読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 上値の重い展開が続くか・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 上値の重い展開が続くか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の流れを引き継ぎ週初から下値追いの動き、木曜日は陽線で戻しましたが金曜日は再度陰線で引けていて、気持ち下値不安の大きな形状と判断してよいのではないでしょうか。週間の上下の値幅はそれほど広がっていないこともあり、買い方はまだ十分に投げ切っていないと考えてよいと思います。金曜日の高値が木曜日の高値を越えていない点も、この仮説をサポートするような気がします。
移動平均線は中期が上昇する一方で短期・長期が下落しました。実体線が下落基調を描く中にあって中期の移動平均線が上昇を続け、短期・中期の移動平均線が鋭くデッドクロスを形成しています。実体線は概ね短期の移動平均線の下側で推移、MACDも下向き推移を継続ということで、チャート的には売り方有利の展開へ転じた可能性を示唆しています。
今週は、気持ち売りスタンスで臨んで行きたい感じがしています。先週金曜日に下ヒゲを伴って戻しましたが終値 ベースで見ると安値を更新していて、買い方は既に戻り売り スタンスに転じつつあるような気がするのです。 ボリンジャーバンドの幅が狭い状態が続いていますが、ボラティリティの低さは余計に買い方の投げを遅らせる役割を果たす可能性があります。下値不安を感じさせるような値動きが見られるかもしれませんね。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 対円の中では比較的しっかりしているが・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初は安定した動きを見せていましたが木曜日に一気に下押し、141円台半ばまで付ける展開となりました。ジリジリと下値を窺う動きを見せていただけに「押し目買いに次ぐ押し目買い勢」が一気に投げた形になっています。金曜日は長い下ヒゲを伴って陽線で戻しましたが不安定さは否定できず、ボラティリティの高い動きが続くと考えるのが妥当でしょう。
今週は、様子を見るよりないような気がします。チャートが崩れてしまっていますので押し目買いは論外ですが、先週木曜日よりも金曜日の方が下ヒゲの長さが短いという点は注目に値します。仮に今後円安へ向かうとすると、先週木曜日の安値が起点になるわけですが、上昇トレンドへ向かうにしてもそれまでにある程度の右往左往は当然に予想されるところ、レベル感でのトレードに意味はないと考える必要があるように思います。

■ ユーロ/円 戻りを見極めて売りでインできれば・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。ドル円のチャートと対比すると、週初から下押し圧力の高まりを感じさせるチャートだということがよく分かります。木曜日の陰線で一気に買い方の投げを誘い、金曜日も長い下ヒゲを伴いながら戻しましたが156円台乗せが精一杯ということで、今後の戻りにも懸念が残ると考えるのが妥当でしょう。
今週は、とても難しいところですが、戻り切らないようであれば売りスタンスで下落を狙ってみたい感じがします。やはり、ドル円のチャートと対比して先週前半に下押しの動きを見せた点を考えると、ドル円以上に買い方の苦しいポジションが残っているのではないかと考えられるからです。レベル感でどうこうと言うよりも、戻るのか戻らないのか、戻らないのなら下押しするしかない・・・そんな予想を立てるのが普通だと思います。

■ ポンド/円 買い方の傷は深い・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。チャートの形状は概ねユーロ円と同様、先週前半から下押し圧力の強まりを感じさせるチャート形成となっているところに木曜日の大陰線・・・買い方は投げるより他に選択肢がなく、一気にボラティリティの高い動きに転じました。ただ、水準的には10月の取引価格帯までの下落で留まっていて、ドル円・ユーロ円ほどの悲壮感はありません。
今週は、強弱を論じる相場ではないことを前提に、戻り売りスタンスを取るよりないような気がします。先週、あれだけの下落を演じている以上、買い方のポジションが傷ついていないわけはなく、戻れば戻っただけ、その戻りは必然的に重くなることが予想されます。レベル感で論じるのではなく、値動きを判断する力が求められる相場、戻らなければ下落を売りで狙えるチャンスは当然に見えてくるような気がします。

■ オージー/円 水準感の押し目買いは厳禁か・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初から下押し圧力が強く、水曜日の長い上ヒゲの出現で買い方はややグロッキー、木曜日の陰線で完全に投げさせられる展開となっています。金曜日は小陽線でわずかに戻しましたが木曜日の陰線を埋めるにはほど遠く、買い方のポジションの痛みを感じずにいられないチャート形成と言えるでしょう。
今週は、他の対円の通貨ペアと同様、様子を見るよりないような気がしますが、水準感からの押し目買いは論外、やはり、流れに沿った形で戻りが鈍ければ下落を狙うという形のオペレーションが最適ではないでしょうか。下げ止まるにしても何度か下値追いの動きを見せ、「チャートの起点」を作った後に戻し始めるという形になると思いますが、来週にそこまでの動きを期待するのは時期尚早だと思います。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。