読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

米ドル/円 来週の為替予想「米FOMCが真に伝えたいメッセージは・・・、米ドル/円の短期は下目線」ハロンズ2022/12/10

f:id:gaitamesk:20210907122100p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2022年12月9日 17時40分

米FOMCが真に伝えたいメッセージは・・・、米ドル/円の短期は下目線

12月5日週のドル/円はレンジプレイ

前週にかなり下方向まで攻めていた反動から、短期勢の買い戻しが優勢になり、138円手前までショートカバーが入りました。ただ、米企業の人員削減計画など米経済の先行き懸念から、米長期金利の戻りは鈍く米ドル/円は上値を伸ばしきれませんでした。その後は、136.50円を中心とした振幅が続きました。(各レート水準は執筆時点のもの)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

f:id:guh202109:20220728184343p:plain
外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が、平日21時より配信するFXライブ番組

FX、ドル円 戻り売りが正解なのか(2022年12月7日)- YouTube

仕事納めのビックイベント、CPI・FOMC

来週は12/13(火)に米11月消費者物価指数(CPI)、12/14(水)に米連邦公開市場委員会(FOMC)と超ビックイベントが続きます。CPIでは粘着性が高いとされる家賃インフレに変調が見られるかどうか、FOMCでは新たな経済見通しでターミナルレート(金利の最高到達点)がどのレベルとなるかなど見所は多数です。ただ、ベースのところは共通していて、これらのイベントを通じて米FRBの方向転換期待が強まるのか、それとも市場の思惑に修正が入るのかと言ったところです。この点では、更新されるFOMCのドットチャートの中央値の動向が最も注目されるのではないでしょうか。足許のインフレ状況もあって、来年末の中央値は9月の4.6%から4.8%付近へ引き上げられるでしょう。しかし、この部分はすでに相当織り込まれており、注視すべきは24年末のレベルと考えます。来年、米経済がリセッションに陥るのであれば、24年末は9月予想の3.9%から下方修正されても不思議はありません。

つまり、FOMCが真に伝えたいメッセージは24年末のFF金利見通しに反映されてくるのではないでしょうか。こうした点は、米ドル/円の長期的な見通しに対する指針となりそうです。ただ、短期的にはイベントの強弱に振らされるでしょう。CPIが強く、FRBが市場の行き過ぎたデフレ目線を修正してくる場合は米ドル高路線を辿り、逆にCPIが弱くFRBも現状のマーケットの思惑を容認する場合は、米ドル安が再燃するでしょう。それ以外のときは、CPIやFOMCの強弱に沿って振幅するも、明確な方向性は出ず往来相場が見込まれそうです。もっとも、何れの場合でも米国の成長鈍化懸念は払しょくされにくく、米ドルは最終的には下目線となりそうで、伸びきったところや反発気味に戻した局面を売りで待ち構えたいと考えます。

200日線下抜け、再トライ

米ドル/円の短期的な反発も、11月21日高値(142.249円)を起点とする下落幅の50%戻しに当たる137.930円付近で失速しており、力強さに欠けています。200日移動平均線が135.055円付近(執筆時点)で、サポートラインの機能を果たしていますが、三役逆転の状態で地合いが悪いことに変わりはなく、再度、200日線の下抜けをトライする場面があっても不思議はありません。200日線を割り込んだ場合は、直近安値の133.611円(12月2日安値)が単なる通過点となる危険があることを想定しておいて損はなさそうです。また、上方向は、心理的節目の140.000円は遠そうに感じます。

【米ドル/円チャート 日足】

USDJPYチャート

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:
USD/JPY:132.000-139.500

12/12 週のイベント:

12/12(月) 8:50 日本 11月国内企業物価指数
12/12(月) 8:50 日本 10-12月期四半期法人企業景気予測調査(BSI)
12/13(火) 22:30 米国 11月消費者物価指数(CPI)
12/14(水) 8:50 日本 10-12月期日銀短観
12/14(水) 8:50 日本 10月機械受注
12/14(水) 28:00米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
12/14(水) 28:30 米国 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
12/15(木) 8:50 日本 11月貿易統計(通関ベース)
12/15(木) 8:50 日本 対外対内証券売買契約等の状況
12/15(木) 22:30 米国 12月ニューヨーク連銀製造業景気指数
12/15(木) 22:30 米国 11月小売売上高
12/15(木) 22:30 米国 12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
12/15(木) 22:30 米国 新規失業保険申請件数
12/15(木) 24:00 米国 10月企業在庫
12/16(金) 23:45 米国 12月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
12/16(金) 23:45 米国 12月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
12/16(金) 23:45 米国 12月総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)

一言コメント

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っています。ご興味のある方は、一度、こちらにアクセスしてみてください。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。