読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

FX市場、1月は米早期利下げ観測の後退でドル高主導の相場展開【FX 変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング】2024年1月版

f:id:gaitamesk:20220413203002j:plain

FX専門企業「外為どっとコム」のFX取引口座『外貨ネクストネオ』について、1カ月間の取引データを「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」に分けてランキング表示いたしました。「外為どっとコム」の子会社で外国為替専門のシンクタンクである「外為どっとコム総合研究所」の研究員が、集計結果を評価致します。

文責:外為どっとコム総合研究所 宇栄原宗平

 X(Twitter):宇栄原宗平(外為どっとコム総研) @gaitamesk_ueha


集計期間:
2024年1月1日~1月31日の営業日

▼変動率ランキング:ポンド/円(GBP/JPY)がトップ


▼スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコリラ(売)が首位


▼取引高ランキング:ドル/円の首位は揺るがず


▼まとめ

変動率ランキング:ポンド/円がトップ(GBP/JPY)

計測期間である1月中で最も変動率が高かったのはポンド/円 (GBP/JPY)だった。元旦に発生した能登半島地震の影響で、日銀のマイナス金利解除が後ずれするとの観測などから円売りが先行した。17日には英12月消費者物価指数(CPI)の伸びが前回から加速したことで英中銀(BOE)による早期利下げ観測が後退。ポンド買いが強まると19日には2015年8月以来となる188.92円前後まで上伸する展開となった。

【ポンド/円 日足チャート】

ドル/円は、変動率5.69%で第2位となった(前回:6位)。日銀による早期マイナス金利解除観測が後退する中で、米12月ISM製造業景況指数や米12月ADP全国雇用者数などの良好な結果を受けてドル買い・円売りが優勢となった。その後、米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事が早期利下げに慎重な考えを示したこともありさらにドル買いが加速すると19日には148.80円前後まで上伸し昨年11月28日以来の高値を付けた。23日の日銀金融政策決定会合では3月にもマイナス金利解除に踏み切るとの見方が広がり円買いが強まるも一時的だった。31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)はドル/円を動かす決定打とはならなかった。

【ドル/円 日足チャート】

集計期間中、3%を超える変動があったのは集計対象29通貨ペアのうち19通貨ペアだった(前回:22通貨ペア)。そのうち5%以上の変動幅を記録したのは4通貨ペアだった(前回:14通貨ペア)。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 GBP/JPY 5.71% 188.924 178.721
2 USD/JPY 5.69% 148.803 140.795
3 HKD/JPY 5.66% 19.016 17.998
4 CNH/JPY 5.00% 20.72 19.733
5 MXN/JPY 4.93% 8.676 8.268
6 AUD/USD 4.83% 0.68388 0.65235
7 EUR/JPY 4.38% 161.86 155.066
8 GBP/AUD 4.37% 1.94142 1.86006
9 ZAR/JPY 4.33% 7.919 7.59
9 NZD/USD 4.33% 0.63236 0.60614
11 TRY/JPY 4.28% 4.917 4.715
12 USD/CHF 4.10% 0.87276 0.83836
13 NOK/JPY 4.02% 14.232 13.682
14 CAD/JPY 3.99% 110.397 106.165
15 SGD/JPY 3.92% 110.77 106.59
16 EUR/AUD 3.36% 1.66703 1.61283
17 USD/TRY 3.27% 30.3685 29.4075
18 EUR/NZD 3.09% 1.79349 1.73973
19 CHF/JPY 3.02% 171.822 166.781
20 AUD/CAD 2.91% 0.90564 0.88
20 SEK/JPY 2.91% 14.27 13.867
22 NZD/JPY 2.65% 90.985 88.632
23 USD/CAD 2.37% 1.35412 1.32279
24 EUR/USD 2.31% 1.10447 1.07949
25 EUR/TRY 2.16% 33.1428 32.4423
26 AUD/JPY 2.12% 97.877 95.844
27 EUR/GBP 1.99% 0.86822 0.85127
28 GBP/USD 1.50% 1.27853 1.2596
29 AUD/NZD 1.41% 1.08324 1.06819

 

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコリラ(売)が首位

ユーロ/トルコリラ(売)が首位。ドル/トルコリラ(売)が第2位、人民元/円(買)が第3位、ポンド/円(買)が第4位、メキシコペソ/円(買)が第5位となった。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップポイント合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 27504 65,000
2 USD/TRY 20455 60,000
3 CNH/JPY 8570 90,000
4 GBP/JPY 8545 76,000
5 MXN/JPY 8000 40,000
6 USD/JPY 6675 60,000
7 EUR/JPY 6510 65,000
8 ZAR/JPY 5000 40,000
9 CAD/JPY 4489 45,000
10 USD/CHF 4298 60,000
11 HKD/JPY 4000 80,000
12 NOK/JPY 3990 60,000
13 NZD/JPY 3912 37,000
14 SEK/JPY 3680 60,000
15 CHF/JPY 3662 69,000
16 AUD/JPY 3361 40,000
17 SGD/JPY 2480 45,000
18 EUR/USD 1674 65,000
19 EUR/NZD 1625 65,000
20 GBP/AUD 1518 76,000
21 EUR/GBP 1489 65,000
22 TRY/JPY 862 2,000
23 AUD/NZD 597 40,000
24 AUD/USD 530 40,000
25 AUD/CAD 366 40,000
26 USD/CAD 229 60,000
27 GBP/USD 150 76,000
28 EUR/AUD 73 65,000
29 NZD/USD 0 37,000

 

取引高ランキング:ドル/円の首位は揺るがず

期間中の取引高ランキングは、ドル/円の首位は揺るがなかった。日米金融政策への思惑によりドル買い・円売りが強まる中で取引が活発化したようだ。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 MXN/JPY 2
3 AUD/JPY 4
4 GBP/JPY 5
5 EUR/JPY 3
6 ZAR/JPY 6
7 EUR/USD 7
8 AUD/USD 8
9 NZD/JPY 9
10 TRY/JPY 10
11 GBP/USD 11
12 CHF/JPY 13
13 CAD/JPY 14
14 NZD/USD 12
15 GBP/AUD 16
16 EUR/AUD 17
17 USD/CHF 15
18 CNH/JPY 18
19 AUD/NZD 19
20 EUR/GBP 20
21 USD/CAD 21
22 EUR/TRY 22
23 USD/TRY 23
24 NOK/JPY 25
25 EUR/NZD 24
26 HKD/JPY 28
27 SEK/JPY 26
28 AUD/CAD 27
29 SGD/JPY 29

まとめ

1月は、FRBによる3月利下げ観測が大きく後退したことによるドル高主導の相場展開となった。引き続き日米金融政策に対する思惑が相場に大きな影響をもたらしそうだ。

■関連情報

FX積立(らくらくFX積立)|はじめてのFX積立なら外為どっとコム

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

 
uehara.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
宇栄原 宗平(うえはら・しゅうへい)
国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe) 2015年から金融業界に参入し、顧客サポートなどに従事。また金融セミナーの講師としても活躍する。2022年2月(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。これまでの経験や知識を活かしながら、FX個人投資家へ精力的な情報発信を行っている。経済番組専門放送局「ストックボイス」や、ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』でのレギュラー解説ほか出演多数。マネー誌『ダイヤモンドZAi(ザイ)』にてドル円・ユーロ円見通しを連載中。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。