今週の為替予想(豪ドル/円 NZドル/円 )「豪CPI次第では7月利上げが視野に入る!」ハロンズ FX 2023/6/25

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gaitamesk/20220325/20220325130808.png

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

豪CPI次第では7月利上げが視野に入る!

先週の振り返り

先週の豪ドル/円は97.52円前後で、NZドル/円は88.31円前後で週初を迎えました。20日に公表された、6月6日開催の豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨が市場が思っていたよりもタカ派的な姿勢が弱かったこと、中国人民銀行がローンプライムレートの引き下げを発表しましたが市場予想よりも引き下げ幅が小幅にとどまったことなどの影響から、豪ドル/円は95.57円前後、NZドル/円は86.86円前後まで下落しました。その後は、植田日銀総裁が金融緩和を粘り強く続けると改めて表明し、円安基調となったことが支えとなり豪ドル/円は96円台後半まで値を戻し、NZドル/円は88.58円前後まで上値を伸ばし今週の高値を記録しました(執筆時)。

豪CPIは大幅低下予想だが…?

20日にRBAが6月6日に開催した金融政策会合の議事要旨を公表しました。RBAは市場が予想していなかった利上げを実施しましたので、市場では「議事要旨でRBAがタカ派的な姿勢を示す可能性がある」と警戒していました。しかし議事録を見ると「利上げか据え置きかは微妙な判断だった」などと示してあり、市場が警戒していたほどタカ派ではありませんでした。そのため、7月のRBA理事会での利上げ織り込み度は低下しています。
来週は28日(水)に豪5月月次消費者物価指数(CPI)の発表があります。市場は前年比+6.0%で前月+6.8%まで跳ね上がったインフレが再び低下に転じると予想しています。市場予想通りに豪州のインフレが低下を示せば、RBAの7月利上げの可能性がほぼなくなるため、一旦は豪ドル売りで反応することになりそうです。ただし、RBAのインフレ目標は2-3%です。RBAがCPIのほかに重視している労働市場のデータを見ると、雇用のひっ迫は続いています。また、国外に目を向けると主要国ではインフレが高止まりしているデータが多くみられます。そのため、5月月次CPIが市場予想通りに低下を示したとしても、RBAが8月以降に利上げを実施する可能性がなくなることはないとみています。
一方で、仮に市場予想に反して豪州のインフレが高止まりを示す結果となった場合は7月のRBA理事会での追加利上げの可能性が急速に高まり、豪ドル/円が大きく上値を伸ばすことも考えられますのでご注意を。

現在、市場では日銀と主要国中銀の金融政策の方向性の違いが再び意識されています。日銀が当面金融緩和策を継続するとの見方が強まっていること、6月に入りRBAやカナダ中銀が再び利上げに転じるなど、主要国の中央銀行が利上げの回数をそれまで予想されていたよりも増やしていることなどのためです。そのため、円が売られやすい地合いが続いています。豪5月月次CPIが低下を示し豪ドルが下落したとしても、RBAの利上げ期待が残る限り豪ドル/円は底堅く推移しそうです。

中国の景況感は?

来週は30日(金)に中国国家統計局が集計する6月製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表されます。同指数は、過去2カ月連続で好不況の境目となる50.0を下回っています。先日、中国人民銀行がローンプライムレート(LPR)の引き下げを発表しましたが、引き下げ幅が市場の予想よりも小さかったことで中国景気に対する先行き懸念が高まっています。6月製造業PMIが市場予想を上回り50.0を超えていれば、中国の景気に対する不透明感がやや払拭されることになります。豪州は中国と交易関係の強いため、中国の景気回復期待が高まれば自ずと豪ドルは買われることになりそうです。

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル/円の目先の上値目途は昨年9/11高値の98.79円前後となります。ここをしっかりと上抜けた場合は、節目となる100.00円が次の目途となりそうです。
一方で下値ですが、日足一目均衡表・基準線がまず意識されそうです。その下の水準では6/6に上抜けるまでは上値目途として意識されていた93.00円前後が下値目途(サポート)になりそうです。

【豪ドル/円 日足・一目均衡表】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:AUD/JPY:93.00-99.00、NZD/JPY:85.00-90.00

6/26 週のイベント:

06/28 (水) 10:30 豪 5月消費者物価指数(CPI)
06/29 (木) 10:00 NZ 6月ANZ企業信頼感
06/29 (木) 10:30 豪 5月小売売上高
06/30 (金) 10:30 中国 6月製造業購買担当者景気指数(PMI)

一言コメント:

先日、久々に一人の時間があったのでジョギング+散歩に行ってきました。最初は家から2.5km位の場所で折り返そうと思っていたのですが、このところ運動不足で、時間もあった「もう少しもう少し」と距離を伸ばしていたら結局片道6km強になってしまいました。おかげで酷い筋肉痛です。2.5kmの往復で良いので週に何回か走れば、体力、筋力もついてダイエットにもなりそうです。

 
nakamura.jpg 外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー(株)へ入社。 8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。 2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。 優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、X(Twitter)を通してFX初心者向けの情報発信を担当している。
経済番組専門放送局「ストックボイス」へのレギュラー出演。マスメディアからの取材多数。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top