたが、ポンドドルは1.3720ドル付近まで上げ幅を縮小しました。
クローズ: ポンド円151.31円 /ポンドドルが1.3715ドル

豪ドル円が79.54円、豪ドル米ドルが0.7244ドルでオープン。アジア時間午前は模様眺めが強く、豪ドル円は79.40-55円付近、豪ドル米ドルは0.7220-40ドル付近の推移となりました。休場明けの香港株価が上昇すると、リスク志向の動きに19時過ぎに80.18円、0.7290ドルまで上昇しました。しかし、「中国当局は中国恒大集団の破綻に備えるよう地方政府に指示した」との一部報道に79.71円、0.7261ドルまで上げ幅を縮小、その後はNYダウの大幅上昇などもあり、NY時間午後には80.58円、0.7315ドルまで上げ幅を拡大しました。
クローズ:豪ドル円80.47円 /豪ドル米ドル0.7293ドル。

■前日の主な指標結果と発言

・フランス 9月企業景況感指数: 111 (予想 110)
・フランス 9月製造業PMI速報値: 55.2 (予想 57.0)
・フランス 9月サービス部門PMI速報値: 56.0 (予想 56.0)
・スイス国立銀行(SNB)3か月物銀行間取引金利誘導目標: -0.75% (予想 -0.75%)
・スイス国立銀行(SNB)声明:引き続き為替介入する意欲がある。スイスフランは引き続き高く評価されている。2021年のGDPは3%前後を予想。インフレ見通しは2021年が+0.5%、2022年が+0.7%、2023年が+0.6%。
・ジョーダン・スイス国立銀行(SNB)総裁:主だった中央銀行が金融の正常化に動けば、世界経済とスイス中銀にも良い兆候となる。いまだにスイスフランは非常に高く、インフレ率は非常に低いことで、拡張的な金融政策を変更する要因はない。
・ドイツ 9月製造業PMI速報値: 58.5 (予想 61.5)
・ドイツ 9月サービス部門PMI速報値: 56.0 (予想 60.2)
・ユーロ圏 9月製造業PMI速報値: 58.7 (予想 60.3)
・ユーロ圏 9月サービス部門PMI速報値: 56.3 (予想 58.5)
・ノルウェー中銀(Norges Bank)政策金利: 0.25% (予想 0.25%)
・ノルウェー中銀(Norges Bank)声明:政策金利は12月にさらに引き上げられる可能性が高い。経済の正常化が政策金利の段階的な正常化を開始することが適切であることを示唆。経済活動はパンデミック前の水準よりも高い。ワクチン接種率が高いため、コロナ関連の制限の必要性は減少。景気の回復は秋まで続くと予想。インフレが高くなりすぎるリスクは限定的であると判断。政策金利予測は、今後数年間で徐々に金利が上昇することを示唆。
・英国 9月製造業PMI速報値: 56.3 (予想 59.0)
・英国 9月サービス部門PMI速報値: 54.6 (予想 55.0)
・エルダーソンECB専務理事講演: (前回 )
・英中銀(BoE)金利発表: 0.10% (予想 0.10%)
・英中銀資産買取プログラム(ポンド): 8950億 (予想 8950億)
・英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨: (前回 )
・トルコ中銀(TCMB)政策金利: 18.00% (予想 19.00%)
・トルコ中銀(TCMB)声明:国内経済活動が第3四半期も引き続き堅調であることを示している。最近のインフレ率の上昇は一時的な要因によるものと評価。金融引き締めが信用や内需に与える影響は鈍化。金融政策スタンスの見直しが必要であると判断し、政策金利の引き下げを決定。インフレの恒久的な低下を示し、物価安定の主要な目的を追求して中期的な5%の目標が達成されるまで、利用可能なすべての手段を講じる。
・カナダ 7月小売売上高 m/m: -0.6% (予想 -1.2%)
・カナダ 7月小売売上高(除自動車) m/m: -1.0% (予想 -1.5%)
・米国 新規失業保険申請件数: 35.1万件 (予想 32.0万件)
・米国 失業保険継続受給者数: 284.5万人 (予想 265.0万人)
・南ア準備銀行(SARB)政策金利: 3.50% (予想 3.50%)
・クガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB)総裁:弱い雇用が家計支出を遅らせている。財政状況は改善し、財政リスクは緩和された。2021年のGDP予想5.3%(前回4.2%)と予測。2022年のGDP予想1.7%(前回2.3%)と予測。2021年の消費者物価指数(CPI)は平均で4.4%と予測(前回4.3%)。2022年のCPIは平均で4.2%と予測(前回4.2%)。2021年のコアCPIは平均で3.0%と予測(前回2.9%)。2022年のコアCPIは平均で3.8%と予測(前回3.7%)。経済と財政は不安定な状況が続く。据え置きは全会一致で決定。政策は引き続き経済指標次第。
・米国 9月製造業PMI速報値: 60.5 (予想 61.5)
・米国 9月サービス部門PMI速報値: 54.4 (予想 55.0)
・米国 9月総合PMI速報値: 54.5 (前回 55.4)
・米国 8月景気先行指標総合指数 m/m: 0.9% (予想 0.7%)
※m/m = 前月比、q/q = 前期比、y/y = 前年比

■為替

通貨ペア 引値 前日比 前日比(%)
USD/JPY 110.296 0.547 0.50%
EUR/JPY 129.467 1.220 0.95%
GBP/JPY 151.312 1.864 1.25%
AUD/JPY 80.466 0.893 1.12%
NZD/JPY 77.948 1.120 1.46%
EUR/USD 1.17357 0.00520 0.45%
GBP/USD 1.37153 0.01023 0.75%
AUD/USD 0.72926 0.00430 0.59%
NZD/USD 0.70643 0.00639 0.91%

source: uedaharlowfx

 

■三極(ドル、ユーロ、円)の1時間足

三極通貨の1時間足
source:uedaharlowfx UHChart
※チャート、文中およびクローズの為替レートは上田ハーローFXでの提示レート(Bid)です。

 

■株価

Index 引値 前日比
日経225 29,639.40 --
TOPIX 2,043.55 --
CSI300(中国) 4,853.20 31.43
FTSE100(英) 7,078.35 -5.02
DAX(独) 15,643.97 137.23
NYダウ(米) 34,764.82 506.50
S&P500(米) 4,448.98 53.34
NASDAQ(米) 15,052.25 155.40

 

■金利

Country 利回り 前日比
米10年債 1.430 0.130
日本10年債 0.035 --
英10年債 0.907 0.108
独10年債 -0.258 0.066

 

■コモディティ価格

Commodities 引値 前日比
NY金(期近) 1,749.80 -29.00
NY原油(期近) 73.30 1.07

source: bloomberg.co.jp (株価、金利、コモディティ価格)

 

■本日の指標発表予定

重要度高07:45 NZ 8月貿易収支(NZドル)
重要度低08:01 英国 9月GFK消費者信頼感調査
重要度高08:30 日本 8月全国消費者物価指数(CPI) y/y
重要度高08:30 日本 8月全国消費者物価指数(除生鮮食料品) y/y
重要度高08:30 日本 8月全国消費者物価指数(除生鮮食料品・エネルギー) y/y
重要度高17:00 ドイツ 9月IFO企業景況感指数
重要度低20:50 エルダーソンECB専務理事講演
重要度低21:45 メスター米クリーブランド連銀総裁講演
重要度低22:15 レーンECB専務理事兼主任エコノミスト講演
重要度高23:00 米国 8月新築住宅販売件数年率換算件数
重要度高23:00 パウエル米FRB議長、クラリダFRB副議長、ボウマンFRB理事イベントに参加
重要度低23:00 テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員講演
重要度低23:05 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁講演
重要度低01:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁講演

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。