読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

最悪の事態の把握で落ち着く。強い株価はランドも引き上げた

f:id:okinawa-support:20210802074324p:plain



総括

最悪の事態の把握で落ち着く。強い株価はランドも引き上げた

通貨4位、株価8位
予想レンジ 南アランド円 7.2-7.7


(ポイント)  
*7月は世界の株価指数で南ア最強
*7月は南アランドは最弱だが年初来では4位の強さ
*モルガンスタンレーは南ア国債買いを推奨
*中銀総総裁=南ア国債の利回りの高さが海外投資家をひきつける
*S&Pは今年の成長率低下を予想
*コロナ感染者数は減少
*コロナ警戒レベルを3に引き下げ
*政策金利は3.5%で据え置き
*6月CPIは4.9%上昇
*21年インフレ見通しは4.3%
*21年と22年の経済成長率予想をそれぞれ4.2%と、2.3%に据え置いた(中銀)
*ズマ前大統領、汚職疑惑巡る審理の再延長要請
*暴動を扇動したとみられる人物を治安当局が特定
*暴動に関しての格付け評価はマチマチ
*賃金交渉開始
*米中対立激化、FRB利上げ予想前倒しで南アランドは急落した
*対円8.15-20の売りも下落を誘った
*貿易・経常収支の黒字が南アランドを支える
*弱点は雇用と停電
*経済対策財源は公務員給与の昇給凍結

(最悪の事態の把握で落ち着く )
 7月は悪材料満載であったが、南アランドと南ア株(全株指数)では異なった結果となった。ランドは月間最弱通貨であったが、南ア株式指数は最強となった。株価の上昇が南アランドの反発に一役買ったのだう。弊誌では7月19日号で既に、悪い状況も実態が把握されれば改善に向かうしかないとしていたが、予想通りランドも回復し、年初来では順位を4位までに押し上げた。最悪、ランドは7.2まで下落すると予想していたが、7.3で下げ止まった。格付け会社は暴動による混乱で経済が停滞し財政赤字も増加するので格下げを示唆するところもあり、別の会社は大きな影響はないとした。どちらも状況を把握したからの判断なので事態は改善するしかない。暴動の首謀者も判明、コロナ感染レベルは4から3へ引き下げ、学校も再開する。心配なのは中国株式市場の混乱のみとなっている。中国株はまだ下げ止まり感はないので要注意だ。南アは中国への貿易依存度が高く中国の混乱は悪影響となる。

(南ア株価指数急騰)
 6月は上述のように南アにとっては悪材料満載でありランドは下落したが、株価指数は世界で最強であった。最終的には株価上昇がランドのさらなる下落を抑えたとも言える。
 下落したのはチャイナショックの影響を受けたアジア株であった

f:id:okinawa-support:20210802073938j:plain


(南ア国債に割安感、魅力的な投資先)
モルガン・スタンレーの新興国市場担当の為替ストラテジストは、南アの現地通貨建て国債について、最近の米国債の上昇や新興国市場特有の要因により過小評価されているとの見方を示した。
米国債の上昇を受け、米国債と一部の新興国債券の利回り格差は魅力的になっているとし、最近の抗議活動を受けて売られた南ア国債を魅力的な投資先として挙げた。
米国債利回りは、他の主要国債券の利回り同様、このところ低下(価格は上昇)している。新型コロナウイルスの変異株感染拡大で景気の先行き懸念が強まっていることや、中銀の債券買い入れ措置などテクニカル要因が背景にあると指摘している。
モルガン・スタンレーは、南アの現地通貨建て国債(2041年償還)について、今月の抗議活動を受けた売りや、2021-22年度の財政赤字が国内総生産(GDP)比8%と、大方の予想よりも良い状況になると見方から、強気見通しに変更した。
財政赤字の改善は、債券供給の減少や長期債のリスクプレミアム低下、イールドカーブのフラット化、ここ数週間見られたようなバリュエーションの改善につながると説明した。

(南ア暴動、今年の成長率を0.7%低下させる)
 S&Pによると、南アフリカで発生した暴動は、同国の今年の国内総生産(GDP)を約0.7%低下させる見通し。南アでは、法廷侮辱罪で有罪判決を受けたズマ前大統領が収監されたことをきっかけに各地で暴動が発生。300人超が死亡したほか、企業やインフラに大きな損害を与えた。
 この暴動が個人消費に打撃となり、経済回復のペースを遅らせると指摘。「暴動が再発・長期化した場合、経済への圧力がさらに高まり、景気回復のペースが鈍化する可能性がある」とした。今年の成長率を4.2%と予想。これは南ア財務省の予想(3.3%)を上回っている。

テクニカル分析(ランド/円)

ボリバン2σ下限から反発

日足、ボリバン2σ下限から反発。7月22日-30日の下降ラインが上値抵抗。7月29日-30日の上昇ラインがサポート。5日線上向き。雲の下。20日線下向き。
 週足、5週ぶり陽線。ボリバン2σ下限まで落ちず。7月19週-26日週の下降ラインが上値抵抗。1月11日週-7月26日週の上昇ラインがサポート。
月足、5か月連続陽線とならず反落。2か月連続緯線。雲の下。21年1月-7月の上昇ラインがサポート。21年6月-7月の下降ラインが上値抵抗。
年足、18年-20年の下降ラインを上抜く。15年-18年の下降ラインが上値抵抗。20年の下ヒゲも効いている。

f:id:okinawa-support:20210802074002j:plain

 

喜望峰

南ア感染者数

南アでの感染者数は減少傾向にあり、平均で1日11,335人の新規感染者が報告されている。1日平均人数のピークだった7月8日の57%になる。(ロイター)

f:id:okinawa-support:20210802074046j:plain

情報提供元:FX湘南投資グループ
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたしま す。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。 なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、FX湘南投資グループグならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。