読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

来週の為替予想(米ドル/円)「新たな三角保ち合いをどこまで消化して152円目指せるか」ハロンズ FX 2024/2/10

 

f:id:gaitamesk:20210907122100p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2024年2月9日 13時10分

新たな三角保ち合いをどこまで消化して152円目指せるか

2月5日週の米ドル/円は上昇

米国の商業用不動産市場を巡る不安が意識されたことで、米金利の低下にあわせて米ドル/円は147.618円まで下げる場面はありました。しかし、日銀の内田副総裁が「マイナス金利を解除しても、引き締めスタンスが加速するようなパスは考えていない」となだらかな緩和脱却の方針を示すと、米ドル/円は149.480円まで上昇幅を広げました。(各レート水準は執筆時点のもの)

FXのライブ解説、新NISAで1ドル160円か (2024年2月8日)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

物流混乱がインフレにどう影響するか注視

複数の米FRB高官が「データ次第としながらも、利下げを急ぐ必要性は低い」との見解を示しており、FRB内では3月利下げが現実的ではないほか、年内の利下げ回数も市場が想定する6回より低い2・3回に留まるとの見識は大きく変わっていない様子です。来週発表される米1月消費者物価指数(CPI)や同小売売上高の結果が当局側の見方を補強する材料となるのかどうか着目されます。

CPIは総合・コアとも前年比が前月から低下(総合:12月3.4%→2.9%、コア3.9%→3.7%)が予想されています。しかし、米国内のガソリン価格が1月に反発の兆しを見せたほか、紅海での武装勢力の攻撃による船舶のスエズ運河航行回避や、干ばつによるパナマ運河の通行規制から輸送コストが上昇するなど、インフレ鈍化を妨げる材料があることも忘れてはいけないでしょう。予想に反してインフレの鈍化ペースが限定的に留まるようなら、米国の利下げ時期の後ずれ観測から米ドル/円は底堅さが増しそうです。また、時間給の大幅上昇を受けた米消費拡大期待も、利下げ時期を巡る思惑を高めそうなため、CPIの翌日の小売売上高の結果も目が離せません。

ただ、現在は局所的な問題と捉えられている商業用不動産市場の混乱が広がるようなら、米経済に対する楽観的な見方が崩れ、株安・円高が進む危険もあり、同問題への警戒は怠れないでしょう。さらに、米ドル/円が150円を超えてくれば、政府日銀による円買い介入を巡る注目度も高まってきそうで、これに関連した円安けん制発言や関連報道にも注意が必要になります。

米ドル/円、次のアセンディング・トライアングル攻略できるか

足許、12月28日安値(140.255円)を起点とした支持線と148.891円のレジスタンスラインが作る強気の三角保ち合い(アセンディング・トライアングル)のレジスタンスラインを突破し、149円台を回復しています。この次は、昨年安値(127.225円)からの支持線と、22年高値の151.942円のレジスタンスラインが作る強気の三角保ち合い突破が期待される形になり始めています。ただ、現状のレベルからは、レンジスタンスラインまでは少し距離があるため、一気に上値を攻略するよりも、じりじりと歩み寄る感じでしょうか。下方向は、100日移動平均線(147.585円:執筆時点)を割り込むようなら、いったん撤退としたいです。

【米ドル/円チャート 日足】

ドル円 日足チャート

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:
USD/JPY:147.500-151.500

2/12 週のイベント:

2/12(月) 26:00 米国 バーキン米リッチモンド連銀総裁、発言
2/12(月) 27:00 米国 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、発言
2/13(火) 8:50 日本 1月国内企業物価指数
2/13(火) 22:30 米国 1月消費者物価指数(CPI)
2/14(水) 23:30 米国 グールズビー米シカゴ連銀総裁、発言
2/15(木) 6:00 米国 バーFRB副議長、発言
2/15(木) 8:50 日本 10-12月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
2/15(木) 22:30 米国 2月ニューヨーク連銀製造業景気指数
2/15(木) 22:30 米国 1月小売売上高
2/15(木) 22:30 米国 新規失業保険申請件数
2/15(木) 24:00 米国 12月企業在庫
2/15(木) 24:00 米国 2月NAHB住宅市場指数
2/16(金) 8:50 日本 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)
2/16(金) 9:00 米国 ボスティック米アトランタ連銀総裁、発言
2/16(金) 13:30 日本 12月第三次産業活動指数
2/16(金) 22:30 米国 1月卸売物価指数(PPI)
2/16(金) 22:30 米国 1月住宅着工件数
2/16(金) 22:30 米国 1月建設許可件数
2/16(金) 24:00 米国 2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
2/16(金) 26:10 米国 デイリー総裁米サンフランシスコ連銀総裁、発言

一言コメント

動画配信していた3分テクニカルが、昼14時、夕方18時30分から視聴者参加型のライブ配信形式に変わりました。解説して欲しい通貨ペア(弊社取り扱いペアに限る)がありましたら、アクセスを待ちしています。3分テクニカルLive

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。