2021-08-02から1日間の記事一覧

ドル・円は底堅い値動きか、米ISM指数が堅調なら引き締め観測再燃

欧米市場オープニングコメント 「ドル・円は底堅い値動きか、米ISM指数が堅調なら引き締め観測再燃」 2日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。米金利の低水準での推移で、ドルは買いづらい。ただ、本日発表の米ISM製造業景況指数が堅調な…

「約1カ月半ぶりに13円台を回復」トルコリラの焦点

トルコリラ/円は先週30日に一時13円台を回復。約1カ月半ぶりに13.05円前後まで上昇した。対ドルでも一時8.40リラへとリラ高に振れる場面があった。米連邦公開市場委員会(FOMC)が28日にテーパリング(量的緩和の段階的な縮小)を急がない姿勢を示した事でド…

東京市況ほか

東京市況 東京市場概況 ドル・円は下げ渋り。早朝の取引で109円77銭を付けた後、米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、109円60銭まで弱含む場面もあった。ただ、企業の好業績期待でアジアや欧米の株価指数が強含み、円売りがドルをサポートした。 ユーロ・…

“アフター・コロナの政策見直し。”

我が国の新型コロナ・ウイルスの新規感染者数が、首都圏のみならず全国的にもその拡大が止まらず、ついに今日から埼玉、千葉、神奈川、そして大阪の4府県にも緊急事態宣言が発せられることとなった。 日本列島は連日オリンピックでの日本人選手の活躍に大騒…

FX「止まらないコロナ新規感染者増!米金利とドル/円の下落リスクを語る」2021/8/2

現在の為替相場について、市場で注目されている材料を交えながら"塾長"酒匂氏が独自の視点から解説します。【酒匂隆雄の週刊独り言】

FX「様子見ムード漂う」今日の注文情報 ドル/円 2021/8/2 15:20

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。 ドル/円 2021/8/2 15:20 ドル/円(30分足) ポイント 売り買いともにボリュームが少ない。 本日のドル/円相場は、109.60円台付近でもみ合う展開。 相場の方向…

「米FRBの早期テーパリング観測後退」外為総研 House View ドル/円・ユーロ/円 2021年8月

【外為総研House View】先月の推移と今後の展望

「ドル/円、FOMC前にポジション調整が主流」【今週のIMMポジション】2021/8/2

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読み解きます。

FX「ドル円は109.00~111.00円のレンジ継続 下落リスクに注意」2021/8/2(月)酒匂隆雄

月曜から金曜までの毎朝、外為市場に長年携わってきた5人のコメンテータが、その日の相場見通しや今後のマーケット展望を解説します。【外為マーケットビュー】

ドル・円は主に109円台で推移か、目先的に安全逃避的なドル買いが強まる可能性

東京市場オープニングコメント 「ドル・円は主に109円台で推移か、目先的に安全逃避的なドル買いが強まる可能性」 7月30日のドル・円は、東京市場では109円36銭から109円63銭まで反発。欧米市場では、109円48銭から109円83銭まで上昇し、109円69銭で取引終了…

前日の海外市況ほか

前日の海外市況 海外市場概況 ドル・円:米7月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)や7月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が予想を上回り、109円48銭から109円83銭まで円安・ドル高で推移。 ユーロ・ドル:1.1909ドルから1.1852ドルまでドル高・ユーロ安推移…

※追加【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。戻り売り方針変わらず。

【豪ドル/円】:上値余地を探る動き。戻り売り方針変わらず。 豪ドル/円は続落。80.50-60の抵抗を守って終えていますが、上値を切り下げる流れにあり、下値リスクがより高い状態に変わりありません。また、80円台を維持できずに終えた場合は新たな下落リスク…

【ドル/円】:上値余地を探る動き。戻り売り方針変わらず。

2021年8月2日 【ドル/円】:上値余地を探る動き。戻り売り方針変わらず。 ドル/円は小陽線で切り返して上値トライの可能性に繋げていますが、上昇エネルギーの強いものではないので今日の上値追いには限りがあると見られます。また、週足も陰線引けとなり110…

「ドル/円、110円台前半が抵抗に」 外為トゥデイ 2021年8月2日号

主要通貨の日々の推移をわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

週間テクニカル分析レポート 2021/08/02〜08/06 米雇用統計に注目。市場予想を上回れば米国早期テーパリング期待が高まって長期金利の上昇とともにドル高再開か

▼USD/JPY 米雇用統計が重要指標。非農業部門雇用者数は前回を上回る伸びが期待されており、予想通りの雇用増が確認できればドル高再開か。予想レンジは107.990〜111.330 ▼EUR/USD 短期移動平均線が中期移動平均線をデッドクロス。下落トレンドへの転換を示唆…

ドル安傾向の通貨が増えてきている。スイス、円、ユーロなど

総括 ドル安傾向の通貨が増えてきている。スイス、円、ユーロなど ドル円=107-112、ユーロ円=128-133 、ユーロドル=1.16-1.21 通貨ごとの注目ポイント *円「通貨11位(11位)、株価13(13位)、コロナ感染者増、日経続々落、景気対策遅延の「三刀流」、…

最悪の事態の把握で落ち着く。強い株価はランドも引き上げた

総括 最悪の事態の把握で落ち着く。強い株価はランドも引き上げた 通貨4位、株価8位 予想レンジ 南アランド円 7.2-7.7 (ポイント) *7月は世界の株価指数で南ア最強 *7月は南アランドは最弱だが年初来では4位の強さ *モルガンスタンレーは南ア国債買いを…

オージー/円 戻りの鈍さを考えると下落リスクが大きいか?

今週の注目通貨ペアはこれだ! ■ オージー/円 戻りの鈍さを考えると下落リスクが大きいか? 先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の長い下ヒゲで何とか下値不安の払拭に成功したかと思いきや、火曜日の陰線で前日の下ヒゲを…

ドル/円:ドルの上値余地が限られる展開。戻り売り方針継続。

ドル/円:ドルの上値余地が限られる展開。戻り売り方針継続。 直近の日足は小陽線で切り返したが上昇余力に欠けるものであることから、週初の上値追いにも限りがあろう。また、今年1月に付けた102.59を基点として下値を切り上げてきた流れからも下抜けた位置…

top