読む前にチェック!最新FX為替情報

読む前にチェック!
最新FX為替情報

スプレッド
始値比
  • H
  • L
FX/為替レート一覧 FX/為替チャート一覧

ユーロ/ドル 売り方の買い戻し圧力は小さくない・・・

今週の注目通貨ペアはこれだ!


■  ユーロ/ドル 売り方の買い戻し圧力は小さくない・・・ 
先週は、水曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。月曜日の長い上ヒゲ陰線は買い方にとって不気味な動きとなりましたが、水曜日の陽線で何とか勢いを取り戻し、木曜日の陽線であろうことか月曜日の長い上ヒゲを全てカバーする展開となりました。金曜日も長い下ヒゲを伴って小陽線と、週末も実体線が高いレベルを維持していますので、売り方の買い戻しの勢いの減退はまだ感じられないと判断してよいと思います。
移動平均線は、3本とも上昇しました。実体線は、短期の移動平均線を下回る場面はあれ、中期の移動平均線水準までは及ばず、3本の移動平均線が上昇傾向を保ちながら木曜日以降は実体線が3本の移動平均線の上側に位置していることを考えると、やはり売り方の苦しいポジション繰りが見て取れると考えてよいでしょう。MACDもかなり高い位置でデッドクロスとゴールデンクロスを繰り返しています。
今週は、買い先行スタンスで臨みたいところです。11月15日・11月28日の長い上ヒゲを先週木曜日の陽線で完全にカバーした意味は非常に大きく、金曜日も値持ちしていることを考えると、少なくとも売り方の買い戻し圧力は非常に大きなものが存在していると考えてよいと思うのです。長らく下落傾向を続けてきた長期の移動平均線も緩やかに上昇傾向に舵取りを変えており、既に趨勢として上昇トレンド入りしている可能性も否定できないと思います。


その他 通貨ペア分析


■ ドル/円 買い方の投げが続くか・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初から一時的に11月15日の安値を下回るなど、やや下値模索の動きを見せましたが、水曜日に上値を追う展開となり、若干買い方が安心したタイミングから下向きの動きへ転じました。木曜日は大きな陰線で下値追いの動きを実現、買い方が一斉に投げを余儀なくさせられる動きになっています。金曜日の陰線で下落と、買い方にとっては気まずい週末を迎えています。
今週は、売り先行で臨まざるを得ないと思います。チャート的に買い方をサポートする指標は全く見当たらず、戻すとすれば自立反発あるいは売り方の買い戻しを契機としたショートカバーが中心になりますので、新規の買いを選択する余地はないでしょう。ただ、ボリンジャーバンドの幅がかなり拡大している状況に変わりはなく、ボラティリティの高い状況が続く前提で臨む必要があると思います。

■ ユーロ/円 買いを示唆するチャート指標が見当たらない・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。週初から陰線の出現が続き、やや下値不安がもたげましたが水曜日の小陽線で何とか難を逃れた・・・と思ったら、水曜日の長い上ヒゲで象徴されるように警戒感は全く和らいでいない状況、木曜日以降は買い方にとって厳しい動きが実現してしまいました。終値ベースで直近の安値を割り込んでしまっている以上、買い方の投げを誘う展開がしばらく続くと考えるのが妥当のような気がします。
今週は、売り先行スタンスを取らざるを得ないと思います。これまでの上昇トレンドを支えてきた長期の移動平均線はなお上向き基調で推移していますが、実体線が長期の移動平均線水準を下回ってしまった以上、もはやこのラインは戻り売りのターゲットとして意識するレベルと考えて差し支えないと思います。実体線が早期に反発しない以上、中期・長期の移動平均線のデッドクロスも視野に入ってきます。買い方にとって受難の時代に入ったと考えてよいでしょう。

■ ポンド/円 上値の重い展開・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線で実体線が短期・中期の移動平均線を一気に下回ってしまい、買い方に暗雲が立ち込めました。週央にかけてやや値を戻す場面もありましたが、週末にかけて細かい陰線が続いて出現、ドル円・ユーロ円と対比するとまだ「踏ん張っている感」はありますが、ポンド円も買い方がやや苦しい立場に追い込まれている状況と考えて差し支えないと思います。
今週は、売り先行で臨みたい感じがします。いくら終値ベースで長期の移動平均線水準を下回っていないとは言え、これをサポートと考えるのは無謀、どちらかというと長期の移動平均線水準を割り込んだ後にレジスタンスとして機能する可能性が高いと考えるべきではないでしょうか。ボラティリティが下がってきていて、MACDにも大きな動きは見られませんが、実体線が中期の移動平均線の下側で推移する限りにおいて、下値不安のやや大きな展開を予想します。

■ オージー/円 下落トレンド入りの可能性も・・・ 
先週は、水曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線を火曜日・水曜日の連続陽線で跳ね返してきましたが木曜日の陰線で直近の安値を終値ベースで下回ってしまい買い方にとって不穏な動き、金曜日も陰線の出現で続落と、結局相場は下向きの動きでしたね、という動きになっています。終値ベースで10月11日の安値を下回ってしまい、チャートは一気に陰転、買い方にとって厳しい時代の到来を告げる形となっています。
今週は、売り先行スタンスで臨まざるを得ないと思います。終値ベースで5月末の水準まで下落している状況を考えると、買い方の苦しい立場は鮮明になっていますし、良くて少し戻して横這い、悪ければ実体線の下落に伴って3本の移動平均線が扇形に開く、下落トレンド要りの可能性もあると思います。レベル感をベースにした押し目買いはワークしない可能性が高いと思いますので、新規のポジショニングは売り先行を徹底したいところです。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。