読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ドル円・ポンド円チャンス到来?水曜の戻り売り チャネルレンジ上限ラインにピッタリFit!【ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー】

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

個人投資家として活躍するひろぴー氏が、独自の最新マーケット分析を毎週公開します。現在のFXマーケットを取り巻く情報の整理をする際、また短期間の FXトレード戦略を考える際に、お役立てください。

作成日時:2023年3月29日13時
執筆:CXRエンジニアリング株式会社 代表取締役 ひろぴー

先週はドイツ銀行の問題で大きく市場が揺れましたが、今週前半は落ち着きを取り戻しております。
欧米政府からの流動性供給など、金融機関の安定化を狙った戦略が今のところワークしている状況です。
しかしながら、中央銀行のバランスシートは再び膨れ上がり、事実、金融緩和に逆戻り状態です。
金利を引き上げて、流動性を市場に供給するなど、応急処置として致し方ないのですが、本来のインフレ時代に行う行為とは程遠いです。

FRBは直近の銀行危機に対して、ドルを市場に再度大きく供給してしまったため、数ヶ月分の量的引き締め(QT)が台無しになりました。
ドル高を否定する対応ですので、ドル/円の上値は依然として重い状況です。

先週も先々週も3週間前もそうでしたが、いつも水曜〜木曜にかけて悪材料が飛び交い、金曜日に騒ぎになって土日に政府が対応をし、月曜日窓開けスタートの火曜〜水曜にかけてリスクオンの天井をつける、という繰り返しのリズムができつつあります。

USD/JPY 4時間足
出所:Tradingview

当然、本日は水曜です。
3月8日水曜、15日水曜、22日水曜、3週連続で全てドル円が高値をつけて大きく反落を繰り返しております。東京時間から欧州時間の入り口で、3回とも際立った高値をつけており、その後、下落が大きく入っていることが、このチャートからお分かりいただけると思います。
本日もこのリズムで反転するのか、注目でしょう。

目次

▼ドル/円短期戦略 戻りを狙うならレジスタンスラインから?
▼同じく上限ラインを推移するポンド/円4時間足

ドル/円短期戦略 戻りを狙うならレジスタンスラインから?

USD/JPY 1時間足
出所:Tradingview

ドル/円1時間足分析です。
並行チャネルレンジ上限まであと少しといった具合です。
前述の通り、今月水曜の値動きを意識するならば、本日の売りトレードは有効かと考えます。
また並行チャネルレンジ上限ラインもかなり近距離まで迫ってきており、時間帯にもよりますが、131.60-132円が本日の売り場かもしれません。
運良く反落し、130.50円のサポートラインを割り込めば、ストップが走りそうです。
130.50円をブレイクする前提でトレードするならば、上記の価格帯から戻り売り戦略を立て、ストップは133円超えとし、129円台を狙う戦略を個人的には計画しております。

同じく上限ラインを推移するポンド/円4時間足

GBP/JPY 4時間足
出所:Tradingview

続いて、ポンド/円4時間足分析です。
こちらも先週末から今週はよく上昇しました。
158円から162円超えまでと4円以上の値幅があります。
特段、ポンドが有利になるような経済指標は発表されておらず、リスクオンの買い戻しで上昇しただけでしょう。
この深い戻りは、大きくショートカバーを誘発したと考えます。
同じく、現状価格から売りだと考えており、再び並行チャネルレンジの下限をめがけて下落していくようにも考えております。
ストップは163円台後半をイメージし、現状レベルからの売りトレードを想定します。
ネックラインが引ける160.80円をブレイクしますと、大きく下落しそうです。
ここをブレイクしますと、損切り注文が多く入り、一気に160円割れも可能ではないかと意識しております。
先週の更新と同じく、円買いを予想し、水曜の戻り売りが最も相性が良いので、今週も同じ戦略でトレードしてみたいと思います。
正直、クロス円の売りトレードなら全て同じように考えておりますので、ドル/円+クロス円といったイメージでしょうか。
今週後半も円買い相場を意識したトレードを予定しております。

【ひろぴー氏出演動画】


【インタビュー】

f:id:gaitamesk:20191224173146p:plain
「初心者から上級者まで相場観が一致したときが一番危険」(前編)

<もくじ>
・幼稚園児 投資に目覚める
・どこか引っかかる感じを大切に
・個人投資家におすすめ書籍と読む時期

 

f:id:gaitamesk:20191224173226p:plain

「低勝率型こそ1憶円への近道」(中編)
<もくじ>
・勝率は低いほうがいい
・その失敗が糧となる!?
・他の金融商品も考え方は一緒
・日銀緩和のときに活きた投資の勉強
・決済はむずかしい
・低レバレッジでリスクを抑える

 

f:id:gaitamesk:20191224173242p:plain

「はじめて話す 外為注文情報 活用法」(後編)
<もくじ>
・損切り注文の功罪
・シグナル、逆シグナル
・検証の果てに
・ローソク足は基本どおり見る
・外為注文情報の活用
・レポートの勧め


「外為注文情報」はこちら

 
ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。