読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 緩やかな上昇トレンド継続・・・ 
先週は、水曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。週を通じて上下の値幅はそれほど大きくありませんが、チャート的には週初から水曜日にかけての3本の上ヒゲが目立ちます。しかも、水曜日の上ヒゲは月曜日・火曜日の高値を越えるところまで買われた後の形成ということで、いったん上値抵抗を感じさせる形になっていますね。ただ、週末にかけてその上ヒゲを埋めにいく動きを見せた点は評価に値すると考えてよいと思います。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は概ね短期の移動平均線を境に上下動を繰り返し、中期・長期の移動平均線とは距離を置いています。実体線の動きが緩慢であることで中期・長期の移動平均線との乖離は一向に広がりを見せず、過熱感の醸造には至っていない点も今の相場の特徴と言えるかもしれません。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。ボラティリティの高まりを感じさせない動きが続く中にあって、実体線が先週水曜日の上ヒゲを着実に攻略していますし、しかも先週末は終値ベースで12日の戻り高値を更新していることが買い方をサポートする要因となりそうです。対円の通貨ペア次第というところはありますが、それでもここ2週間ほどの動きを冷静に見る限り、下向きのプレッシャーが顕在化する可能性は高くないような気がします。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 意外に底堅いが買いではないか・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。先々週の流れを受け継ぎ、週初は下値追いの場面も見られましたが、火曜日以降は月曜の安値を下回ることもなく意外にしっかりしていました。また、水曜日の長い上ヒゲの出現にもかかわらず、木曜日以降に下値追いの動きを見せることもなく、金曜日も陽線の出現で水曜日の上ヒゲを攻めるような形で越週となっています。
今週は、少し難しいところですが、先週金曜日の陽線で売り方が持ち上げられたような形になっていますので、実体線が先週金曜日の安値を切ってくるようであれば売り先行スタンスで臨みたい感じがしています。先週水曜日の上ヒゲの効果はまだ残っていると考えるのが妥当だと思いますし、中期・長期の移動平均線が下向き推移を続ける中、買いでインする選択は取らない方がよいような気がします。

■ ユーロ/円 下値不安は小さくなったが・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。先々週の週末の雰囲気を考えると下値追いの可能性が高かったと思うのですが、週初は意外に踏ん張っていました。水曜日は長い上ヒゲを伴った後、売られて陽線引けと中途半端な形、一方、木曜日は下ヒゲを伴って戻し、金曜日は陽線で果敢に水曜日の上ヒゲを攻める展開と、かなり目まぐるしい動きを見せています。売り方と買い方がまるで殴り合っているような印象を受けます。
今週は、気持ち買い先行スタンスで臨みたい感じがします。12日の陰線を回復できていない点はマイナス要因ですが、それでも先週水曜日の長い上ヒゲを懸命に埋めようとしている動きは評価の対象とすべきではないでしょうか。少なくとも先週水曜日以降の値動きを見るにつけ、下値をどんどん叩いて円高方向へ動くシナリオは少し描きにくくなった印象を強く持っています。

■ ポンド/円 上値を追う可能性は感じるが・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、水曜日に高値を付ける展開でした。先々週の週末の雰囲気があまり良くなかったことから下値模索の可能性が高いと考えましたが、週初から陽線で反発の様相を呈しました。また、水曜日は長い上ヒゲを伴いましたが、この長い上ヒゲも金曜日の陽線で相当程度を埋める動きとなっています。上値志向という観点で言うと、対円の通貨ペアの中ではポンド円が最も期待できると言ってよいと思います。
今週は、やや買い先行スタンスで見てみたい感じがします。もちろん、実体線の上側には長期の移動平均線がゆったりと構えていて、12月20日の陰線の効力もまだ残っているとは思うのですが、それでも12月下旬以降の取引価格帯の中ではかなり上側を攻めてきている事実はあります。また、何より先週水曜日の長い上ヒゲの大部分を先週金曜日の値動きで埋めたという点は無視できないような気がします。大きな上伸期待はできないかもしれませんが、気持ち上側への価格推移を予想したいと考えます。

■ オージー/円 様子を見るより選択がないか・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初は比較的落ち着いた動きを見せていましたが、水曜日に極端に長い上ヒゲが出現、木曜日は水曜日の勢いを受け下値模索から戻し、金曜日は一転、長い陽線が出現して高く引けるという形、まさに右往左往と言う表現がピッタリではないでしょうか。これだけ上下に動くことを考えると、既にフェアバリューを失っていると考えた方がよいかもしれませんね。
今週は、さすがに様子を見るのが賢明ではないでしょうか。先週金曜日の陽線を頼りにすれば買い先行という考えももちろん成り立つわけですが、その一方で、上側には先週水曜日の長い上ヒゲが待ち構えています。実体線が戻せば、高いところを買って苦しんでいる人はすかさず戻り売りスタンスを取るハズですので、一気に上伸というシナリオを描く可能性は低いのではないでしょうか。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。