読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 気持ち下向きかな・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 気持ち下向きかな・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はそれほど大きくはありませんが、金曜日の陰線の出現で実体線が安く引けた点を考えると、買い方の弱気なスタンスがチャート上に現れた可能性を強く感じさせます。また、先週の取引価格帯が先々週の取引価格帯を完全に下回ってしまい、これも売り方を支援する材料となっていると考えてよいと思います。
移動平均線は、長期が上昇する一方で短期・中期が下落しました。実体線の居場所は短期・中期の移動平均線の下側、長期の移動平均線の上側ということで、下側をサポートするラインとしては長期の移動平均線以外に何も存在しません。MACDもデッドクロスから下落基調を継続していて、MACD線はゼロライン割れ寸前まで下落してきています。
今週は、ポジションを取るとすれば売り先行スタンスをとりたい感じがしています。ただ、全体的なボラティリティ低下の影響は否めず、買い方が焦って一気に投げを持ち込むような展開にはならないような気がします。上値が重いことも確かではあるのですが、逆に下値を叩くのが無理と分かれば売り方の買い戻しが相場水準を引き上げる可能性も低くはないと思います。売り買い決め打ちするのではなく、次の動きをしっかりと見極めたいという印象を強く与えるチャート形成と言えそうです。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 下ヒゲの連続出現は評価できるが・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。先々週の金曜日の陽線の流れを受け継ぎ、週初に高く取引を開始した点が大きな特徴となりましが、火曜日以降は月曜日の高値を超えることが全く無く、何とも「不発花火」のような感じになってしまいました。ただ、週央以降は連日の下値模索の動きにかかわらず下ヒゲを伴って戻していて、下値を負う勢いが圧倒的に大きいというわけでもありません。
今週は、少し様子を見るよりないような気がします。ただ、先週後半に下値追いの動きに失敗している点を考えると、先週火曜日の陰線を攻略するような場面があれば少し上値追いの動きに期待がかかるような気がします。もちろん、下落を続ける長期の移動平均線が上値の重さに拍車をかける可能性は否定できませんが、それでも先々週の金曜日の陽線の効果が続くうちは、どちらかと言うと買い先行スタンスで見てみたい感じがしています。

■ ユーロ/円 上値の異常な重さをどう評価するか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。ドル円と同様、窓を開けて高く取引を開始しましたが一向に上値追いの動きを見せる形を見せず、月曜日の高値が週間の高値となってしまいました。また、火曜日の陰線で完全に買い方は戦闘意欲を喪失、水曜日以降も上値追いの動きというよりも上値の重さが極端に目立つ展開になってしまい、どちらかと言うとやや下側のリスクを意識せざるを得ない展開になってしまいました。
今週は、売り買いどちらという観点でいうと、買いスタンスは取りにくいところです。ただし、1月中旬の取引価格帯が下支え要因としてワークする可能性が高く、一方的な下落トレンド入りの可能性は高くないでしょう。一方で、上側への価格移動についても期待薄というのが正直なところで、少しチャート的に材料を欲している状況と言えるのではないでしょうか。日ごとの足形を見て、安く引けるようなら売りスタンス、ただし買い戻しも早めに・・・といったイメージで見るのが正解のような気がします。

■ ポンド/円 チャートはニュートラルか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、火曜日に安値を付ける展開でした。ポンド円にしては週間の上下の値幅がそれほど大きくなく、上値も重く下値も堅い展開が続いたという状況ではないでしょうか。全体的には、実体線が中期の移動平均線の下側で推移する形になっていますが、かと言って下値追いの動きが継続するわけでもなく、やや落ち着いた動きが続いていると考えてよいと思います。
今週は、少し様子を見るよりないような気がします。上側は明確に中期の移動平均線で頭を抑えられていますが、この形が今後も継続する保証はどこにもありませんし、下側については、下値を徐々に切り上げている様子が見え隠れしています。下落傾向を維持している長期の移動平均線を別とすればチャート上のヒントにやや乏しい印象を受けますので、チャート上に明確なヒントが現れるのを待ちたい印象が強くなっていますね。

■ オージー/円 上側も下側もヒゲの出現が目立つ・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅はそこそこ伴っているのですが上ヒゲ・下ヒゲの長さが非常に目立ち、胴体部分の週間の上下はほとんど見られないという、奇妙なチャート形成となっています。こういった芸「ゲジゲジチャート」は、何かの材料で上下に動こうとしていずれも失敗していることを意味していますので、全体的に見て売り買いのバランス自体は保たれていると考えてよいと思います。
今週は、少し様子を見るよりなさそうな気がします。チャート的には、2日の陰線の効果が続いているように見えますが、かといって終値ベースで安値をどんどん更新していく動きに発展している訳でもなく、基本的に91円をセンターとした値動きが継続していると考えるのが妥当でしょう。収束しつつある3本移動平均線から実体線が上下どちらに乖離し始めるのか、この点をチャート上でしっかりと確認したいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。