読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

オージー/円 戻りの鈍さを考えると下落リスクが大きいか?

f:id:okinawa-support:20210802072733p:plain


今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20210802072722j:plain


■  オージー/円 戻りの鈍さを考えると下落リスクが大きいか? 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の長い下ヒゲで何とか下値不安の払拭に成功したかと思いきや、火曜日の陰線で前日の下ヒゲを完全にカバーしてしまいました。その後も戻りは着実に頭を抑えられ、週末にかけて週間の安値をつける展開となり、やや下値不安の大きな形での越週となっています。
移動平均線は、中期・長期の下落が目立ちます。実体線の居場所は3本の移動平均線の下側、しかも実体線は中期の移動平均線水準すら回復することができず、買い方の断続的な投げが続いていると考えてよいと思います。ボリンジャーバンドの幅は全く広がりを見せていませんが、買い方にとって厳しい状況と言えそうですね。
今週は、売り先行スタンスで臨みたいところです。チャート的に買いを示唆するものはほとんど見当たらず、先週火曜日の陰線水準を実体線が回復するまでは基本的に売りスタンス継続ということでよいのではないでしょうか。大きく下がれば売り方の買い戻しも期待できるところですが、適度に戻しつつ下落を繰り返すようであれば買い方も投げるチャンスを失い、売り方の思うツボという展開が待ち構えているような気がします。

その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 売られそうで売られないが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。やや上値志向の強い形で越週した先々週の終わりの雰囲気はどこへやら、週を通じて軟調な展開が続きました。また、先週火曜日の陰線に続き水曜日の長い上ヒゲは下値志向の強まりを感じさせましたが、金曜日は陽線で戻しており、何とも中途半端な形での越週となっています。
今週は、上下どちらかと言うと売り先行で臨んでみたい感じがしています。先週の値動きを見ても分かるように、小動きの中にあっても上値の重さは明確、しかも短期・中期の移動平均線が下落傾向にある以上、実体線はこの両線に頭を抑えられる展開が続くように思うのです。実体線が長期の移動平均線の下側で推移する時間帯が長くなればなるほど、買い方の投げを誘う動きが見られやすいような気がします。

■ ユーロ/円 下は堅いが上も重いゾ・・・ 
先週は、火曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。同じ対円の通貨ペアとはいえ、ドル円と全く違うチャート形成になっていることが大きな特徴と言えそうですね。実体線が中期・長期の移動平均線の下側での推移を余儀なくされる中、下値不安を何とか払拭しようと戻りを試している状況が続いています。しかし、先週木曜日・金曜日は上ヒゲで跳ね返されており、やはりまだ大きく戻すには時期尚早なのかもしれません。
今週は、とりあえず様子を見てみたい感じがします。先週木曜日・金曜日の上ヒゲを捉えたとしても、さらに上側には長期の移動平均線が待ち構えており、急激な戻りを実現するのは無理があると思います。一方、下側についても、実体線が勢いよく先週火曜日の安値を下回ってこない限りは、一方的な大きな下落への誘導は想定しにくいと思うのです。少しスタンスを幅広に取って、下側へ動くようなら参戦も、という感じで見るのがよいような気がします。

■ ポンド/円 長期の移動平均線水準を越えられれば・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、木曜日に高値を付ける展開でした。チャートの形状としてはユーロ円と同様ですが、ユーロ円よりもポンド円の戻りがかなり大きくなっているのが特徴的ですね。週間を通じた上下の値幅は2円強ということで、ポンド円にしてはそれほど大きな動きにはなっていませんが、月曜日・火曜日の下ヒゲあるいは木曜日・金曜日の上ヒゲを除くと、本当に小さな値動きに終始していたということが分かります。
今週は、条件付きで買い方向で見てみたい感じがしています。もちろん、その条件は先週木曜日の上ヒゲを越えてくることです。7月21日以降の戻りを見る限り、実体線が突然大きな下落に見舞われるリスクは小さいと思いますし、先週木曜日の上ヒゲを超えてくるようであれば、それは同時に実体線が長期の移動平均線の上方へ顔を出すことを意味しています。安定的に上昇トレンドを継続させる動きへ発展する可能性もあるような気がします。

■ ユーロ/ドル 前日の高値越えの場面のみ、短期的に買えるかも! 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。先々週の引け味を考えると週初は下値不安の大きさを感じざるを得ないところでしたが、週初から陽線の出現が続き、意外高を演じています。月曜日の陽線はともかくとして、火曜日・水曜日に連続して出現した下ヒゲが売り方の脅威を誘い、買い戻しに走らせたような気がします。
今週は、前日の高値越え条件として短期的に買いスタンスで臨んでみたいな感じがしています。下側のリスクが減退したことは間違いないとしても、6月下旬のトレードレンジに差し掛かりつつありますので戻り売り圧力が当然予想されるところ、しかも買われれば買われるほど長期の移動平均線が気になってきますので、買いポジションを長く持ち続けるような地合いからは遠いように思います。あくまで短期勝負で臨みたい感じがしています。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20210802072754j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。